初回面談無料!相続手続き・遺言など相続のお悩みをプロが解決

滋賀県
相続に強い専門家
無料ご紹介

いい相続専門スタッフ 無料電話相談受け付け中

お電話での無料ご相談
phone_in_talk

0120-932-437

通話無料/平日9時~21時/土日祝9時~18時

かんたん入力1分
mail_outline

ネット無料相談

いい相続とは

keyboard_arrow_right

滋賀県で相続に強い専門家

相続を依頼できる滋賀県の専門家事務所をご案内。
「いい相続」では、相続でお悩みの方に、相談内容に応じた相続の専門家(税理士・司法書士・行政書士)を無料でご紹介します。

滋賀県の相続事情

「相続をすることになったけれど、滋賀県ではどのように手続きをすればいいのだろう?」「滋賀県に住んでいる人はどんなふうに相続を行っているのだろう?」と疑問に思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

ここでは、滋賀県の遺産相続の実態や手続きのお役立ち情報をご紹介します。

滋賀県の不動産事情

まずは滋賀県の遺産相続の実態をご紹介します。相続財産の大きな割合を占める不動産事情から見ていきましょう。 国土交通省の都道府県地価調査(平成30年)によると、滋賀県の住宅地の平均地価は46,400円/㎡で全国14位。92,200円/㎡の草津市、75,600円/㎡の大津市など特に高い地域もあります。

また、滋賀県では持ち家率が約71.64%(2018年)で全国10位。相続の際には故人の方の名義の不動産がなかったか必ず確認しましょう。 不動産の評価は相続税申告の必要性を見極める上でも重要になりますが、評価の仕方はかなり複雑です。一度税理士や不動産鑑定士などに相談すると良いでしょう。

滋賀県の預貯金事情

つづいて預貯金について見ていきましょう。 県庁所在地別に出された2018年の政府統計(家計調査 貯金・負債編)の結果によると、滋賀県大津市の二人以上世帯1世帯あたりの貯蓄額は1,914万円。全国47の県庁所在地のうち14位となっています。

滋賀県津市の貯蓄の内訳を見ると、定期性預金が43.6%と全国平均より高くなっています。滋賀県の方はコツコツと貯金をするのが得意な傾向にあるのかもしれません。

銀行の定期預金などの解約は一般的に、多くの書類が必要になる煩雑な手続きです。被相続人の預金がどこにあるのかをきちんと把握し、場合によっては行政書士などに相談しながら必要書類を集めていきましょう。

滋賀県の相続税事情

滋賀県の相続税事情を見ていきましょう。

国税庁の発表によると、平成28年分の滋賀県全体で相続税の課税割合は7.1%で、都道府県別では全国16位。他の都道府県と比較するとやや高い割合となっています。

滋賀県は前述の通り貯蓄高および持ち家率が高めの地域ですので、事前に相続財産の洗い出しや試算をしておいたほうが安心です。実際に相続税申告の対象となった場合には、税理士に申告を依頼するのが一般的。遺産相続なびではお近くの相続に強い税理士を無料でご紹介していますので、少しでもご不安がある場合にはお気軽にお問い合わせください。

遺言書を発見したら

故人の遺言書を見つけたときにはどうしたら良いのでしょうか。

そもそも遺言書の種類には、「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3つがあります。
  • 自筆証書遺言…本人が手書きで作成し、自身で管理する遺言
  • 公正証書遺言…公証役場で公証人(法律の専門家)に作成してもらい、公証役場で管理される遺言
  • 秘密証書遺言…本人が作成して封印し、公証役場で存在を証明してもらう遺言


注意すべきは、このうち自筆証書遺言と秘密証書遺言については家庭裁判所で「検認」の手続をすることが必要だということ。検認とは、遺言書を見つけた人が家庭裁判所にそれを提出し、相続人などの立ち会いのもとで開封、内容の確認をすることです。

封印されている遺言書を勝手に開封してしまうと、遺言が無効になるわけではないものの、5万円以下の過料に処される可能性があります。なお、2020年7月から始まる法務局での遺言書保管制度を利用した場合は、検認は不要になります。

遺言書の検認には1ヶ月程度かかります。検認が終了するまでは、遺言書の内容を知ることはできません。相続放棄は3ヶ月以内、相続税の申告は10か月以内に行う必要があるので、遺言書の検認手続は速やかに行っておく必要があります。遺産分割協議の際にも遺言書は重要なので、被相続人が亡くなったら遺言書がないかをすぐに確認しましょう。

未成年や認知症の相続人がいるときは

相続人の中に未成年の方や認知症の方がいる場合は、本人だけでは遺産分割に参加することができないため、代理人や後見人を選任する必要があります。

未成年者の相続人がいる場合には親権者などが代理人として遺産分割に参加しますが、親権者自身も相続人であるなど、利益相反が生じる場合には特別代理人を選任することになります。特別代理人は未成年者一人につき一人つけなければなりません。

認知症で判断能力を欠いている相続人がいる場合には、選任された成年後見人が代わりに遺産分割に参加します。なお、未成年者のケースと同様、成年後見人も相続人となる場合には後見監督人が遺産分割に参加します。後見監督人が選任されていない場合には、特別代理人を選任する必要があります。

滋賀県で相続手続きを行う方へ

遺産相続は一生に一度か二度ほどしか経験しないものであり、ほとんどの方が戸惑われます。しかも中には期限のある手続きもあるため、焦りや不安を感じる方も多いでしょう。

「どんな手続きがあるのかわからない」
「自分ではできないので誰かに依頼したいが、誰に頼めばいいかわからない」
「専門家のあてがなく、どこに相談していいかわからない」

といったお客様の声にお応えして、遺産相続なびではお電話での無料相談やお近くの専門家による無料面談をおこなっています。お一人おひとりのご状況をヒアリングさせていただき、必要なお手続きや対応可能な専門家の種類(司法書士・行政書士・税理士など)をご案内させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

forum教えて!相続 ー人気ランキングー 一覧