新型コロナ対応
オンライン面談受付中!

新型コロナ対応のため、オンライン無料面談の体制を強化しております。ちょっとした心配ごとでもお気軽にご相談ください。

遺言

  • 夫の前妻の子の相続分を少なくするにはどうすれば良いですか?

    夫には前妻の子が2人います。一度も会ったことはないのですが、離婚しても彼らに相続権は残りますか?私との間にも子供が1人いますがこの子に有利に相続させることはできますか? 前妻の子にも相続権はあります。相談者(現在の配偶者)のお子さんと同じ第1順位の相続人となり、同等の相続権が認められています。 前妻の子にも遺留分がありますので、全く相続させないという……

  • 相続人が被相続人より先に死亡した場合、代襲相続はある?

    入院していた祖父が亡くなり、遺言書が見つかりました。すべての財産を父に相続させると書いてありましたが、父は先月急死しており、そのことは祖父には伏せていました。この場合は、父の息子である私が代襲相続ですべて相続できるのでしょうか? 遺言書で財産を譲る相手を相続人の中のどなたかに指定した場合でも、指定された方が遺言者より先に亡くなっていた場合は、その遺言の……

  • 相続人以外の人に財産を遺贈する遺言書を書いた時、遺贈しようとした相手が先に亡くなったらどうなりますか?

    一緒に暮らしている彼女に財産を譲りたいので遺言書を準備しようと思いますが、お互い高齢なので、もし彼女が先に逝ったら私の財産は彼女の子どもが受け取りますか? 遺言で財産を遺贈する際に、財産を受け取る人(受遺者)が財産を譲る人(遺贈者)より先に亡くなった場合、その遺言は効力を失います。この場合、財産は遺言を書いた遺贈者の法定相続人に帰属することになります。……

  • 遺言に関するお悩み事例集「いい相続」へのご相談と専門家の回答まとめ

    遺言に関するご相談をまとめました。 気になる質問を見つけたら「→回答はこちら」をクリック!! Q:兄が勝手に母親の公正証書の遺言書を作りました。母親は認知症で、もはや遺言書の書き直しは不可能ですが母親の死後に遺言書の有効性を争うことは可能でしょうか? →回答はこちら Q:遺言書には決まった書式みたいなものがあるのでしょうか?証人が必要なのは知っていま……

  • 相続対策と認知症対策で、家族信託は使いやすい手段に|行政書士インタビュー 高田行政書士事務所

    この記事はこんな方におすすめ: 相続について漠然と希望はあるけれど、家族への切り出し方がわからない方 相続相談は早めに。亡くなってから、認知症になってからではできることは限られてしまう 認知症対策+相続対策として、家族信託の可能性は大きい 時間を掛けて相談することで、相談者自身も気付かなかった本音が見えてくることも 相続という……

  • 遺産分割協議書の作成方法【行政書士執筆】

    財産目録をもとに遺産分割協議を開催したら、そこでの決定事項をまとめた遺産分割協議書を作成しなければなりません。 この記事では遺産分割協議書の作成方法について解説していきます。 遺産分割協議書作成前の準備 実際に遺産分割協議書を作成するためにはどのような内容を決め、どのような書類を準備する必要があるのでしょうか。ここでは遺産分割協議書作成のために必要な準……

  • 遺言の執行に関する手続き|遺言執行者の義務と権限、遺言執行の流れ【行政書士執筆】

    親族が亡くなった場合に、遺品の整理をしていると「遺言」が見つかることがあります。遺言が見つかった場合に、どういった流れで何をすればよいのでしょうか。 今回は遺言の執行に関する手続きについて、遺言執行人の選任から、遺言執行者の義務と権限、遺言執行の流れについてご説明します。 遺言とは まず、遺言とは何かを簡単に説明していきます。遺言とは、被相続人の最後の……

  • 遺言がないことで相続争いが生じることも!?遺言に関するQ&A【行政書士執筆】

    「遺言」という言葉、この言葉を聞いたことがあるという方がほとんどではないでしょうか。しかし、なんとなくのイメージはあっても、「遺言」が何か?と聞かれると正確に答えられる方は少ないと思います。 「遺言」とは、一般的には残された遺族の方に向けたメッセージとしての意味合いで使われているかもしれません。しかし、遺言は、自分が生涯をかけて築き、かつ守ってきた大切な財……

  • 漢字の成り立ちから読みとく、遺言の意味

    11月15日は「いい遺言(いごん)の日」です。 相続に関する意識を日ごろから高める目的で、2006年にりそな銀行が制定しました。同様の記念日は、4月15日の「遺言の日」(日本弁護士連合会)、1月5日の「遺言の日」(日本財団)などもありますが、それだけ相続や遺言に関心が高まっているということかもしれません。 今回は、「遺言」という言葉にはそもそもどのような……

  • 遺言で寄付をするなら知っておきたい!遺贈寄付で失敗しないための6つのポイント【行政書士監修】

    遺産は遺言を使って自由に寄付できます。 自分と志を同じくする人や応援したい団体に遺産を託したい。自分の遺産を誰かの役に立ててもらいたい。財産の持ち主であるあなたが望むなら、遺言による寄付を考えてみてはいかがでしょう。 この記事では、遺言による寄付の種類や寄付時の注意点など、遺言による寄付をする際に知っておきたい知識をご紹介します。 この……

お住いの地域の専門家を探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス