• 事業承継にかかる相続税|相続税・贈与税の納税猶予制度、事業承継税制のメリット・デメリット

    後継者に事業を引き継いでもらう「事業承継」。この記事を読んでいる方の中にも、ご自身の子どもや親戚縁者、また親族ではなく事業に精通した従業員にゆくゆくは事業承継をしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。さて、事業承継の際に高いハードルとなる要因のひとつに、贈与税と相続税があります。きちんと準備しておかないと後継者に引き継ぐことで、経営の屋台骨を揺るがす……

  • 相続時精算課税制度の選択|節税効果と注意点、暦年課税制度との比較

    相続税の節税対策として生前贈与を考える際に活用できる制度には、年間110万円まで非課税で贈与できる暦年課税制度と、一生涯に合計で2,500万円まで非課税になる相続時精算課税制度があります。 2,500万円も非課税になるなら、相続時精算課税制度を使って一度にまとめて贈与しようと考えたくなりますが、この制度にはメリットだけでなくデメリットもあります。 この記……

  • 相続税の申告手続き|申告・納税までの流れと期限、必要書類。延滞時のペナルティー

    相続が発生した際に気になる相続税。2015年に施行された相続税法(民法)の改正により、相続税が課税される割合は8%程度と、それ以前の倍近くに増えています。 この記事では以前よりも身近な問題となってきた相続税申告について、相続税申告申告までの流れ、相続税申告の期限、相続税申告書の書き方、相続税申告に必要な書類などをご説明します。 相続税申告の流れを確認 ……

  • 生前贈与に生命保険を活用|相続対策から見たメリットとデメリット

    自分の意思で資産を子や孫などに譲ることができる生前贈与は、相続税対策の面でも効果が期待できる方法です。住宅取得資金や教育資金、結婚・子育て資金など、子供のライフイベントに合わせた生前贈与もありますが、もうひとつ考えたいのが、生命保険を活用した生前贈与です。   この記事では、生前贈与に生命保険を活用する場合のメリット、デメリットや注意点などにつ……

  • 生前贈与の手続きは自分でできる?現金・不動産・株式など生前贈与のポイントや注意点

    2015年の税制改正により相続税の課税対象者が大幅に増加したこともあり、生前贈与が注目を集めています。 相続税を減らせるケースがあるほか、自分が生きているうちに子どもや孫に資産を有効に使ってほしい、死後に遺族に揉めてほしくないといった希望を叶えるためにも役立つ生前贈与の手続きを解説します。 この記事では、生前贈与や暦年贈与に必要な手続き、現金や土地・家屋……

  • 遺言信託、民事信託、家族信託の違いとメリット・デメリット

    相続に関する解説書やパンフレットを読んでいると、しばしば「遺言信託」というキーワードを目にします。一般的には、信託銀行などの信託会社が提供している「遺言信託サービス」を指すことが多いようですが、実はそれ以外にも重要な意味が含まれているのです。   例えば最近、相続対策のひとつとして注目されているのが「民事信託」や「家族信託」です。 自分の財産……

  • 法定相続分と法定相続人|法定相続人の相続順位や法定相続分の計算方法

    相続人の範囲や法定相続分は、民法で定められています。故人、被相続人が有していた財産や権利、義務などを相続人が受け継ぎますが、その受け継ぐ内容については、被相続人の意思が尊重されつつも法律によって基本的なことが定められています。 この記事では法定相続分の概要、状況別の法定相続分の計算方法、法定相続分に関する注意点やよくある疑問など法定相続分のご説明のほか、法……

  • 公正証書遺言の作成方法/流れ・費用・必要書類と遺言書の種類別一覧

    遺言書には、主に自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言の3種類があり、それぞれ作成方法、保管方法、相続発生後の手続きなどが異なっています。 遺言の内容に合わせてどの種類の遺言書にするのかを選びますが、そのためにはそれぞれの遺言書の特徴を理解しておく必要があります。 この記事では遺言書の中でも特に公正証書遺言の特徴をほかの遺言書と比較しながら見て……

  • 遺品整理の方法、流れと注意点|自分で整理する場合と遺品整理業者に依頼する場合の費用やメリットデメリット、トラブルなど

    遺品整理とは、故人の遺した遺品を整理し、遺族で分配したり処分をしたりすることです。遺品整理の進め方については、決められたルールや期日があるわけではありません。遺族にとっては葬儀の後、さまざまな手続きなどがあるだけでなく、大切な方を失った負担も大きくのしかかります。そのため、遺品整理がなかなか進まないといったケースも多数あるようです。そこで、遺品整理を進めるう……

  • 相続人が必ずもらえる遺留分|計算方法と侵害された時の対処法、遺言書での注意点

    相続税対策のために生前贈与を考えたり、遺言書を作成したり、相続の準備をしている方も増えています。しかし、相続のことを考えるなら、同時に遺留分についても考慮する必要があります。 遺留分とは、民法で定められた相続人が相続できる最低限の取り分のことです。法律で守られているので、相続の際に著しい不公平があった場合も、遺留分は取り返すことができます。また遺留分を請求さ……

26件中1】~【10件の表示

いい相続の士業紹介サービス

無料ご要望に合わせて適切な士業をご紹介

0120-932-437

平日

9:00〜18:00

土日祝

9:00〜17:00

無料相談をする