事務所情報に戻る

  • 行政書士

あかし相続相談所 (カノシー行政書士事務所)

078-777-5981

  • 平日 9:00~21:00
  • 土日 9:00~18:00

2015/9/5 遺言で、遺産分割の禁止ができる?

遺産分割を遺言書で禁止することはできるのでしょうか? 結論からいうと、 可能です。 また、 すべての財産の分割を禁止することも、 一部の財産の分割を禁止することもできます。 しかしながら、 遺産分割の禁止期間は「5年間」です。 つまり、 5年を過ぎた後、遺言の内容を尊重して、その後も遺産を分割しないことにするのは 相続人の自由です。 そこで、 遺言書には遺産分割の禁止の旨と相続の指定の旨を付すことで 被相続人の想いを汲み取りやすくするなどの方法があります。 参考条文 民法908条後段「被相続人は、遺言で、(略)、相続開始の時から5年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができる。」