事務所情報に戻る

  • 行政書士

あかし相続相談所 (カノシー行政書士事務所)

078-777-5981

  • 平日 9:00~21:00
  • 土日 9:00~18:00

2015/8/29 遺言がない場合、相続はどうなる?

遺言書がない場合、
相続はどうなるのでしょうか?




遺言書がない場合
相続が発生するとまず



・相続人の確定
・誰が何を相続するのか


を決める
「遺産分割協議」が行われます。



法定相続では「割合」しか決まっていないので
具体的に「何を」相続するのかを決める必要があります。



話し合いがきれいにまとまればよいのですが
遺産分割協議は「相続人全員」の合意が必要ですので
簡単には話がまとまらない場合も多いのが事実です。



もしまとまらない場合は

・家裁の調停(話し合い)

がありますが、調停でもまとまらなければ

・家裁の審判(裁判所が判断を下す)

という流れになります。



そこで遺言書があれば、
遺言書の内容に従った相続が優先されるので
トラブルを避ける予防にもなるのです。