代襲相続

イメージ代襲相続

相続というのは、基本的には親→子供の順番で死亡することを想定していますが、中には子供の方が先に死亡するケースもあります。 そのような場合にさらにその下の代に財産を承継するのが「代襲相続」です。

代襲相続が発生する具体的ケース

まず、一番の典型例は「親よりも先に子供が死亡していた」場合です。 そのようなケースでは孫(代襲者)が子供(被代襲者)に代わって相続人となります。 もし、代襲するはずの孫も志望していた場合には、ひ孫がいればひ孫がさらに代襲相続人となります。(再代襲)。

代襲相続人の相続分は、被代襲者の相続するはずだった相続分を等分して考えます。 つまり、ある人が死亡して妻、子供一人だったとするとそれぞれの相続分は2分の1ずつとなりますが、子供がすでに死亡してその子供(つまり孫)が2人いたとすると孫たちは子供の相続分だった2分の1をさらに2等分に分けます。(つまりそれぞれ4分の1ずつ)。

ただ、被相続人の養子に連れ子がいる場合に注意しなければならないのですが、養子縁組前の子供が連れ子だった場合、その子供は被相続人の直系卑属という立場にはならないため、代襲相続は発生しないことになります。もし養子が亡くなった場合に、その連れ子に代襲相続させたい場合には、連れ子と養子縁組することが必要となります。

兄弟相続の場合は再代襲しない

上記のように親から子供への相続で代襲相続は発生しますが、その他にも、子供や直系尊属(親・祖父母)がいないため第三順位である兄弟姉妹が相続する場合にも代襲相続が起こることがあります。たとえば、兄が死亡して本来は弟が相続人になるはずだったが弟が既に死亡しているのであれば弟の子供が代襲相続人になるというものです。
ただ、親から子への相続と異なるのは、もし上記の弟の子供もすでに死亡している場合にはそのさらに子供には代襲相続しないということです。これは、法が当事者の血縁関係の近さを考慮しておいやめいまでを代襲相続人にすることが相当と考えたためでしょう。

配偶者の関与が決まってくる

被相続人の子供の配偶者というのは、親→子供の順番で亡くなった場合は結果的に義両親の財産を配偶者が相続し、次に配偶者の死亡でその財産を相続することによって義両親の財産を引き継ぐこともありえます。 しかし、もし自分の配偶者が義両親よりも先に亡くなった場合には、子供が代襲相続するため一切義両親の財産を引き継ぐことはなくなるという結論になります。

教えて!相続 ー人気ランキングー一覧