注目のQ&A

新たに判明した相続財産にも「遺留分減殺請求」ができますか。

質問者:M.S

母から、「おまえ(私)には遺産はやらない」と言われ続けていました。 そして、兄にすべての財産を渡すという遺書を書き、亡くなりました。 母が亡くなった後、「遺留分減殺請求」ということができると知りました。 遺留分減殺請求をし、財産の一部を受け取ることができました。 そして、先日新たに相続財産の存在が判明しました。 この場合、私は新たに判明した相続財産にも「遺留分減殺請求」ができますか。

  • 回答:遺産相続なび

    遺留分減殺請求権は、相続の開始及び遺留分を侵害する贈与や遺贈があったことを知ってから1年以内、相続が開始してから10年以内に行わなければ、時効により消滅することとなります。 新たに判明した財産については、判明したときが、「遺留分を侵害する贈与や遺贈があったことを知っ」たときに該当します。 よって、判明してから1年以内であれば請求可能です。ただし、相続開始から10年以内の場合に限ります。

【カテゴリー】

  • 遺産分割
  • 遺言書