注目のQ&A

2000万円の相続分割で相続税はいくらくらい払うものですか?

質問者:Y.N

父の財産は1億2000万円で存命な母に6000万円、兄弟3人なので1人2000万円の遺産分割になると思います。2000万円の相続財産をもらったら相続税はいくらくらい払うものですか?

  • 回答:遺産相続なび

    相続税の計算は、単純に自分がいくらもらうからこの金額になるというわけではなく、いくつかのステップを踏んで最終的な税額が算出されます。

    ◎相続税計算のプロセス

    相続税の計算は大きく分けて3つの段階に分かれます。
    1.相続人各人の課税価格を求めて合計する。
    2.基礎控除後の課税価格を法定相続分(民法で定められた相続分)で分けて税額を算出して合計する。
    3.各人の実際の取得分に応じて配分する。 という手順になります。

    ◎まず課税価格を計算する

    相談者の例では、それぞれに父親の死亡時点での財産を法定相続分と同じ割合でもらう前提にしていますが、実際にはこれに加えてみなし相続財産(死亡保険金等)がある場合はそれもプラスし、そこから債務や葬式費用を控除します。さらにそこに「相続時精算課税」の適用を受けた贈与財産や死亡前3年以内の贈与財産もプラスしていきますが、ここでは仮に上記の遺産しかないものと考えて(課税価格の合計が1億2000万円であるものとして)計算を進めていきます。

    ◎基礎控除を差し引き、法定相続分に分けて税額を出す

    相談者の場合、基礎控除「3000万円+(600万円×法定相続人の数)」を計算すると、5400万円となります。 つまり、実際に課税される遺産総額は1億2000万円-5400万円=6600万円となります。 そして、これを法定相続分で分け、相続税速算表を使って税率を掛けると次のようになります。
    母3300万円×20%-200万円=460万円
    子それぞれ1100万円×15%-50万円=115万円(×3人分)
    相続税の総額=805万円

    ◎各人の納付税額を計算する

    上記で算出された相続税の総額(805万円)を、最初の段階で使用した「各人の課税価格」に応じて分けていきます。 相談者の場合は法定相続分と同じ取り分で分ける前提だったため、相談者の相続税額は約134万円となります。
    ただし、この最終段階で「配偶者の税額軽減」「未成年者控除」「障害者控除」「相次相続控除」など、利用できる控除があれば差し引くことも忘れないようにしなくてはなりません。

    ◎実際の計算は税理士に

    相談者の事例ではかなり単純化されていますが、実際の計算はさらに考慮すべき事情が増えることも考えられます。自己流の計算で失敗すれば後で申告のミスを指摘され、税理士報酬よりも高い追徴金を払わされることにもなりかねません。 相続税申告は各種税務申告の中でも特に難易度の高いものですから、必ず相続税に関し豊富な経験を持つ税理士を選んで依頼するようにしたいものです。

    関連記事 ・相続税 ・遺産分割

【カテゴリー】

  • 遺産分割
  • 相続税

教えて!相続 ー人気ランキングー一覧