1分で診断!
あなたに必要な相続手続き

4つの質問に答えるだけで、あなたに必要な相続手続きがわかります。面倒な手続きも多いですが、まずはやるべきことをきちんと把握することが大事です。

相続の無料相談と相談に強い専門家紹介

メニュー

相続でお悩みの方に、全国の税理士・行政書士・司法書士・弁護士など相続に強い専門家をお引き合わせするサービスです

専門スタッフによる「無料相談」受付中!
phone 0120-932-437
無料通話 / 平日9時-19時 / 土日祝9時-18時

相続の専門家を資格から探す

57850件中1〜10件表示

※いい相続非提携専門家も含みます。

  • 弁護士法人リーセット

    • 遺言書
    • 遺留分
    • 遺産分割
    • 紛争・争続
    • 相続調査
    • 相続放棄
    • 成年後見
    • 相続手続き
  • 弁護士法人リブレ岡崎主事務所

    弁護士法人リブレ岡崎主事務所
    • 初回面談無料
    アクセス
    名古屋鉄道「東岡崎駅」/JR「岡崎駅」

    愛知県全域に対応できる地域密着型の法律事務所

    愛知県エリアで名古屋市、一宮市、岡崎市、半田市の4カ所に事務所を設立し、愛知県全域に対応できる地域密着型の法律事務所を目指しております。 所属する各弁護士が、普通の弁護士が扱っていないような専門事件を多数扱っており、一般の法律事務所にはない特徴を有しております。

    • 遺言書
    • 遺留分
    • 遺産分割
    • 紛争・争続
    • 相続調査
    • 相続放棄
    • 成年後見
    • 相続手続き
  • 札幌イリス法律事務所

    アクセス
    北海道札幌市中央区南3条西8-2-1SAKURA-S3 L室
    • 遺言書
    • 遺留分
    • 遺産分割
    • 紛争・争続
    • 相続調査
    • 相続放棄
    • 成年後見
    • 相続手続き
  • 衛藤二男法律事務所

    アクセス
    熊本県菊池郡菊陽町原水1157-3 ラ・ブリーズ菊陽104
    • 遺言書
    • 遺留分
    • 遺産分割
    • 紛争・争続
    • 相続調査
    • 相続放棄
    • 成年後見
    • 相続手続き
  • 弁護士法人きわみ事務所 大阪オフィス

    アクセス
    大阪府大阪市北区東天満1-10-14 MF南森町2ビル11階
    • 遺言書
    • 遺留分
    • 遺産分割
    • 紛争・争続
    • 相続調査
    • 相続放棄
    • 成年後見
    • 相続手続き
  • 弁護士法人きわみ事務所 東京オフィス

    アクセス
    東京都千代田区神田富山町5-1 神田ビジネスキューブ5階
    • 遺言書
    • 遺留分
    • 遺産分割
    • 紛争・争続
    • 相続調査
    • 相続放棄
    • 成年後見
    • 相続手続き
  • 弁護士法人THP秋葉原ITサイバー法律事務所

    アクセス
    東京都千代田区神田須田町1-10-42 エスペランサ神田須田町3B
    • 遺言書
    • 遺留分
    • 遺産分割
    • 紛争・争続
    • 相続調査
    • 相続放棄
    • 成年後見
    • 相続手続き
  • 山下法律事務所

    アクセス
    東京都千代田区九段北4-1-5 市ヶ谷法曹ビル704
    • 遺言書
    • 遺留分
    • 遺産分割
    • 紛争・争続
    • 相続調査
    • 相続放棄
    • 成年後見
    • 相続手続き
  • 弁護士法人はるかぜ総合法律事務所

    アクセス
    東京都港区虎ノ門3-8-26 巴町アネックス4階
    • 遺言書
    • 遺留分
    • 遺産分割
    • 紛争・争続
    • 相続調査
    • 相続放棄
    • 成年後見
    • 相続手続き
  • 愛知市民法律事務所

    アクセス
    愛知県名古屋市西区城西1-12-12 パークサイドビル2階
    • 遺言書
    • 遺留分
    • 遺産分割
    • 紛争・争続
    • 相続調査
    • 相続放棄
    • 成年後見
    • 相続手続き

専門家の保有する資格によって、得意分野は異なります。資格別に相続で依頼できるのは次の通りです。

行政書士とは

行政書士の対応できる範囲:相続に関わるほぼすべての手続き(紛争解決、相続登記等は除く)

行政書士は官公署への提出書類や権利義務・事実証明に関する書類の作成等の専門家です。相続人や相続財産の調査、戸籍謄本など必要書類の収集、遺産分割協議書の作成、銀行口座の凍結解除・名義変更・口座解約、自動車の名義変更などさまざまな手続きに対応しています。また、一般的に弁護士や司法書士などと比べ報酬額が低いため、ほかの士業に依頼するより費用を抑えて相続手続きをおこなえるというメリットがあります。一方、不動産登記はおこなえないため、相続財産に不動産がある場合、不動産の名義変更(相続登記)を弁護士、または司法書士に依頼する必要があります。
相続税が発生するケースでは相続人自身で申告するか、別途税理士に依頼する必要があります。

税理士とは

税理士の対応できる範囲:税務相談、税務書類の作成、税務調査の立ち会いなど

税理士は、税務相談に応じたり、書類作成などをおこなう税の専門家です。遺産相続を得意とする税理士は、相続税を抑えられる遺産分割の方法や特例などにも詳しく、税理士次第で納める税金が変わることもあります。正確に書類を作成することで税務調査が入る可能性も減るほか、仮に税務調査対象となった場合、税理士に立ち会ってもらうことも可能です。
なお、正味の遺産額(相続税の課税の対象となる財産の合計額)が相続税の基礎控除内(相続税の申告・納税が不要)であれば、税理士に依頼する必要はありません。

司法書士とは

司法書士の対応できる範囲:相続不動産の名義変更(相続登記)、被相続人の株式の名義変更など

司法書士は、法的に効力のある書類作成の専門家です。相続財産に不動産がある場合、相続不動産の名義変更(相続登記)を司法書士に依頼するのが一般的です。このほか、相続人調査、書遺言の検認手続、遺産分割協議書作成なども対応しています。なお、相続税が発生するケースでは相続人自身で申告するか、別途税理士に依頼する必要があります。

弁護士とは

弁護士の対応できる範囲:相続に関わるほぼすべての手続き

弁護士は、法的根拠に基づいて紛争を解決する専門家です。相続では、相続人同士の合意が得られずにトラブルに発展するケースもあります。相続人同士でトラブルがおこった場合、代理人として、依頼人の代わりに交渉がおこなえるのは弁護士だけです。また、遺産分割協議において相続人全員が納得できない場合、弁護士が入ることで問題が解決することもあります。

家族信託とは

家族信託とは、委託者(財産管理を委託する人)が、信頼できる家族や親族である受託者(財産管理を任される人)に、自分が指定した内容の財産を託す(信託)というものです。契約によって、受託者は託された財産(信託財産)を管理・運用・処分して、得られた利益を受益者のために使用します。認知症対策としても期待されますが、判断能力が著しく衰えてしまってから契約することはできません。

成年後見とは

成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な人を保護し、支援する制度です。財産管理やさまざまな契約、遺産分割の協議など、本人をサポート(代行)します。すでに判断能力が低下している人が利用できる「法定後見制度」と、十分な判断能力があるうちに、将来、判断力が不十分な状態になった場合に備える「任意後見制度」の2つがあります。

相続手続とは

相続手続とは、被相続人の財産を相続人が承継するための手続きです。相続人・相続財産の確認、遺言書の確認、遺産分割協議(遺言書がある場合はおこなわれないこともあります)、相続財産の名義変更、相続税の申告・納税(相続財産が基礎控除額を超えていた場合)というのが一般的な流れです。相続税の申告・納税の期限は、相続が発生したことを知った日の翌日から10ヵ月以内と定められています。

相続放棄とは

被相続人に多額の借金があった場合など、相続人は相続放棄することでマイナスの財産を相続せずにすみます(プラスの財産も相続できません)。また、相続放棄することで「借金の保証人になっている」「損害賠償を請求されている」といった被相続人の立場も引き継がずにすみます。第一順位である子が全員相続放棄した場合、第二順位の親に。第二順位の親もともに相続放棄した場合は、第三順位である兄弟姉妹に相続権が移ります。兄弟姉妹も相続放棄をすれば、それ以上は移りません。

相続登記とは

相続登記とは、不動産の所有者が亡くなった場合に、その不動産の登記名義を被相続人から相続人へ名義の変更をおこなうことです。相続登記には法律上の期限が定められていません(2021年1月現在)。
相続登記をおこなっていない不動産は、相続人の間で法定相続分に応じて共有されている状態となります。そのため自由に売却できない、また共有している相続人の誰かが亡くなった場合、亡くなった相続人の共有持分は、さらにその相続人の共有になり、不動産登記の手続きが複雑になる可能性があります。
なお、2021年3月、政府は土地の相続登記の義務化に向け民法や不動産登記法の改正案を閣議決定しました。改正案では正当な理由がないのに一定の期間内に申請を怠った場合は、過料が科されることになります。

相続税とは

相続税とは、相続などによって被相続人(故人)から取得した財産が基礎控除額(3,000万円+(600万円×法定相続人の数))を超える場合、その超える部分に課される税金です。相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヵ月以内に、被相続人の住所地を所轄する税務署に相続税の申告・納税をしなければなりません。なお、被相続人の配偶者の税額が軽減される制度や、一定の条件を満たせば宅地などの相続税の課税価格に算入すべき価額が減額される小規模宅地等の特例などもあります。

相続調査とは

相続が発生したら、相続人が誰なのか、またどのような資産や負債が残されているか、まず相続人と相続財産とを調査し明らかにします。
相続財産には預貯金や現金、土地・家屋などプラスの財産のほか、借入金や未払い金などマイナスの財産があることもあります。これらの財産は、遺言書や遺産分割協議の結果によって相続人に配分されます。マイナスの財産が多い場合など、相続人は相続放棄を検討する必要があります。また、生命保険金、死亡退職金など「みなし相続財産」は、遺産分割協議の対象にはなりませんが相続税の課税対象となります。

紛争・争族とは

相続では、相続財産の多い、少ないにかかわらず相続人同士で合意が得られず、遺産分割がうまくいかないことは多々あります。
例えば不動産など分割しにくい、または評価が難しい相続財産がある、遺留分を無視した遺言書で特定の相続人に偏って財産を相続させようとした、遺族が予期していなかった相続人が現れるなど、相続がトラブルに発展してしまうケースはさまざまです。
一度トラブルになってしまうと当人同士では解決は難しく、後々相続人間でわだかまりが残ってしまうことも珍しくありません。

生前贈与とは

生前贈与とは、生きている間に財産を配偶者や子、孫などに贈与することです。相続税の課税対象となる財産を減らせるため、相続税を軽減できることから、相続税の節税対策として生前贈与を考える方もいらっしゃいます。また贈与する人(贈与者)にとっては、自分が生きているうちに、あげたい財産をあげたい人に渡すことができ、さらに贈与者の死後、親族間でのもめ事を回避する効果も期待されます。

遺産分割とは

相続が始まると、被相続人の財産は全相続人が共有する状態になります。この共有状態にある相続財産のうち、誰が何を相続するか決め、分割する手続きを遺産分割といいます。
被相続人が遺言書を残している場合には、被相続人が作成した遺言書に従っておこなわれるのが一般的ですが、相続人が複数いるけれど遺言書はないという場合、相続人全員が参加する遺産分割協議によって誰が何を相続するかを具体的に決めます。また遺産分割協議で決定したことを書面でまとめたものが遺産分割協議書です。

遺留分とは

遺留分とは、法定相続人(兄弟姉妹を除く)が相続できる最低限度の相続分です。民法によって定められており、遺留分が侵害された場合、相続人には侵害額に相当する金銭を請求する権利(遺留分侵害額請求権)が認められています。

遺言書とは

遺言書とは、本人の最終的な意思を伝える法的書類です。一般的に作成されている遺言書には、「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があります。本人が全文を自筆で書く「自筆証書遺言」(財産目録はパソコンで作成したもの、不動産の登記証明書、預貯金の通帳の写しを添付でも可)を法務局で保管する自筆証書遺言書保管制度が、2020年7月から始まっています。

戸籍収集とは

戸籍とは、日本人が生まれてから亡くなるまでの「身分関係を証明する」公的な証明書類です。出生・結婚・死亡・親族関係などについて、登録・公証します。相続手続きでは、被相続人の法定相続人が誰なのかを証明するため、被相続人が出生してから死亡するまでに作られたすべての戸籍をさかのぼって順に取得する必要があります。また、相続人の現在の戸籍も取得し、相続開始時点で生存しており相続の権利があることを証明します。

銀行手続きとは

銀行預金の相続手続きは、①被相続人の取引していた銀行に連絡(口座の凍結)、②残高証明書の取得、③遺産分割協議をおこない遺産の分割内容を決める、④銀行に連絡し口座の解約などの手続きをおこなうという流れが一般的です。被相続人の口座を凍結すると、原則、預金の相続手続きが完了するまでお金を引き出すことはできません。ただし、2019年7月施行の改正相続法により、定められた範囲内であれば、遺産分割が終わる前でも相続人単独で預金を払い戻せるようになりました。なお、貸金庫に入っていた財産も相続の対象になります。

全国で相続に強い専門家

相続を依頼できる全国の専門家事務所をご案内。
「いい相続」では、相続でお悩みの方に、相談内容に応じた相続の専門家(税理士・司法書士・行政書士・弁護士)を無料でご案内します。

「いい相続」に依頼するメリット

  1. 1

    全国の“相続に強い専門家”を紹介

    「いい相続」では、行政書士・税理士の中でも、特に相続分野に強い専門家と提携をしており、紹介手配することが可能です。

  2. 2

    相談内容に沿った最適な士業をご案内

    「いい相続」では、お客様一人ひとりのご相談内容や状況に応じて、必要な手続きを明らかにし、最適な士業をご案内しています。

  3. 3

    手続きにかかる費用を抑えることができます

    「いい相続」では、業務内容ごとに依頼先を精査し、なるべくお客様の総額費用が抑えられるような提案をしています。

  4. 4

    お急ぎの方は最短で翌日面談が可能

    「いい相続」では、専門相談員がお客様のご都合にできるだけ沿えるよう面談日を調整しています。お急ぎの方は最短で翌日の面談が可能です。

  5. 5

    オンライン面談ができる

    「いい相続」では、コロナウイルスが心配な方のために、オンライン面談も承っています。(対応可能な士業が限られます。詳しくはお問い合わせください。)

相続・遺言の専門家探しを
いい相続が無料サポート!

無料通話 平日 9時~19時 / 土日祝 9時~18時


24時間気軽に相談

相続・遺言の専門家探しをいい相続が無料サポート!

電話での無料問い合わせ

phone

0120-932-437

無料通話 平日 9時~19時 / 土日祝 9時~18時


24時間受付

いい相続お客さまセンター

相続・遺言の専門家探しを
いい相続が無料サポート!

▼電話相談(無料)はこちらから

phone

0120-932-437

無料通話 平日 9時~19時 / 土日祝 9時~18時


24時間気軽に相談

相続のお悩み解決特集

いい相続お客さまセンター

相続・遺言の専門家探しを
いい相続が無料サポート!

▼電話相談(無料)はこちらから

phone

0120-932-437

無料通話 平日 9時~19時 / 土日祝 9時~18時


24時間気軽に相談

search相続の専門家を探す

forum教えて!相続 ー人気ランキングー 一覧

forum教えて!相続 ー人気ランキングー 一覧

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス