相続人確認チャート

イメージ

誰に相続する権利があるかを確認する

被相続人(亡くなった人)の遺産を相続する権利がある人は民法でその範囲、順位、そして具体的な割合が決められています(法定相続分)。
まずはフローチャートを使って誰が法定相続人になるのかを確認してみましょう。

相続人の順位と相続分

法定相続分は次のように定められています。

配偶者
被相続人の死亡時に生存している配偶者は無条件に相続人となります。具体的相続分は他の相続人が誰になるかによって異なります。

第1順位 子供
実子と養子は同じ相続分になります。また、嫡出子(婚姻関係にある夫婦の子供)と非嫡出子(婚姻外で出生した子供)の相続分も同じです。
配偶者と子供がいる場合は配偶者が2分の1、子供が残り2分の1を人数で分けることになります。子供のみの場合は人数で頭割りします。

第2順位 直系卑属(親や祖父母)
もし第1順位の相続人が誰もいない場合は、次の順位として親、祖父母などの「直系尊属」が相続人になります。
配偶者がいる場合は配偶者が3分の2、直系尊属の人数で残り3分の1を分けます。直系尊属のみの場合は人数で頭割りします。ただ、たとえば親と祖父母が両方いる場合、親が片方でも生きている以上は祖父母に相続権は移りません。

第3順位 兄弟姉妹
第1、第2順位相続人ともに存在しない場合、最後の順位としては「兄弟姉妹」となります。配偶者がいる場合は配偶者が4分の3、兄弟姉妹の人数で残り4分の1を分けます。
兄弟姉妹のみの場合は人数で頭割りします。

代襲相続

もし子供が被相続人より先に死亡している場合や、相続欠格、廃除などにより(後述します)相続人としての資格を失っている場合、その子供(孫)が相続人になることができますが、これを「代襲相続」といいます。孫も先に死亡している場合、そのまた子供(ひ孫)まで代襲相続の資格があります。
そして兄弟姉妹が被相続人より先に死亡している場合や相続欠格、廃除などにより相続権を失っている場合、その子供が相続人になることができますが、兄弟姉妹の場合はその子供までしか代襲相続の権利がありません。

なお、代襲相続とは被相続人の子供か兄弟姉妹が先に死亡などした場合のみ発生するもので、直系尊属が先に死亡していても上に向かって代襲されることはありません。

相続欠格、廃除とは?

相続欠格とは、被相続人などの殺人等に関する行為を行った相続人、また、遺言に関して偽造や作成の強要などを行った相続人が自動的に相続権を失う制度です。
また、廃除とは、被相続人に対して虐待行為などがあった相続人について、被相続人が家庭裁判所に生前申立や遺言など用いて相続権を失わせる制度です。

教えて!相続 ー人気ランキングー一覧