弁護士に相談することのメリット

イメージ 弁護士に相談することのメリット

弁護士に相談することのメリット

相続について悩んでいる方のなかには、専門家に相談したいけれども、誰に頼めばよいのか分からないと考えている方も多いと思います。例えば、相続というワードをインターネットで検索すると、弁護士・司法書士・行政書士など、さまざまなサイトが表示されます。ここでは、そのなかでも「弁護士」に依頼するメリットを簡潔にまとめましたので、参考にしてください。

1.遺産分割に関する処理をすべてまかせられる

法律上「争いのある事件の処理」は弁護士しかできません。遺産分割協議書の案を作成するのは、弁護士以外の専門家(司法書士・行政書士・税理士など)でも行えます。しかし、これらの専門家が行えるのは、決まったことを正式な書面にすることまでです。
相続人間で遺産の分け方について意見が異なる場合、お互いの言い分の相違を調整・解決して書面に残すことは、弁護士以外の資格者には認められていません。したがって、弁護士以外の専門家に依頼した場合、相続人の間で意見が異なったときに、改めて弁護士を探さなければいけないのです。

2.相続争いを未然に防ぐことができる

弁護士は事件処理に長けています。そのため、相続人の間でまだ争いが起こっていない段階で「これは問題になる」と予測を働かせながら進められます。また、本当に争いになってしまったときに、それまでの経過をすべて把握していれば、より効果的な解決方法を探せます。また、依頼者に不利益が生じないように対応できます。
その他にも弁護士に依頼することのメリットはありますが、何より紛争解決は弁護士が最も得意とする分野です。相続に関する問題ではデリケートな交渉を伴うケースが非常に多く、そうした場面で弁護士がその能力を最大限に発揮します。

もし、相続問題について不安をお持ちの方は、弁護士に相談することをお勧めします。