成年後見

「成年後見制度」とは、認知症の方など判断能力が不十分な成人の方に代わって、周囲の人が成年後見人となり本人の財産の管理や契約の締結などをおこなう制度で、法定後見制度と任意後見制度の2つに大別されます。法定後見はすでに判断能力が不十分な場合に、家庭裁判所が選任した後見人等が財産管理をおこなうもの、任意後見は将来に備えて判断能力の十分なうちから契約を結んでおくものです。

成年後見人の制度はメリットが多いのですが、一方で費用や手間がかかるものでもあるので、正しい知識を身につけて専門家のアドバイスを仰ぐことも大切です。以下では成年後見制度について、報酬・費用や申立の方法などを詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

  • 成年後見人への報酬や申立ての費用は?|成年後見制度の利用にかかる費用

    成年後見制度を利用するには、申立てをはじめさまざまな費用が必要となります。具体的には、申立てとその添付書類にかかる費用、成年後見人への報酬、成年後見監督人への報酬、登記にかかる費用などです。 特に成年後見人と成年後見監督人への報酬は、制度を利用している限り発生する費用です。多くのケースで被後見人が亡くなるまで必要になるものですから、しっかりと理解しておく必……

  • 成年後見制度とは?|法定後見制度と任意後見制度、必要な費用、メリット・デメリットまで全解説

    社会の高齢化が進む中で、認知症や判断力の低下した方を狙った詐欺や、高額の商品・サービスを売りつけられるなどの事件に巻き込まれるケースが大きな問題になっています。このような被害から被後見人を守るのが成年後見制度です。 成年後見制度には家庭裁判所が後見人を選任する法定後見制度と、自分で選んだ後見人と契約する任意後見制度の、大きく分けて2つの制度があります。 ……