注目のQ&A

相続放棄をすれば父親の借金が返済不要になるのでしょうか?

質問者:T.N

消費者金融に多額の借金をしていた父親が亡くなりました。相続放棄をすれば借金返済不要になるのでしょうか?

  • 回答:遺産相続なび

    親や配偶者に借金があって、それがプラス財産より多かった人でも、相続放棄をすれば借金を返済する必要はなくなります。

    ◎相続放棄すると最初から相続人でなかったことになる

    相続放棄というのは、被相続人(亡くなった人)のプラス財産と負債の権利を両方とも手放すことです。遺産分割協議において「遺産は要らない」という意思表明をすることを相続放棄だと思っている人もいるのですが、遺産分割協議というのはプラス財産に限って誰にどのように分配するのかを話し合うものですので根本的に両者は異なります。
    相続放棄は家庭裁判所への申立が必要ではありますが、いったん裁判所から「相続放棄申述受理証明書」という書類をもらってしまえばあらゆる被相続人の債権者からの請求を封じることができますので非常に協力な手段といえます。
    もちろん遺産より負債が上回った人が行うことが多いのですが、父と前妻の子供で音信不通の関係だったなどの事情から、もう遺産の多寡に関係なく相続自体に関わりたくないという理由で相続放棄する人もいます。

    ◎まずは財産と借金の調査から

    相続放棄をするかどうかを見極めるにはまず財産と借金のどちらが多いのかを見極めることが大切です。 法定相続人(民法で定められた範囲の相続人)であれば銀行への預貯金の残高証明書の請求や役所での固定資産税評価証明書の取得などを通じて財産を把握することが可能です。(すべてを漏らさずに調べるのは難しいこともあります)
    また、借金の存在は被相続人の遺品の中から債権者の請求書などを探す方法の他、信用情報機関に相続人としての立場で情報照会することもできます。
    ただ、もし負債がある可能性がある人については自分でこういった調査をするよりも法律家に依頼する方が望ましいでしょう。なぜなら、相続放棄には決められた期間があり、それを超えると相続を承認したことになってしまうからです。

    ◎相続放棄は急ぐ必要がある

    相続放棄は、相続の開始および自分が相続人になったことを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申立てなければなりません。上記の財産、負債調査などをしているとこの期間に間に合わないおそれがあります。相続放棄は他の相続人が相続を承認する、しないに関わらず相続人のうちの1人だけでできるものですから借金の存在が心配になった人はすみやかに動き出さなければなりません。
    なお、正当な事由(財産の調査に時間がかかるような事情があるなど)がある場合はこの期間を伸張できることもありますが、家庭裁判所にあらかじめ認めてもらう手続をしなければならないため、そのような意味でも早めに法律家に相談に行くことが大切です。

    関連記事 ・相続放棄

【カテゴリー】

  • 相続放棄