新型コロナ対応
自宅にいながら相続手続き!

外出しにくい今だからこそ、相続手続きは専門家にお任せください。オンライン面談も選べます!

遺留分

「遺留分(いりゅうぶん)」とは、民法で定められた相続人が相続できる最低限の取り分のこと。法律で守られているので、相続の際に著しい不公平があった場合にも遺留分は取り返すことができます。また、遺留分侵害額請求(旧・遺留分減殺請求)をされた場合には、遺言書の内容通り財産を引き継いだとしても一部返金しなければなりません。

終活を考えている方は、生前贈与や遺言の際に遺留分のことを考慮しておかないと、相続人の間にトラブルを生むことになりかねません。反対に、遺産相続の際に不公平な分配があったとしても、遺留分のことをしっかりと知っておけば、不公平な相続に泣き寝入りしないでもすみます。

普段あまりなじみのない遺留分ですが、以下ではその基本的な仕組みや計算方法、遺留分侵害額請求などについて詳しく解説しています。トラブルの際には弁護士などのプロに相談することも視野に、しっかり知識をつけていきましょう。

  • 遺留分減殺請求とは?遺留分侵害額請求との違いや期限・対象を詳しく解説【弁護士監修】

    相続は本来、被相続人の意思が尊重されるもの。ただし法定相続人は、遺言にその名が記されていなくても生活保障の意味合いから一定の遺産が配分される権利を認められており、一定の要件を満たす場合には遺留分として遺産の配分を受ける権利があります。 遺留分を請求する際の制度である遺留分減殺請求は、2019年7月の法律改正により遺留分侵害額請求と改称されました。新旧それぞ……

  • 相続人が必ずもらえる遺留分|計算方法と侵害された時の対処法、遺言書での注意点【弁護士監修】

    相続税対策のために生前贈与を考えたり、遺言書を作成したり、相続の準備をしている方も増えています。しかし、相続のことを考えるなら、同時に遺留分についても考慮する必要があります。 遺留分とは、民法で定められた相続人が相続できる最低限の取り分のことです。法律で守られているので、相続の際に著しい不公平があった場合も、遺留分は取り返すことができます。また遺留分を請求……

お住いの地域の専門家を探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州