事務所情報に戻る

  • 行政書士

あかし相続相談所 (カノシー行政書士事務所)

078-777-5981

  • 平日 9:00~21:00
  • 土日 9:00~18:00

2015/9/11 相続財産に借金があった場合

相続が発生すると 相続財産を相続人が引継ぎます。 相続財産には プラスの財産:不動産や貯金 マイナスの財産:借金 の2種類があります。 相続は原則として プラスの財産もマイナスの財産も 両方引継ぐことになります。 そこで、もし、 マイナスの財産が多くなった場合、 どうすればよいのでしょうか? その場合、 相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内であれば 「相続放棄」が可能です。 申請は家庭裁判所に行ってください。 ここで問題となるのが、3ヶ月を越えた場合。 どうなるのでしょうか? この場合でも 相続放棄が認められる場合があります。 ですので、 マイナスの財産が見つかった場合、 「相続放棄」という手段があるということを 忘れないで下さい。