1分で診断!
あなたに必要な相続手続き

4つの質問に答えるだけで、あなたに必要な相続手続きがわかります。面倒な手続きも多いですが、まずはやるべきことをきちんと把握することが大事です。

「兄弟」の検索結果 230件
  • 金融機関(ゆうちょ銀行)の相続手続きについて【行政書士執筆】

    財産調査を行う際や遺言書または遺産分割協議書の内容を反映させる際には金融機関での手続きが必要になります。金融機関には都市銀行やゆうちょ銀行、信用金庫など様々な手続き先が存在し、それぞれで異なる方式を採用していることも多いのです。 この記事では金融機関での相続手続について、特にゆうちょ銀行に重点を置いてその手続きについて解説します。メガバンクについての手続き……

  • 限定承認|相続の方法【行政書士執筆】

    相続は、とても複雑で多くの手続きがあります。 例えば、死亡届や葬式の準備、口座解約のための金融機関とのやり取り等全てを挙げようとしたら気が遠くなってしまうかもしれません。 しかし、相続は被相続人に関する手続きだけをすればよいわけではありません。 今回は、状況に応じて相続人がしなければならない、またはすべきではない相続の方法を見ていきます。 相続の方法……

  • 遺言書|遺したい人に遺すための書き方【行政書士執筆】

    民法では、相続人の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及び配偶者(妻)……

  • 遺言書が必要になる場面、個別の事情があるとき【行政書士執筆】

    民法では、相続人が開始した場合の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及……

  • 亡くなった人の借金で慌てないために|借金の確認方法から相続放棄まで全解説

    生前から借金があることがわかっていれば、ある程度の準備ができますが、亡くなってから多額の借金がありことがわかり、パニックになってしまうケースがあります。また、借金の有無や額が不明なまま亡くなってしまったときには、相続人自身で借金の全容を確認しなければなりません。 この記事では、亡くなった人の借金で相続人とその家族が慌てたり、苦しんだりすることにならないよう……

  • 相続放棄にかかる費用。自分でする時と専門家に依頼する場合をケース別に【司法書士監修】

    相続放棄にかかる費用には、家庭裁判所に支払う手数料や書類の請求にかかる手数料などがあります。また、専門家に依頼する場合にはその費用も発生します。この記事では、相続放棄の手続きに共通してかかる手数料、ケースによっては必要な費用、さらに専門家に依頼する場合の費用相場など、相続放棄の手続きにかかる費用とその内訳をご説明します。 この記事はこんな方におすすめ:相続……

  • 親の借金は相続放棄するだけでは危険!相続放棄の手順と守るべきマナー

    被相続人に借金があっても、相続放棄をすることで、相続人は借金を引き継ぐことなく自身の生活を守ることができます。しかし、あなたが相続放棄をした借金は、消えてなくなるわけではありません。あなたの代わりに相続人になった人に返済義務が移るだけなのです。 本記事では、あなたが相続放棄をすることによってどのように相続権が移るのか、どうすれば誰にも借金を背負わせることな……

  • 故人の預金はいくらある?被相続人の口座の残高を調べる方法【行政書士監修】

    残高証明書の取得方法は、各金融機関によって違いが! 相続の手続きでは、被相続人(亡くなった人)の残高証明書を口座名義人ではない相続人が請求することになるため、手続きは煩雑になります。 相続に強い専門家を無料でご紹介。相続のお悩みには「いい相続」の無料相談をご活用ください。 遺産分割協議や相続税の申告をするときには、預貯金の正確な……

  • 【寄稿】日本に住んでいる韓国人の方の相続税申告と相続手続の全て

    このページでは、韓国籍を持ったまま日本にお住まいだった在日韓国人の方が亡くなられた場合の、日本と韓国双方の相続手続と相続税申告の仕組みについてご説明します。 相続は被相続人の国籍がある国の民法に基づきます 日本では、外国籍の方が亡くなられた場合には、被相続人の本国の相続法に基づいて相続手続をおこなうよう定められています。韓国の法律でも、被相続人の本国法に……

  • 1.6億円までであれば相続税が非課税となる配偶者控除|計算方法と留意点。「小規模宅地等の特例」との併用

    相続税の負担を軽減する制度の中で最大級の効果があるのが配偶者控除です。配偶者控除が適用されると、配偶者が相続した財産のうち少なくとも1億6,000万円までは、相続税はかからないことになります。配偶者にとってはメリットの大きい制度ですが、安易な使い方をすると後に子供に思わぬ税負担がかかることもあります。2次相続まで考慮した節税対策が必要です。 この記事では、……

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス