事務所情報に戻る

  • 行政書士

あかし相続相談所 (カノシー行政書士事務所)

078-777-5981

  • 平日 9:00~21:00
  • 土日 9:00~18:00

2015/8/7 「相続分のないことの証明書」は「相続放棄」と同じ意味 

暑い日が続きますね。
この夏、皆様はいかがお過ごしでしょうか?



相続手続きでは
「相続分のないことの証明書」
という書類があります。



「相続分のないことの証明書」は
亡くなった人から十分な生前贈与(特別受益)を
受けたので、相続財産はありません(不要です)
という内容を自ら証明することです。



つまり、この書類に署名押印をすると
「相続放棄」と同じ効果が生じます。



利用されるケースとしては
相続人が数人おられるなかで
1人の相続人が全ての遺産を引継ぎたい
というケースです。



相続手続では署名押印をする書類が
多くあります。



なかには
「相続分のないことの証明書」のように
相続放棄につながる書類もありますので
署名押印は慎重に行うようにしてください。