おすすめの専門家 ―新着情報―

教えて!相続 ー人気ランキングー一覧

“遺産相続なび”について

東証一部上場 “遺産相続なび”の運営は、1984年創業の出版社である株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)が行っています。

“遺産相続なび”は、供養・仏事を中心にエンディング領域に関する情報提供を行っている鎌倉新書が全国の弁護士・税理士等の専門家と連携し、 相続手続きについてお困りの方の助けとなるよう2011年に開設いたしました。
これまで相続税は、すべての相続発生件数に対しその4%位にしか課税されませんでした。その理由としては 「基礎控除(ここまでの財産には相続税をかけない=申告そのものが要らないという基準額)」が非常に大きかったからです。 しかし2015年1月1日より基礎控除は従来の6割にまで引き下げられました。これにより2015年の1年間に発生した相続における相続税課税割合は8%、つまり従来の2倍にまで上昇しています。(国税庁「平成27年分の相続税の申告状況について」)
しかもこれは全国をトータルで見た割合ですので、特に東京、大阪など大都市圏ではさらに割合が上昇します。 親から持ち家を相続しただけでも相続税が課税される可能性が出てきたのです。今まで「富裕層以外は関係ない」と思われていた相続税ですが、今後はより多くの人がその内容を知り、早めに対策をする必要に迫られることになります。 ただ、相続税対策というのは一筋縄ではいかないことも多く、単に節税するだけではなく相続人間の紛争対策、納税資金確保のことも考えておかなければなりません。
“遺産相続なび”では相続に関する情報提供の他、こういった各種対策を適切に行うための相談も承りますし専門家のご紹介もしています。 相続の専門家が親身になってお手伝いさせていただきますので、どんな内容でもお気軽にご相談ください。