事務所情報に戻る

  • 行政書士

あかし相続相談所 (カノシー行政書士事務所)

078-777-5981

  • 平日 9:00~21:00
  • 土日 9:00~18:00

2015/8/11 遺言控除を新設する方針

遺言控除を新設する
という方針で政府が話を進めています。



確実に制度が設けられるかどうかは
まだわかりませんが、今のままいけば
新しい制度として登場するでしょう。



では、「遺言控除」とは
どういう制度でしょうか?


遺言控除とは
「遺言書をつくれば相続税の負担を軽くしますよ」
という制度です。



具体的にいいますと

・有効な遺言による相続が条件
・一定額を相続税の基礎控除額に上乗せして控除


という内容です。


相続税は


遺産総額 - 基礎控除額(3,000万円+法定相続人1人当たり600万円)× 一定の税率


という計算式で求めることができます。



遺言控除という制度は
早ければ平成29年度には実現する見通しのようです。




現在、作成する方が増えているとはいえ
65歳以上の方でみると
1,000人に5人の方が作成しているような状況です。



遺言控除という制度により
遺言書が認知・普及し、作成される方が増えれば嬉しいですね。