弁護士に相談することのメリット

イメージ 弁護士に相談することのメリット

弁護士に相談することのメリット

「弁護士って高いんじゃないの?」
「もし、威圧的な感じの先生だったら質問もできないかも・・」
このような不安を抱えて、なかなか法律家に相談できない人も多いのではないでしょうか。
しかし、自分たちでは手に負えない相続に、専門家の存在は必須といえるのです。

正しい知識の吸収や問題点の整理に役立つ

現代は、インターネットの普及により一般の人でもずいぶん色々な知識を吸収できるようになりましたが、それらの知識がすべて正しいわけではありません。むしろ、誤った知識に振り回され、それが遺産分割協議を混乱させている状況もみられます。
法律家を入れることで間違った知識に基づく主張を封じ、自分のケースでは何が問題になるのかという論点を整理することができます。
また、当事者が話し合うことで感情論が先立ってこじれやすい遺産分割協議も、最初から弁護士立会のもとで行えばよりお互いが冷静になることもできるのです。

弁護士が他の士業より優れている点は?

相続を専門とする士業は弁護士だけでなく税理士や司法書士、行政書士などもいます。しかし、弁護士以外の士業は相続におけるすべての局面で手続を代理できるわけではなく、特に話し合いが膠着している場面ではほとんど役に立ちません。
紛争になった際の解決という点で万能なのが弁護士です。最初に他の士業に依頼していてそこから新たに弁護士を探すことになれば費用面でもロスが出ることがあるため、紛争の可能性がある案件は最初から弁護士に依頼しておくことをおすすめします。

弁護士増加時代で従来のイメージとは変わっている

ひと昔前では高い、偉そう、相談しにくいなど悪いイメージも多かった弁護士業界ですが、司法改革による人数の増加で随分様相が変わってきています。
法的知識が豊富なだけではなくコミュニケーション能力に優れた弁護士も増えています。ウェブサイトで自分の事務所のセールスポイントや業務への姿勢などを語る人も増えているため、依頼者側がより相性の良い弁護士を選ぶことも容易になってきています。
そして費用面でも事前の無料相談や見積もりを積極的に行う弁護士が増えているため、いきなり高い費用を請求されて驚く、というリスクも回避できる時代なのです。

無理に自分たちで解決しようとして手間や時間をかけて精神的にも消耗するくらいなのであれば、費用をかけてでもすべて弁護士に任せてしまった方が早期の解決につながります。