新型コロナ対応
自宅にいながら相続手続き!

外出しにくい今だからこそ、相続手続きは専門家にお任せください。オンライン面談も選べます!

遺言書

  • ペットのための遺言の書き方は?死因贈与契約や信託など、飼い主の相続準備

    この記事はこんな方におすすめ: 自分にもしものことがあった時に、ペットのことが心配な方 ペットに遺産は残せないが、ペットを世話してくれる人に財産を残すことは可能 ペットのために財産を残すには、遺言により負担付遺贈をおこなう方法もある ペットのために財産を残すには、負担付死因贈与契約や負担付生前契約、信託もある 自ら……

  • 相続|財産目録を使って遺産分割協議をスムーズに!作成の理由や記入の注意点をご紹介

    この記事はこんな方におすすめ: 「複数人で遺産分割が必要な人」「相続税が気になる人」 財産目録を作成すると、相続財産の総額が分かり、遺産分割協議がしやすい 相続税申告を含め、必要な手続きがわかりやすくなる 生前に作成しておくと、不要な争いを避けられ、節税対策を講じることもできる 財産を保有する方が亡くなると、その財……

  • 内縁の妻(夫)に相続権はない?|内縁関係のパートナーが亡くなったときの遺産分割

    この記事はこんな方におすすめ: 内縁のパートナーに遺産を残したい方、内縁のパートナーの遺産を相続をしたい方 内縁の妻(夫)は法定相続人になれない 遺言書により内縁の妻(夫)に相続財産を遺贈することができる 内縁の妻(夫)へ遺贈する場合、相続税の控除や特例は使えない 自分にもしものことがあった時、長年連れ添……

  • 相続登記と司法書士の役割|遺言執行人、検認手続、遺産分割協議書、相続放棄【行政書士執筆】

    親族が亡くなり不動産の相続登記をしたい時、司法書士に依頼すれば良いというイメージを持っている方は多いかもしれません。他方で、具体的に司法書士はどのようなことをどれくらいの予算でやってくれるのか、イメージできる方は少ないと思います。 この記事では、相続登記をする場合の司法書士の業務内容や予算について紹介します。 不動産の相続における司法書士の役割 相続が……

  • 特定の者に財産を残したいときに必要な遺言書【行政書士執筆】

    民法では、相続人の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及び配偶者(妻)……

  • 死後、何かを頼みたいときに必要な遺言書【行政書士執筆】

    民法では、相続人の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及び配偶者(妻)……

  • 遺言書が必要になる場面、個別の事情があるとき【行政書士執筆】

    民法では、相続人が開始した場合の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及……

  • 遺言の執行に関する手続き|遺言執行者の義務と権限、遺言執行の流れ【行政書士執筆】

    親族が亡くなった場合に、遺品の整理をしていると「遺言」が見つかることがあります。遺言が見つかった場合に、どういった流れで何をすればよいのでしょうか。 今回は遺言の執行に関する手続きについて、遺言執行人の選任から、遺言執行者の義務と権限、遺言執行の流れについてご説明します。 遺言とは まず、遺言とは何かを簡単に説明していきます。遺言とは、被相続人の最後の……

  • 遺言がないことで相続争いが生じることも!?遺言に関するQ&A【行政書士執筆】

    「遺言」という言葉、この言葉を聞いたことがあるという方がほとんどではないでしょうか。しかし、なんとなくのイメージはあっても、「遺言」が何か?と聞かれると正確に答えられる方は少ないと思います。 「遺言」とは、一般的には残された遺族の方に向けたメッセージとしての意味合いで使われているかもしれません。しかし、遺言は、自分が生涯をかけて築き、かつ守ってきた大切な財……

  • 漢字の成り立ちから読みとく、遺言の意味

    11月15日は「いい遺言(いごん)の日」です。 相続に関する意識を日ごろから高める目的で、2006年にりそな銀行が制定しました。同様の記念日は、4月15日の「遺言の日」(日本弁護士連合会)、1月5日の「遺言の日」(日本財団)などもありますが、それだけ相続や遺言に関心が高まっているということかもしれません。 今回は、「遺言」という言葉にはそもそもどのような……

72件中1】~【10件の表示

お住いの地域の専門家を探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州