1分で診断!
あなたに必要な相続手続き

4つの質問に答えるだけで、あなたに必要な相続手続きがわかります。面倒な手続きも多いですが、まずはやるべきことをきちんと把握することが大事です。

「法改正」の検索結果 81件
  • 相続手続きをしなかったら、どうなる?

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2019年11月19日に公開された記事を再編集したものです。身近な人が亡くなって気分が落ち込んでいる時に、相続手続きを進める気には中々ならないかもしれません。 しかし、相続手続きをしないことによるデメリットもあります。 この記事では、相続手続きをしなかったらどうなるかについて説明します。 是非、参考にして……

  • 自筆証書遺言の改正点をわかりやすく説明!

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2019年10月2日に公開された記事を再編集したものです。2018年7月6日、相続に関する民法等の規定を改正する法律が成立し、13日に公布されました。 今回の改正は、約40年ぶりの相続法の大きな見直しです。 相続法の改正点は多岐にわたりますが、この記事では、自筆証書遺言についての改正点について、詳しくわかり……

  • 自筆証書で遺言を書く場合に注意しなければいけないことはどんなことですか?

    質問者:I.C 自筆証書遺言は法的要件が多く、それが1つでも欠けると無効になってしまうため注意しなくてはなりません。 自筆証書遺言の要件 自筆証書遺言とは、自宅などで遺言者が自分の準備した筆記用具で作成する遺言書です。公正証書遺言のように費用がかからず、一見、とても手軽に見えますがそこには大きな落とし穴があります。 自筆証書遺言を確実に有効な遺……

  • 自筆証書、公正証書、秘密証書と3つの遺言それぞれのメリットとデメリットを教えてください。

    質問者:M.T 遺言書を作成する際、どの方法ですべきか悩む人もいるでしょう。遺言書は自分の最終意思を表示する重要な文書のため、作成方法の選択も慎重に行う必要があります。 自筆証書遺言のメリットとデメリット 自筆証書遺言は文字通り、自分自身で全文、日付及び氏名を自筆し、押印することによって成立するものです。 メリットは、何といっても費用がかからない点に……

  • 嫡出子でない子の相続分が少し前に変わったと聞きましたがどのようになったのでしょうか?

    質問者:H.K 以前は、嫡出子と非嫡出子には法定相続分(民法で定められた相続分)に差をつけられていましたが、数々の裁判を経て、現在ではそれらの法定相続分は同一になっています。 嫡出子と非嫡出子とは何? 嫡出子とは「法律上、婚姻している夫婦の間に生まれた子供」であり、非嫡出子は「婚姻関係にない男女の間に生まれた子供」のことです。 ただ、この言葉自体が差別……

  • 親の世話をみているので他の兄弟より多くの相続をもらえますか?

    質問者:Y.H 兄弟の間で実家との関わり方、介護の面などで差がついてしまうことはよくあります。しかし基本的に相続分というのは親に対する貢献度により変わってくるものではありません。 子供の間での相続分は基本的に平等 遺言書で被相続人(亡くなった人)が別段の定めをしている場合はともかく、遺言書がないのであれば子供の間では相続分は完全に平等です。 以前は非嫡出……

  • 録音した口約束は遺言として認められますか?

    質問者:S.M 日本の民法では、法的に遺言として認められるものは厳格に定められていますので、この様式が守られていないものは遺言としての効力がありません。有効な遺言とされるためには下記のような方式で書面に残す必要があります。 普通方式の遺言 遺言書の作成方式は、いくつかのスタイルが法律で定められています。その中でもよく使われるものとして「普通方式」が……

  • 遺言を残すにもお金がかかると聞きました。いくらくらいかかるものでしょうか?

    質問者:K.U 遺言書を作りたいと思っているが、費用の面が気になるという人も多いようです。そこで、通常の状況で使われることが多い形式の遺言について、その概要と費用、どれを選んだらよいのかの目安を考えてみましょう。 公正証書遺言 あらかじめ作った遺言の文案につき、公証役場で公証人の「お墨付き」をもらう形式です。公証人と証人2人の前で遺言者が本人確認を受け、……

  • 不動産の相続税で損しないために絶対に知っておくべき全知識を総まとめ

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2019年5月21日に公開された記事を再編集したものです。本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2019年5月21日に公開された記事を再編集したものです。不動産を相続する際に、相続税がいくらかかるのか、また、相続税を安くする方法はないのかという点が気になるでしょう。 この記事では、不動産にかかる……

  • 遺言書を作成すべきケースと無効とならない作成方法、専門家の選び方

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2019年5月13日に公開された記事を再編集したものです。多くの人は、死を意識する年齢になってくると、自分の死後に残された家族が困らないように、遺言書の作成を検討するようになります。 遺言書を作成しようとしたときに、次のような疑問が浮かぶことがあります。 遺言書は作成した方がよいのか……

81件中61】~【70件の表示

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス