注目のQ&A

相続人のなかに音信不通の者がいます。とりあえずその人を除いて遺産分割することはOKですか。

質問者:K.H

先月父が亡くなりました。
母は10年前に既に亡くなっており、兄弟は私含め3人です。遺産分割をしたいのですが、兄は2年前から行方不明で連絡がつきません。
とりあえず妹と二人で遺産を半分に分け、兄が見つかってからまた話し合おうと思っています。大丈夫でしょうか。

  • 回答:遺産相続なび

    遺産分割はあくまでも相続人全員の同意が必要です。

    従って、仮に行方不明の方を除いた相続人だけで遺産分割を行い、まとまったとしても、その遺産分割は認められず無効になってしまいます。
    このような場合には、遺産分割の協議を行う前に、家庭裁判所に対して「不在者財産管理人の選任申立て」(+「不在者財産管理人の権限外行為許可申立て」)または「失踪宣告の申立て」の手続きを行う必要が出てきます。
    「不在者財産管理人の選任」とは、行方不明の方に代わって、財産管理を行う人を選任する手続きです。不在者財産管理人は、あくまでも不在者の財産を管理するだけなので、遺産分割に参加したり、協議に同意する場合には、別途「不在者財産管理人の権限外行為許可」の手続きが必要になる点にも注意が必要です。

    「失踪宣告」とは、普通に生活していて7年以上生死が不明なとき、または事故や震災等に遭いその後1年以上生死不明なときに、その人を法的に死亡したものとみなすための手続きです。
    失踪宣告を受けた人は死亡したものとみなされるので、その人についての相続も発生することになります。

【カテゴリー】

  • 遺産分割