遺留分

「遺留分(いりゅうぶん)」とは、民法で定められた相続人が相続できる最低限の取り分のこと。法律で守られているので、相続の際に著しい不公平があった場合にも遺留分は取り返すことができます。また、遺留分侵害額請求(旧・遺留分減殺請求)をされた場合には、遺言書の内容通り財産を引き継いだとしても一部返金しなければなりません。

終活を考えている方は、生前贈与や遺言の際に遺留分のことを考慮しておかないと、相続人の間にトラブルを生むことになりかねません。反対に、遺産相続の際に不公平な分配があったとしても、遺留分のことをしっかりと知っておけば、不公平な相続に泣き寝入りしないでもすみます。

普段あまりなじみのない遺留分ですが、以下ではその基本的な仕組みや計算方法、遺留分侵害額請求などについて詳しく解説しています。トラブルの際には弁護士などのプロに相談することも視野に、しっかり知識をつけていきましょう。

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス