注目のQ&A

相続人って誰がなるのですか?

質問者:H.S

相続人って誰がなるのですか?

  • 回答:遺産相続なび

    「相続人」という言葉には二つの意味があります。 一つは、「法定相続人」といって、民法で定められている範囲の相続人のことです。 もう一つは、「指定相続人」といって、被相続人(亡くなった人)が遺言書を作って指定した相続人のことです。  

    ◎法定相続人

    民法では相続人に決められた順位があり、その人は被相続人との生前の人間関係にかかわらず相続権を取得します(ただし、相続したくない人は「相続放棄」という制度がありますので無理やり相続させられるわけではなく、単に権利があるというだけのことです)。 前提として、配偶者がいる場合は必ず配偶者が相続人になります。婚姻期間がどのくらいかということは問われません。配偶者がどのくらいの割合で相続するかは、配偶者以外の相続人がどのような立場の人なのかによって変わります。 配偶者以外の親族については、次の順番で「配偶者とともに」相続人となります。先順位の相続人がいる場合、次の順位の人は最初から相続人にはなりません。

    第1順位 子供

    実子か養子かを問わず、戸籍上の子供がいれば相続人となります。配偶者と子供が相続人になる場合は配偶者が2分の1、残りの2分の1を子供の頭数で分けることになります。

    第2順位 直系尊属

    もし子供がいなければ「直系尊属」と呼ばれる、自分の親や祖父母などが相続人になります。もし親のどちらかだけしか生存していない場合にはその片方だけが相続人となります。配偶者と直系尊属が相続人となる場合は配偶者が3分の2、直系尊属が複数いる場合は残りの3分の1を頭数で分けることになります。

    第3順位 兄弟姉妹

    もし子供も直系尊属もいない場合は、兄弟姉妹が相続人となります。配偶者と兄弟姉妹が相続人となる場合は配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1を頭数で分けることになります(ただし父母どちらかのみを同じくする兄弟、つまり半血の兄弟は全血の兄弟の2分の1しかもらえません)。  


    ◎指定相続人

    被相続人が「この人には多くあげたい」などと思えば、それを「遺言書」という形で意思表示しておくこともできます(遺言書は公正証書にすることがおすすめです)。 もちろん、「生前贈与」という形で生きているうちに財産を渡してもよいのですが、そうなると相続税よりも重い贈与税の問題が出てきてしまいます。よって、贈与税を免れる方法がない場合は遺言をする方が子孫への税負担は少なくなる可能性が高いのです。 もし法定相続人以外の人にあげたいと思えばそのような意思表示もでき、それは「遺贈」と呼ばれています(これにより遺産をもらった人は「相続人」ではなく「受遺者」と呼ばれます)。

    ◎法定相続人と指定相続人、どちらが優先される?

    民法では遺言書がある場合はそれを優先することになっていますので、「指定相続人」が尊重されていることになります。ただし、その指定にかかわらず法定相続人がそれと異なる割合で相続分を決め、全員が合意すればそのように相続することもできます。 法定相続人が決められている意味は、自分の権利が基本的にはこのくらいであるとか、「遺留分(一定の相続人が最低限主張できる相続分)」はこのくらいなど、権利の調整のための目安を決めたものだと考えておけばよいでしょう。

【カテゴリー】

  • 相続調査
  • 相続放棄

教えて!相続 ー人気ランキングー一覧