1分で診断!
あなたに必要な相続手続き

4つの質問に答えるだけで、あなたに必要な相続手続きがわかります。面倒な手続きも多いですが、まずはやるべきことをきちんと把握することが大事です。

「兄弟」の検索結果 230件
  • 相続の相談は誰に依頼すれば良い?弁護士・税理士・司法書士・行政書士・銀行をケース別に比較【行政書士監修】

    遺産相続には、状況によってさまざまな準備や法的な手続きが必要になります。そのすべてを自分自身の手で行うのは難しく、どうしても専門家に相談するケースも出てくるでしょう。弁護士、税理士、司法書士、行政書士、銀行など、各専門家の得意分野を把握しながら、時期や状況に応じて依頼をすることが非常に重要です。 この記事では、相続の相談相手について弁護士、税理士、司法書士……

  • 検認は遺言書の内容を証明する方法!制度の概要や手続き方法を解説【税理士監修】

    亡くなった方の遺言書(いごんしょ)が出てきた場合、どうすればいいかご存じですか?検認は遺言書に対して必要となる手続きのひとつ。裁判所に遺言書を提出して内容の確認をおこないます。大切なご家族が亡くなると悲しみに浸る間もなくさまざまな手続きが必要です。検認についてあらかじめ知っておき、万一の際に役立てましょう。 この記事では、検認の目的や手続き方法とあわせて遺……

  • 相続人が必ずもらえる遺留分|計算方法と侵害された時の対処法、遺言書での注意点【弁護士監修】

    相続税対策のために生前贈与を考えたり、遺言書を作成したり、相続の準備をしている方も増えています。しかし、相続のことを考えるなら、同時に遺留分についても考慮する必要があります。 遺留分とは、民法で定められた相続人が相続できる最低限の取り分のことです。法律で守られているので、相続の際に著しい不公平があった場合も、遺留分は取り返すことができます。また遺留分を請求……

  • 相続人とは?法定相続人の範囲や順位、法定相続分と遺留分【行政書士監修】

    相続がいつ起こるかは誰も正確には予想できません。相続が発生したときにバタバタしないように、あらかじめ相続について学んでおくことはとても大切なことです。インターネットや本などで相続についていろいろ調べると「相続人」という言葉をよく目にします。相続人は、相続の基本用語の1つです。相続人の解釈を間違えてしまうと、相続に関連した制度の理解に誤解が生じてしまいます。 ……

  • 【2020年最新版】遺産相続の基本を徹底解説!手続きの流れから期限まで【税理士監修】

    遺産相続には期限のある手続きがあります! 期限を過ぎた場合には大きな損失へとつながる手続きもあるため、まずはしっかりと遺産相続の大まかな流れを把握し、相続が発生した際には速やかに行動することが大切です。 相続に強い専門家を無料でご紹介。相続のお悩みには「いい相続」の無料相談をご活用ください。 亡くなられた方(被相続人)の財産……

  • 相続放棄が認められない事例から学ぶ、受理されるための注意点

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年9月24日に公開された記事を再編集したものです。亡くなった人(被相続人)に借金がある場合等は、相続放棄をすることで借金を相続してしまうことを免れることができます。 しかし、相続放棄は、希望すれば必ず認められるわけでありません。 相続放棄が認められずに多額の借金を背負うことは絶対に避けたいもの……

  • 相続放棄の撤回はできないが取消しはできることがある!

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2020年9月23日に公開された記事を再編集したものです。相続放棄の申述が受理されたものの、後から、これを撤回したり、取り消したりすることはできるのでしょうか?相続放棄の撤回はできないが、取消しはできることがある 相続放棄の申述が受理された後に、これを撤回することはできません。 しかし、取消しは出来る……

  • 【2020年版】生前贈与するなら要注意!改正された遺留分侵害額請求(減殺請求)について徹底解説!【税理士監修】

    生前贈与は、相続税対策のなかでも生きているうちに自分の意思で、財産の分配を調整したり、遺産(=相続財産)の総額を減らして相続税を減額させられる有効な手段です。贈与の基礎控除や非課税特例も多く、是非とも検討したい相続税対策のひとつです。 ただし生前贈与を考える際に確認しておきたいのが遺留分のことです。生前贈与や遺言書などによって相続財産の分割方法に著しい不公……

  • 家族信託とは?|遺言との比較や手続き、メリット・デメリットもわかりやすく解説!

    家族信託とは 家族の財産を家族が管理し家族のために使う「家族信託」は、2007(平成19)年改正信託法で可能となりました。 (「信託」とは、)特定の者が一定の目的に従い財産の管理又は処分及びその他の当該目的の達成のために必要な行為をすべきものとすることをいう。(信託法第2条1項抜粋) 通常、物には所有者がいて、管理や処分は所有者がします。一方、……

  • 相続した不動産の名義変更をしないと思わぬトラブルに!|相続登記に必要な書類や手続きの方法

    相続した財産の中に不動産が含まれているときには、相続登記をする必要があります。相続登記には期限がないため、手続きをしないまま放置しているようなケースもありますが、第三者に所有権を証明できないなどデメリットが少なくありません。 この記事では、相続登記をしなかったときのデメリット、相続登記に必要な書類、相続登記の仕方に加え、相続した不動産を売却したいときの注意……

230件中101】~【110件の表示

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス