注目のQ&A

息子が死んで、孫が相続放棄をしたのですが母である私が相続人になるのでしょうか?曾孫がいるからそちらになるのですか?

質問者:Y.N

もし、法定相続人(民法で定められた範囲の相続人)であるはずの子供がすでに亡くなっていたり、子供が相続放棄してしまった場合はどうなるのでしょうか?

  • 回答:遺産相続なび

    ◎息子の子供が一人であった場合は「第二順位相続人」になる

    質問者の「亡くなった息子さん」に相続放棄した子供以外の子供がいればそちらに相続権がありますが、一人っ子であった場合はお母様は「第二順位の相続人」になります。いわゆる「代襲相続人」になることはありません。
     
    ◎  代襲相続とは何?

    「代襲相続」とは、被相続人(亡くなった人)Aの子供Bが法定相続人だった場合に、すでにBが亡くなっているのであればBの子供(つまりAの孫)CがBに代わって相続人になるということです。
    Bの子供が一人だけならCはそっくりBの相続分を代襲相続することになりますが、もしBの子供が二人、三人といるのであれば株分け、つまりBの相続するはずだった分を子供の数で頭割りすることになるのです。
     
    ◎代襲相続するのはどの範囲までの人?

    代襲相続は基本的に下にいくものだと考えておきましょう。上記の例でBに配偶者がいたとしても配偶者が代襲相続することはなく、あくまで子供だけになります。
    ただ、唯一「横に行く」ことがあります。「被相続人に子供も直系尊属(親や祖父母等)もいないので兄弟姉妹が相続人になる」ケースです。このケースでは兄弟が被相続人より先に亡くなっていれば兄弟の子供が代襲相続人となります。
    そして、被代襲者(上記の例で見るとB)が被相続人の子供である場合と兄弟姉妹である場合の代襲相続の範囲が異なることにも注意が必要です。もし、上記のBがAの子供だった場合、BがAより先に死亡し、Bのただ1人の子供であるCも先に死亡していればさらにCの子供が代襲相続します(再代襲)。しかし、もしBがAの兄弟だった場合、BとBの子供CがAより先に死亡していたとしてもCの子供は再代襲しません。
     
    ◎相続放棄した人の子供は代襲相続人になる?

    上記Bが「死亡」ではなく、「相続放棄」していたらBの子供Cは代襲相続することができません。相続放棄とは、それを行った人が最初から相続人ではなかったものとみなす制度ですので前提となるBの相続権そのものが存在しなかったことになるからです。(「相続放棄」とは、相続開始を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てをする制度です。)
    ただし、Bがこれと類似する制度である「相続欠格」「廃除」によって「相続資格をはく奪された」人だった場合はCは代襲相続人になることができます。

    関連記事相続放棄

【カテゴリー】

  • 相続放棄

教えて!相続 ー人気ランキングー一覧