• 日本に住んでいる韓国人の方の相続税申告と相続手続の全て【税理士寄稿】

    このページでは、韓国籍を持ったまま日本にお住まいだった在日韓国人の方が亡くなられた場合の、日本と韓国双方の相続手続と相続税申告の仕組みについてご説明します。 相続は被相続人の国籍がある国の民法に基づきます 日本では、外国籍の方が亡くなられた場合には、被相続人の本国の相続法に基づいて相続手続をおこなうよう定められています。韓国の法律でも、被相続人の本国法に……

  • 漢字の成り立ちから読みとく、遺言の意味

    11月15日は「いい遺言(いごん)の日」です。 相続に関する意識を日ごろから高める目的で、2006年にりそな銀行が制定しました。同様の記念日は、4月15日の「遺言の日」(日本弁護士連合会)、1月5日の「遺言の日」(日本財団)などもありますが、それだけ相続や遺言に関心が高まっているということかもしれません。 今回は、「遺言」という言葉にはそもそもどのような……

  • 相続放棄をすると生命保険はどうなるの?|相続放棄したときの生命保険の扱いや税金についてご紹介

    相続放棄を検討するときには、被相続人の財産を正しく把握することが大切です。土地や家のような財産は、価値がわかりにくいため計算するうえで注意が必要になります。これとは別に、取り扱いそのものがわかりにくいもののひとつが生命保険です。 この記事では、相続放棄をしたときの生命保険の取り扱い、被相続人の生命保険にかかる税金、相続放棄しても受け取れるお金、税金の控除な……

  • 検認は遺言書の内容を証明する方法!制度の概要や手続き方法を解説【税理士監修】

    亡くなった方の遺言書(いごんしょ)が出てきた場合、どうすればいいかご存じですか?検認は遺言書に対して必要となる手続きのひとつ。裁判所に遺言書を提出して内容の確認をおこないます。大切なご家族が亡くなると悲しみに浸る間もなくさまざまな手続きが必要です。検認についてあらかじめ知っておき、万一の際に役立てましょう。 この記事では、検認の目的や手続き方法とあわせて遺……

  • 遺言で寄付をするなら知っておきたい!遺贈寄付で失敗しないための6つのポイント【行政書士監修】

    遺産は遺言を使って自由に寄付できます。 自分と志を同じくする人や応援したい団体に遺産を託したい。自分の遺産を誰かの役に立ててもらいたい。財産の持ち主であるあなたが望むなら、遺言による寄付を考えてみてはいかがでしょう。 この記事では、遺言による寄付の種類や寄付時の注意点など、遺言による寄付をする際に知っておきたい知識をご紹介します。 この……

  • 火葬や埋葬、改葬に必要な手続き【行政書士執筆】

    親族が亡くなった場合、まず始めに病院などが発行する死亡診断書や死体検案書と共に死亡届を提出します。そしてその次に行う手続きが火葬許可証を発行して行う火葬と埋葬許可証を発行して行う納骨です。また、お墓の場所が遠いという理由などでお墓の場所を変える場合には「改葬」という手続きが必要になります。この記事では、「火葬」「埋葬」「改葬」の手続きなどについて詳しく紹介し……

  • 単純承認|相続の方法【行政書士執筆】

    相続は、多くの煩雑な手続きがあります。 例えば、死亡届や葬式の準備、口座解約のための金融機関とのやり取り等細かいものまで挙げたら途方もなく感じてしまうかもしれません。しかし、相続は被相続人に関する手続きのみをすればよいわけではありません。 今回は、状況に応じて相続人がしなければならない、またはすべきではない相続の方法を見ていきます。 相続の方法 相続……

  • 遺言がないことで相続争いが生じることも!?遺言に関するQ&A【行政書士執筆】

    「遺言」という言葉、この言葉を聞いたことがあるという方がほとんどではないでしょうか。しかし、なんとなくのイメージはあっても、「遺言」が何か?と聞かれると正確に答えられる方は少ないと思います。 「遺言」とは、一般的には残された遺族の方に向けたメッセージとしての意味合いで使われているかもしれません。しかし、遺言は、自分が生涯をかけて築き、かつ守ってきた大切な財……

  • 遺言の執行に関する手続き|遺言執行者の義務と権限、遺言執行の流れ【行政書士執筆】

    親族が亡くなった場合に、遺品の整理をしていると「遺言」が見つかることがあります。遺言が見つかった場合に、どういった流れで何をすればよいのでしょうか。 今回は遺言の執行に関する手続きについて、遺言執行人の選任から、遺言執行者の義務と権限、遺言執行の流れについてご説明します。 遺言とは まず、遺言とは何かを簡単に説明していきます。遺言とは、被相続人の最後の……

  • 遺言書が必要になる場面、個別の事情があるとき【行政書士執筆】

    民法では、相続人が開始した場合の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及……

144件中1】~【10件の表示