1分で診断!
あなたに必要な相続手続き

4つの質問に答えるだけで、あなたに必要な相続手続きがわかります。面倒な手続きも多いですが、まずはやるべきことをきちんと把握することが大事です。

「兄弟」の検索結果 230件
  • 【記入例付】遺産分割の負担軽減、相続関係説明図の書き方・使い方

    この記事はこんな方におすすめ:遺産分割協議が必要な方。相続手続きを少しでも簡単にしたいという方 法務局や金融機関に提出すると、戸籍謄本などの原本を還付してもらえる 相続関係説明図で、戸籍関連の書類を取得する手間の軽減につながる 相続関係説明図は、相続人が多い場合や数次相続の際に便利 無料相談受付中!相続のお悩みの際は、ご希望の地域の専……

  • 代襲相続|代襲相続の範囲、基礎控除の算出方法、遺留分制度や数次相続との違い【行政書士監修】

    代襲相続人が1人とは限らない 被相続人より先に相続人である子が亡くなっていた場合、相続人の子(被相続人の孫)が相続権を引き継ぎます。相続人の子が複数いる場合、代襲相続人も複数となります。相続の無料相談はこちらから。 被相続人が亡くなる前に相続人が亡くなった場合、本来受け取るべき相続の権利はどうなるのでしょうか?このような場合、亡く……

  • 相続で寄与分を主張するには?|寄与分が認められる要件、計算方法、遺言との関係

    故人の介護をしていた、故人の事業を無償で手伝っていたなど、故人に生前何らかの貢献をしてきた人に対しては寄与分が認められることがあり、遺産を他の相続人よりも多くもらえる可能性があります。 この記事では、故人のために尽力してきた人が寄与分をきちんと主張できるよう、寄与分を主張できる人についてや、どういった行為が寄与とみなされるか、寄与分の計算はどのように行われ……

  • 遺産相続のトラブル「争続」を回避するには?

    遺産相続においては多くの人が「財産の多い家がそれを取り合っているのだろう」「うちは何も分けるものなどないから」という誤解に基づく思い込みをしてしまっています。 それにより、何の手も打たないうちに相続が開始し、思わぬトラブル発生に慌てることになるのです。 では、相続トラブルの原因となる要素、それを防ぐための対策を考えてみましょう。 「争続」となってしまう……

  • 遺言書の種類・書き方・作成方法や法的効力をわかりやすく解説【行政書士監修】

    終活ブームの流れを受けて、財産を整理したり、エンディング・ノートを書いたりする人が増えています。でも、遺言書の作成となると、「正しい書式で書かないと無効になるんでしょ?」「手間暇かかりそうで面倒そう」といった印象があるせいか、ハードルが高いようです。 この記事では、そもそも遺言書とはどういうものなのか?遺言書を作成することでどんなことができるのか?というこ……

  • 遺産分割について|遺産分割のための手続きと注意点。トラブルを防ぐためのポイント【行政書士監修】

    遺産分割とは、遺産を残した人(被相続人)が遺言をせずに死亡した場合に、誰(どの相続人)が、どの遺産を受け取るかを確定させる手続きです。 相続が開始すると、被相続人の財産は、全相続人の共有・準共有状態になります。この共有・準共有状態を解消させる手続が遺産分割です。相続人同士で十分にコミュニケーションをとりながら進めていかないと、遺産の内容や家族の関係によって……

  • 相続欠格・廃除とは?特定の相続人に相続させない方法を詳しく解説

    相続人にふさわしくない人もいる 民法では、法定相続人(民法で定められた範囲の相続人)と呼ばれる一定の「相続権を持つ人の範囲」が決められています。 しかし、中には相続財産を渡すのにふさわしくない人もいるため、「相続欠格」「廃除」と呼ばれる手続きにより相続人から除外する制度があります。 「相続欠格」とは? 民法による法定相続人は、被相続人(亡くなった人)……

  • 相続税の基礎知識|相続税の対象になる財産と計算方法、控除額、申告と納税の仕方【税理士監修】

    相続に関する法律や制度の改正により、一部のお金持ちだけでなく一般の人にも身近になった相続税。かつての相続税は相続件数の約4%のみが課税対象で、一部の富裕層のみに関係する税金でした。しかし、平成27年の税制改正では基礎控除額が大幅に引き下げられ、課税対象者が約2倍に拡大しました。現在では首都圏を中心とする不動産価格の上昇も相まって、対象者はさらに増加傾向にあり……

  • 相続と法定相続人|相続人の範囲と相続順位、法定相続分について【行政書士監修】

    相続とは、亡くなった人の遺産を血縁者などに引き継ぐことを指します。 相続には大きくわけて、遺言による相続と法律の規定に基づく相続の2つのタイプがあります。遺言がある場合には、基本的に遺言による故人の意志を尊重した相続となりますが、遺言がない場合には法律の規定に基づく相続がおこなわれます。また、相続人については、「法定相続人」として民法で定められた順位に従っ……

230件中111】~【120件の表示

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス