法定相続人


相続においては、親族関係の近さに応じて財産を取得できるルールになっています。
これを、「法定相続人」、そして各人の取り分を「法定相続分」といいます。

法定相続人は誰になる?

法定相続人の具体的な定めを確認してみましょう。
まずどのような場合でも配偶者がいれば必ず相続人となります。その他の親族については以下の順番です。

・第1順位・・・子供
子供はみな平等に相続分を持っています。以前は、非嫡出子(婚外子)は嫡出子(婚姻している夫婦の間に生まれた子供)の半分の相続分しか持っていませんでしたが、現在はそれらも平等となっています。また、実子と養子も平等の相続分ということになります。 なお、養子には「普通養子」と「特別養子(幼少の頃にしかできず、養子であることがほぼわからないようにされる縁組)」がありますが、普通養子の場合は養親と実親の相続権を両方保持していることになります。特別養子の場合は養親の相続権しか持っていません。
・第2順位・・・直系尊属(親、祖父母)
もし子供がいない場合には両親のうち、どちらかでも存命であればその親が相続人になります。両親どちらも死亡していて祖父母が存命な場合は祖父母が相続人になります。
・第3順位・・・兄弟姉妹
子供も直系尊属もいない場合には兄弟姉妹が相続人となります。兄弟姉妹は全血(両親どちらも同じ兄弟姉妹)と半血(父か母のどちらかのみが同じ兄弟姉妹)のどちらも相続権がありますが、半血兄弟は全血兄弟の2分の1の相続権しかありません。

もし、これらの相続人が誰もいない場合は、それよりも遠い関係の親戚(いとこなど)が相続人になるわけではありません。 相続人不存在の場合には、相続財産管理人(主に法律家)が裁判所によって選任され、債権者への配当などを経てもし相続人が最後まで見つからなければ特別縁故者(被相続人と特別の関係にあった人)に分与されるか国庫に帰属します。

法定相続分はどのくらい?

相続人の組み合わせがどのようになっているかで相続分は変わってきます。

・配偶者と子供の場合は、配偶者が2分の1、残りを子供たちの人数で平等に分け合うことになります。 ・配偶者と直系尊属の場合は配偶者が3分の2、残りを直系尊属の人数で平等に分け合うことになります。 ・配偶者と兄弟姉妹の場合は配偶者が4分の3、残りを兄弟姉妹の人数で分け合いますが、上記のとおり半血兄弟は全血兄弟の2分の1の割合となります。 なお、配偶者がいない場合には配偶者の相続分をないものとして計算することになります。