初回面談無料!相続手続き・遺言など相続のお悩みをプロが解決

山形県
相続に強い専門家
無料ご紹介

いい相続専門スタッフ 無料電話相談受け付け中

お電話での無料ご相談
phone_in_talk

0120-932-437

通話無料/平日9時~21時/土日祝9時~18時

かんたん入力1分
mail_outline

ネット無料相談

いい相続とは

keyboard_arrow_right

山形県で相続に強い専門家

相続を依頼できる山形県の専門家事務所をご案内。
「いい相続」では、相続でお悩みの方に、相談内容に応じた相続の専門家(税理士・司法書士・行政書士)を無料でご紹介します。

山形県の相続事情

「葬儀が終わったけれど、このあとどんな手続きが必要なんだろう?」「山形県の人のうちどの程度の割合が相続税申告や不動産の名義変更をしているんだろう?」などと疑問に思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

ここでは、山形県の遺産相続の傾向や実態をまとめます。相続の役立つ知識もご紹介しますので、ぜひご参考ください。

山形県の不動産事情

まずは山形県の遺産相続の実態をご紹介します。相続財産の大きな割合を占める不動産事情から見ていきましょう。 国土交通省の都道府県地価調査(平成30年)によると、山形県の住宅地の平均地価は19,500円/㎡で全国的には低め。ただし、山形市は51,300円/㎡と高めです。

また、山形県では持ち家率が約74.92%(2018年)で全国3位となっています。相続の際にはかなりの確率で不動産の名義変更が必要になるといえます。 不動産の評価は相続税申告の必要性を見極める上でも重要になりますが、評価の仕方はかなり複雑です。一度税理士や不動産鑑定士などに相談すると良いでしょう。

山形県の預貯金事情

つづいて預貯金について見ていきましょう。 県庁所在地別に出された2018年の政府統計(家計調査 貯金・負債編)の結果によると、山形県山形市の二人以上世帯1世帯あたりの貯蓄額は1,431万円。全国47の県庁所在地のうち36位となっています。

山形県山形市の貯蓄の内訳を見ると、生命保険の割合が25.58%と全国平均より高くなっています。山形県の方は将来に備えて保険を準備しておく意識が高い傾向にあるのかもしれません。

生命保険金は相続財産ではありませんが、「500万円×相続人の人数」を超えた分はみなし相続財産として相続税の計算に算入されます。あらかじめ注意しておきましょう。

山形県の相続税事情

山形県の相続税事情はどうでしょうか。

国税庁の発表によると、平成28年分の山形県全体で相続税の課税割合は3.7%で、都道府県別では全国42位と低めの結果となっています。

山形県にお住まいの方で相続税の課税対象となるケースは少ないかもしれませんが、「大きな金額の預貯金がある」「広大な土地を持っている」などで心配な場合には、一度専門家に試算をしてもらったほうが安心でしょう。実際に相続税申告の対象となった場合には、税理士に申告を依頼するのが一般的です。

山形県の税理士数

山形県は人口あたりの税理士数が全国で5番目に少ない都道府県です。また、相続に関しては「相続に強い」税理士を選ばないと後々税務署から何らかの申告漏れを指摘される場合もあることから、山形県にお住まいで相続税申告の必要性が発生した場合には、税理士選びには慎重になったほうが良いでしょう。

「相続に強い税理士が見つからない」「どこに問い合わせていいかわからない」というときには、遺産相続なびまでお気軽にご相談ください。初回無料相談で相続の実績が豊富な税理士をご紹介いたします。

相続人と相続順位

遺言書がない場合、相続人は民法によって決まります。民法は、被相続人(亡くなった方)の配偶者と一定の血族を「法定相続人」として定めています。

被相続人の配偶者は常に相続人です。その他の法定相続人は、次のように相続順位が決まります。

  • 第一順位:子(子が亡くなっている場合は孫。孫も亡くなっている場合はひ孫)
  • 第二順位:直系尊属(父母。父母が亡くなっている場合は祖父母)
  • 第三順位:兄弟姉妹(兄弟姉妹が亡くなっている場合は甥、姪)

配偶者以外の相続人は、上順位がいない場合に下順位が相続人となります。
例えば、第一順位である子供(または孫、ひ孫)がいる場合には、配偶者と子供が相続人となり、父母や兄弟姉妹は相続人になりません。子供がいない場合は配偶者と父母が相続人になり、子供も父母もいない場合には配偶者と兄弟姉妹が相続人になります。

なお、子供が被相続人よりも先に亡くなっている場合には、その子供(被相続人の孫)が相続人となります。これを「代襲(だいしゅう)相続」といいます。

山形県で相続手続きを行う方へ

「相続はお金持ちにしか関係ない」「うちは家族仲がいいから相続では問題は発生しない」などと考える方も多くいらっしゃいますが、実は相続手続きというのは、財産の大小や家族仲の良し悪しに関わらず生じる大変なもの。故人の銀行の預金を下ろすだけでも、故人の戸籍を出生から死亡まですべて収集しなければならなかったり、遺産分割協議書の提出が求められたりすることもしばしばあります。

相続が発生した際には、まず自身のケースにおいて必要な手続きやそのための必要書類を整理し、期限のあるものは期限内に完了できるよう計画を立てていかなければなりません。実際に手続きをおこなう際には、役所や金融機関に行くために会社を休んだり、書類の不備を指摘されて何度も出直したりしなければならないこともあります。

こうした煩雑な手続きを代行できるのが、行政書士や司法書士、税理士といった専門家。とはいえ、「価格がいくらかわからず不安」「何の士業に頼めばいいかわからない」という方も多いのではないでしょうか。遺産相続なびでは、こうした声にお応えしてお電話での無料相談を受け付けています。ご状況をヒアリングした上で適切な専門家との無料面談をご案内いたしますので、ご不安や疑問のある方はお気軽にお問い合わせください。

forum教えて!相続 ー人気ランキングー 一覧