注目のQ&A

新しく見つかった父の遺産は誰のものなのか。

質問者:K.K

父は3年前に亡くなりましたが、姉とその夫(婿養子)が全ての遺産を相続すると遺言で指定されており、遺言の通りに全ての手続きが終わりました。そこでは特に争いは起きていません。
ですが先日、父の金庫から新しく300万円が見つかったと連絡が来ました。遺言に則るなら、姉夫婦が相続して解決しますが、姉は去年亡くなっています。
残っていた遺産は姉の夫がすべて貰うことになるのでしょうか。
姉が亡くなってから、姉の夫と我が家は不仲になっており、できればその300万円については渡したくありません。

  • 回答:遺産相続なび

    お父様が遺言で全財産をそのように処分するとしているのであれば、300万円は、遺言の通りお姉様夫婦が相続します。
    今回はお姉様がお亡くなりになっていますので、お姉様の相続分に関してはお姉様の相続人(お姉様の夫と子供)が相続することとなります。

    ただし、法律は、「遺留分」という制度を用意しています。これは、相続人の生活保障のため、各相続人に最低限留保されている持ち分です。あなたの場合、全財産の6分の1がこれに当たります(相続人が、お姉様、その夫及びあなたの3人であることが前提です。)。

    仮にこの300万円が全財産の6分の1に当たるのであれば、遺留分を主張してお姉様の夫に渡さないことも可能です。
    気を付けなければならないのは、この主張をする際、以下のように期限が法定されていることです。
    ※期限:相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知ったときから1年間
    300万円の金銭が見つかった時期を考慮すれば、相続開始から3年は経過してますが、この主張を出来る可能性は十分あるでしょう。

【カテゴリー】

  • 遺言書
  • 遺産分割
  • 紛争