事務所情報に戻る

  • 行政書士

あかし相続相談所 (カノシー行政書士事務所)

078-777-5981

  • 平日 9:00~21:00
  • 土日 9:00~18:00

2015/9/23 残高証明書取得

相続が発生し、その事実を金融機関が知ると
預貯金口座は凍結されます。



つまり、
遺産分割協議が終了するまで
名義変更ができません。




しかし、遺産分割協議を行うには
「いくら預貯金があるのか」を知らなければ
できません。



そこで
金融機関に対して被相続人の預貯金がいくらなのか
残高証明を出してもらうことができます。




この際、
通帳が無かったり、
複数口座あるけれども通帳が1つだけだったとしても
同じ支店であれば、残高証明書を発行してくれます。




習得に必要な書類は、
金融機関によるので問合せをしてみてください。



基本的には
下記の書類がベースになります。



・被相続人の死亡を確認できる除籍謄本
・相続人であることを確認できる戸籍謄本
・請求する相続人の印鑑証明書と実印
・残高証明発行依頼書(金融機関にあります)