注目のQ&A

父と生前家族信託を契約していた兄とどこが変わり...

質問者:Y.T

父は兄と生前家族信託を契約していましたが、次男の私と相続の際にどういったことが変わってくるのでしょうか?

  • 回答:遺産相続なび

    家族信託(民事信託)とは、自分の老後に不安のある人が信頼できる家族に自分の財産の管理や処分を任せることのできる制度です。裁判所によって選任される「成年後見人」よりもフレキシブルで使い勝手がよい面も多く、今後注目度が上がると思われます。

    ◎家族信託の仕組み

    人が高齢で判断能力が低下した時に利用できる制度の一つに「成年後見」があります。これは、家庭裁判所が選任した後見人が被後見人(判断能力がなくなった本人)の財産を代わりに管理するというものです。ただ、被後見人が実際に判断能力を失っていなければ後見人はつけられないので実際には被後見人の意思が財産管理に反映されていないこと、後見人が就任した後も裁判所の監督を受けているため財産に対する制約が多いことなど欠点も指摘されています。
    これに対し 家族信託とは「まだ自分が元気なうちに財産を管理してくれる人を決めておきたい」「ただ、自分が生きている間は財産管理のルールを自分で決めたい」という人にも利用できるため、より本人と家族の意思を高いレベルで実現することができます。 たとえば相談者のように、父が生前信託(遺言代用信託)を利用して長男に財産管理をしてほしいと考えているとすると、父が委託者(管理を任せる人)、長男が受託者(管理を任せられる人)、父が受益者(その管理による恩恵を受ける人)という形の契約になります。生前信託とは、遺言信託とは異なり、委託者の生前に信託契約の効力が生じるところが特徴です。

    ◎委託者である父が亡くなるとどうなる?

    遺言代用信託を利用すると、委託者である父が亡くなった後、あらかじめ指定された受益者に信託財産をすみやかに引き継ぐことができます。(なお、委託者は生前であればいつでも自分の死亡後に予定する受益者を変更することができます)
    つまり、もし兄が遺言代用信託の受益者になっていたとすると、弟との間で何らの遺産分割協議を経なくても父の死後すぐに信託財産を承継できることになります。また「後継遺贈型受益者連続信託」といって、現受益者の有する受益権がその受益者の死亡によってあらかじめ指定された者に順次承継される定めのある信託契約を締結することもできます。
    通常の相続では相続財産の名義人が亡くなると預金口座はロックがかかりますし、その他の財産も遺産分割協議が成立するまでは各相続人が勝手に処分することができません。場合によっては葬儀費用すら出せない状況になることもあるのですが、遺言代用信託ではそのような問題を回避することができます。

    関連記事 ・遺言 ・相続財産

【カテゴリー】

教えて!相続 ー人気ランキングー一覧