1分で診断!
あなたに必要な相続手続き

4つの質問に答えるだけで、あなたに必要な相続手続きがわかります。面倒な手続きも多いですが、まずはやるべきことをきちんと把握することが大事です。

相続調査

  • 相続したマンションを甥に譲りたいのですが不動産会社を挟まず大丈夫でしょうか?

    質問者:H.S 不動産会社を挟まずに取引をすることはもちろん法的な問題はないのですが、後々のトラ ブル防止のためには入ってもらうほうが望ましいでしょう。また、身内同士だからといっ て不動産会社の手数料が安くなることはありません。 不動産取引と仲介業者 マンションに限らず、通常の戸建(土地・建物)であっても、売主と買主の契約のみで有効に不動産取引を行えるの……

  • 「負動産」は遺産分割においては借金同様マイナス財産として扱える?

    質問者:N.O 売れない、貸せないなどの事情があっても、プラスの相続財産であることには変わりなく、マイナス財産として扱うことはできません。 マイナス財産とは マイナス財産の主なものとしては借入金などの負債が挙げられます。その他に主たる債務者の連帯保証人になっているなどの「保証債務」も該当します。 マイナス財産の特徴は、遺産分割をする際に相続人間で自由に……

  • 売れない家なら評価額は0円で固定資産税もかからないのでは?

    質問者:H.Y 市場に出して売れるか売れないかを問わず、固定資産税というものはその評価額に応じた割合で支払う義務があります。 固定資産税とは 固定資産税とは、土地、家屋、償却資産等を所有している人に対して課税される税金の一つです。納税義務者といって税金を納める必要がある人は、毎年1月1日現在の所有者となっています。相続税や贈与税は国税ですが、固……

  • 上場株式を相続することになりましたが、株価の評価はどのようになされるのでしょうか?

    質問者:S.M 相続財産の価額評価は、財産の種類により比較的容易なものと複雑なものがあります。その中でも株式は上場、非上場により評価の仕方が分かれてきます。では、上場株式の評価方法や被相続人の保有株式を漏れなく調べる方法を確認してみましょう。 上場株式の評価方法 上場株式とは国内にある証券取引所(東京、大阪、名古屋、札幌、福岡、ジャスダック等)で上場基……

  • 生前に建物を建てておけば相続の際に節税になりますか?

    質問者:K.K 「アパートを建てて相続税対策を!」というのは建築業者の常套句ですが、そこにはメリットとともに落とし穴もあります。では、建物を建てることによりどのように節税の効果が上がり、また、注意しなければならない点はどのようなことなのか考えてみましょう。 「貸している土地」にすることで評価額が下がる 一般的に言われる建物建築による節税効果というのは、ま……

  • どうすれば適切に相続財産を把握できるのでしょうか?

    質問者:K.H 相続手続の第一歩は、相続財産の把握であり、ここを間違えるとその先の手続きすべてに影響してきます。では、その調べ方を具体的に考えてみましょう。 被相続人(亡くなった人)の身の回りからわかるもの 被相続人の生活環境の中にはさまざまな財産に関するヒントが隠されています。部屋から見つかる通帳など直接的な資料もありますが、保存されていた郵便物も一つ一……

  • 遺言書に書かれた相続人が先になくなったら?

    質問者:S.M 高齢化社会においては、遺言書で遺産を渡すと指定されていた子供側もそれなりに高齢であることが珍しくありません。もし遺産で指定された相続人である長男の方が先に亡くなってしまった場合、長男の配偶者や子供はその遺産をそっくりもらう権利はありません。 遺言書で指名した相続人は、あくまで固有のもの 民法においては、被相続人(亡くなった人)は遺言書に……

  • 成年後見人への報酬はどのように決めるのですか?

    質問者:T.M 成年後見人として適切な親族がいなかったり、すでに選任されている成年後見人の職務に問題があるとされる場合は元の人を解任し、「専門家後見人」として弁護士や司法書士が選ばれることがあります。 申立てをする親族の方は、専門家に頼むとなるととても高額なのではないか?と心配することが多いのですが、弁護士(司法書士)への報酬はどのように決められ……

  • 良い成年後見人を選ぶ方法ってありますか?

    質問者:N.I 成年後見人は申立権者が家庭裁判所に申立てを行い、所定の書類や事情の聴き取りなどを経て最終的には裁判所が適切な人を選ぶことになります。そこまで不適切な人が就任するケースは多くはありませんが、万一後から問題ありと判断されると解任などされることもあります。 成年後見人の仕事は財産管理と身上監護 成年後見人とは、認知症などで判断能力がなくなった……

  • 成年後見人になるには資格が必要なのでしょうか?

    質問者:I,T 成年後見人になるには特別な資格は必要なく、他の仕事をしながら就任することもできます。ただ、「欠格事由」といって、こういう状況の人は成年後見人になれないという事項が民法で定められています。 成年後見人は一般の人でもよい 成年後見人は、認知症や障害により自分で物事を判断する能力がなく、日常生活を送ることが困難な人を守るため、一定の立場の人の申……

46件中31】~【40件の表示

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス