相続とは

相続とは、亡くなった方の一切の権利義務を子どもや配偶者などの相続人が承継することを言います。扶養や年金の請求権など特別な権利義務を除き、預貯金や不動産などのプラスの資産だけでなく、借金や保証債務などマイナスの資産も、相続を承認すれば引き継ぐことになります。

相続人となる順位は、故人の子ども、直系尊属、兄弟姉妹の順となり、配偶者は常に相続人になります。

相続人が子どもと配偶者である場合、法定相続分は子どもと配偶者それぞれ2分の1となり、個々の子どもの法定相続分は2分の1をその人数で分けたものになります。子どもの法定相続分は、実子であっても養子であっても、先妻の子でも後妻の子でも変わりません。そして、子どものなかで、先に亡くなっている者がいるときは、その子ども、つまり孫が代わってその子どもの分を相続します。これを代襲相続と言います。この場合、子どもの配偶者には相続権がありませんので、注意が必要です。なお、配偶者は常に相続人となりますが、戸籍上の配偶者に限られますので、離婚した元配偶者や、事実婚や内縁関係にある配偶者は相続人となりません。

被相続人に子どもがない場合は、配偶者と直系尊属(父母、祖父母)が相続人となり、法定相続分は配偶者3分の2、直系尊属3分の1となります。父母の少なくともどちらか一方が健在であれば、その者が相続人となります。父母がともに亡くなっている場合は、祖父母が相続人となります。直系尊属の法定相続分は頭割りとなりますので、例えば配偶者と父方の祖父母と母方の祖母が相続人となる場合、尊属の法定相続分は各人9分の1ずつとなり、父方母方で6分の1ずつということにはなりません。

直系尊属もない場合は、配偶者と兄弟姉妹が相続人となり、法定相続分は配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1となります。既に亡くなっている兄弟姉妹がいる場合は、その子である姪や甥が相続人となりますが、姪や甥も亡くなっている場合は、姪や甥の子どもまでは相続権が行きません。また、兄弟間で相続する場合、片方の親だけが同じで片方の親が違う兄弟姉妹は、半血といって、その相続分は両親を共通とする兄弟の半分となります。