事務所情報に戻る

  • 行政書士

あかし相続相談所 (カノシー行政書士事務所)

078-777-5981

  • 平日 9:00~21:00
  • 土日 9:00~18:00

2015/8/10 被相続人の預金はすぐには引き出せません

相続が発生する状況になると
まず最初に様々なお金が必要になってきます。



そのなかで最も大きなお金が
「葬式」代です。



費用はピンからキリまでですが
平均して200万円と見ておいてください。



決して少ない金額ではありません。



また大部分の葬儀場では
葬儀費用は当日または数日以内に
請求がやってきます。



すぐに立て替えれる金額ではないので
被相続人(亡くなった方)の預金を
引き出そうとされる方が多いと思います。



しかし、たとえ家族や身内だとしても
すぐには引き出すことができないんです。



では、どのような手続きが必要になってくるのか。



金融機関によって
必要な書類は様々です。



しかし、共通して必要なものが1つあります。



それは「遺言書」。
または「遺産分割協議書」も可能です。



遺言書があったとしても内容も大切です。
特定の相続人に
○○銀行○○支店の預金を相続する旨が必要だからです。



それでも
名義書換等には2週間ほど時間が必要になってきますので
注意してください。