事務所情報に戻る

  • 行政書士

あかし相続相談所 (カノシー行政書士事務所)

078-777-5981

  • 平日 9:00~21:00
  • 土日 9:00~18:00

2015/9/9 名義変更は忘れずに!

不動産を相続で受けた場合、
名義変更はする必要があるのでしょうか?




できうる限り、名義変更は行ってください。



実は、
不動産を取得する際
登記は義務ではありません。




つまり、
登記をしたからといって
所有権は保証されないのです。




しかし、登記をしなければ
知らない間に第3者に登記をされ
抵当権を付される可能性もあります。




そのような可能性を0に近づけるために
名義変更は行うのがよいでしょう。




また、不動産名義を亡くなった方のまま
固定資産税などの納付を続けると
遺産隠しを疑われ、預金口座の取引停止になる可能性があります。




名義を変えなくても
納付などの手続きができてしまうことが原因ですが
遺産隠しを疑われるなどのリスクを考えると
名義変更をするべきです。



名義変更といえば、
「株」の名義も注意する必要があります。



株についてはまた明日!