注目のQ&A

建て直しもできないような路地奥の空き家と証券を...

質問者:H.K

建て直しもできないような路地奥の空き家と証券を相続しました。証券はいいのですが、空き家は住むこともないし、売るのも面倒なのでこの物件だけ相続放棄は可能ですか?

  • 回答:遺産相続なび

    相続放棄は被相続人(亡くなった人)の名義になっていた一切の財産と負債を最初から相続人でなかったものとして放棄することですので、特定の財産についてだけ放棄することはできません。

    ◎相続放棄の意味

    相続放棄とは、被相続人が死亡して自分が相続人となったことを知ってから3カ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述をして、認められれば最初から相続人ではなかったことになるという制度です。 相続人同士で相続財産に帰属について話し合う「遺産分割協議」と混同されがちなのですが、家庭裁判所への手続きを行わず、相続人の話し合いで欲しい財産を指定しただけならそれは相続放棄ではありません。
    相続放棄においては全相続財産と負債をいっぺんに放棄することになるため、もちろん負債のみの放棄はできませんし、自分に都合の良い財産は相続し、要らないものを放棄するということもできません。 この質問者様の場合も、不動産を相続放棄して証券だけを相続する方法はないと考えておかなくてはなりません。
    実際に相続放棄をするケースは、ほとんどは「負債が財産よりも多い」または「被相続人と相続人の関係、あるいは相続人相互の関係が悪いので相続自体に関わりたくない」といった 理由で行われています。

    ◎空き家や土地を活かす方法

    どうしても空き家やその存在する土地を相続したくなかったとしても、他の相続財産との関係で放棄をすること自体が難しい場合、相続した後でどのように活用するかを考えなくてはなりません。 建て直しが難しい空き家については、取り壊し時期が来るまでの間賃貸に出すという方法も考えられます。ただ、取り壊しをしたい場合に立ち退きのトラブルになることもありますので、あらかじめ定めた期間が満了することによって契約を終了させられる「定期借家契約」にしておくのも選択肢の一つです。
    また、ある程度老朽化している建物であればいっそ取り壊して土地として活用する方法もあります。 土地活用の方法として代表的なのは駐車場ですが、その他に近年、メジャーになりつつあるのがトランクルームです。比較的、設備投資も少なめで済み、メンテナンスの手間も抑えられることから人気が出ているようです。
    実際、どのように活用していくかは土地の面積や立地条件、周囲の環境(商業地か、住宅地かなど)により大幅に異なると思われるため、税理士や不動産業者など専門的知識のある人への相談が欠かせないでしょう。
    ただ、業者の場合は営業的な観点から、あまり所有者のメリットにならない提案をすることもあるため、その意見を鵜呑みにしないようにすることも大切です。

    関連記事 ・相続放棄

【カテゴリー】

  • 相続税
  • 相続登記

教えて!相続 ー人気ランキングー一覧