青森県の相続事情

遺産相続では、預貯金や不動産の名義変更、相続税申告といった手続きが発生しますが、必要となる手続きは家庭の状況によりまちまちです。また、地域によっても様々な傾向の違いが見られます。

そこでここでは、青森県の遺産相続の傾向や実態をまとめます。相続の豆知識もご紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

青森県の不動産事情

まずは青森県の遺産相続の実態をご紹介します。相続財産の大きな割合を占める不動産事情から見ていきましょう。 国土交通省の都道府県地価調査(平成30年)によると、青森県の住宅地の平均地価は16,300円/㎡で全国46位。ただし、八戸市は32,800円/㎡、青森市も32,300/㎡と高めです。

また、青森県では持ち家率が約70.35%(2018年)となっており、相続の際にはかなりの確率で不動産の名義変更が必要になるでしょう。 不動産の評価は相続税申告の必要性を見極める上でも重要になりますが、評価の仕方はかなり複雑です。一度税理士や不動産鑑定士などに相談すると良いでしょう。

青森県の預貯金事情

つづいて預貯金について見ていきましょう。 県庁所在地別に出された2018年の政府統計(家計調査 貯金・負債編)の結果によると、青森県青森市の二人以上世帯1世帯あたりの貯蓄額は982万円。全国47の県庁所在地のうち46位となっています。

青森県青森市の貯蓄の内訳を見ると、生命保険が25.7%と全国平均より高くなっています。青森県の方は将来に備えて保険を準備しておく意識が高い傾向にあるのかもしれません。

生命保険金は相続財産ではありませんが、「500万円×相続人の人数」を超えた分はみなし相続財産として相続税の計算に算入されます。あらかじめ注意しておきましょう。

青森県の相続税事情

青森県の相続税事情はどうでしょうか。

国税庁の発表によると、平成28年分の青森県全体で相続税の課税割合は2.7%となっており、全国では46位となっています。全国平均は8.1%ですので、青森県の課税割合はかなり低めといえます。

青森県の方で相続税申告の必要性が生じる可能性は高くありませんが、相続では思わぬ財産が見つかることも。他人事と思わず、被相続人の財産がどこにどのくらいあるかをしっかりと確認するようにしましょう。

また、逆にマイナスの財産が大きく相続放棄が必要になることもあります。相続放棄は3ヶ月以内におこなわなければならない手続きですので、相続が発生したら負債がないか必ずチェックしましょう。

青森県の司法書士数

青森県は人口あたりの司法書士数が全国で最も少ない都道府県です。一方で持ち家率は70.35%と高いので、不動産の名義変更の際には依頼をする司法書士を見つけにくいかもしれません。

「相続に強い司法書士が見つからない」「どこに問い合わせていいかわからない」というときには、遺産相続なびまでお気軽にご相談ください。初回無料相談で相続の実績が豊富な司法書士をご紹介いたします。

金融機関の相続手続き

銀行や信用金庫などの口座に入っている財産は、相続人が勝手に引き出すのではなく所定の手続きを踏んで相続する必要があります。意外と煩雑な手続きであるため、実は多くの方がここでつまずかれます。
手続きに必要な書類を見ていきましょう。(以下は一般的な提出書類です。必要な書類は金融機関によって異なりますので、手続きの際には個別でご確認ください。)

遺言がない場合

被相続人の遺言がない場合には、金融機関に下記の書類を提出します。
  • 金融機関所定の相続届
  • 被相続人の戸籍(出生から死亡まで)
  • 相続人全員の戸籍
  • 遺産分割協議書
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 手続きをおこなう方(相続人代表)の実印
  • 通帳・キャッシュカード・貸金庫の鍵など

遺言がある場合

被相続人の遺言があった場合には、金融機関に下記の書類を提出します。
  • 金融機関所定の相続届
  • 遺言書
  • 被相続人の戸籍(出生から死亡まで)
  • 払い戻しを受ける方の実印・印鑑証明書
  • 通帳・キャッシュカード・貸金庫の鍵など

中でも準備が大変なのが、戸籍と遺産分割協議書です。
被相続人(亡くなった方)の戸籍は最後の戸籍から出生までさかのぼって取得していく必要があるため、何度か本籍地を移していたり、複数回結婚していたりする場合には戸籍の収集だけで数ヶ月かかることもあります。
また、遺産分割協議書は個人での作成が難しく、専門家に依頼する方も多くいらっしゃいます。

金融機関の相続手続きは行政書士や司法書士がおこなうことができますので、やり方がわからない方やお仕事のため銀行の営業時間に手続きをしに行けない方は、一度こうした専門家に相談してみるのがおすすめです。

青森県で相続手続きを行う方へ

青森県の遺産相続事情をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

相続手続きには「金融機関の名義変更」「不動産登記」「相続税申告」など様々なものがあり、必要な書類も多岐に渡ります。一般の方がご自身で手続きをするには、平日に役所や金融機関に行ったり、わかりづらい戸籍を読み解いたりしなければならず、想像以上に時間や手間がかかってしまいます。

こうした複雑な部分を代行できるのが行政書士や司法書士、税理士といった専門家ですが、青森県は人口あたりの専門家の人数が少なく、依頼先を探すのに苦労される方も多いかもしれません。遺産相続なびではお客様のご状況を伺い、その地域の相続に強い専門家を無料でご紹介しています。ご相談および専門家との面談は無料ですので、相続に関してご不安や疑問がある方はお気軽にお問い合わせください。

おすすめの相続の専門家

forum教えて!相続 ー人気ランキングー 一覧

都道府県コンテンツ置き場

青森県の相続事情

遺産相続では、預貯金や不動産の名義変更、相続税申告といった手続きが発生しますが、必要となる手続きは家庭の状況によりまちまちです。また、地域によっても様々な傾向の違いが見られます。

そこでここでは、青森県の遺産相続の傾向や実態をまとめます。相続の豆知識もご紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

青森県の不動産事情

まずは青森県の遺産相続の実態をご紹介します。相続財産の大きな割合を占める不動産事情から見ていきましょう。 国土交通省の都道府県地価調査(平成30年)によると、青森県の住宅地の平均地価は16,300円/㎡で全国46位。ただし、八戸市は32,800円/㎡、青森市も32,300/㎡と高めです。

また、青森県では持ち家率が約70.35%(2018年)となっており、相続の際にはかなりの確率で不動産の名義変更が必要になるでしょう。 不動産の評価は相続税申告の必要性を見極める上でも重要になりますが、評価の仕方はかなり複雑です。一度税理士や不動産鑑定士などに相談すると良いでしょう。

青森県の預貯金事情

つづいて預貯金について見ていきましょう。 県庁所在地別に出された2018年の政府統計(家計調査 貯金・負債編)の結果によると、青森県青森市の二人以上世帯1世帯あたりの貯蓄額は982万円。全国47の県庁所在地のうち46位となっています。

青森県青森市の貯蓄の内訳を見ると、生命保険が25.7%と全国平均より高くなっています。青森県の方は将来に備えて保険を準備しておく意識が高い傾向にあるのかもしれません。

生命保険金は相続財産ではありませんが、「500万円×相続人の人数」を超えた分はみなし相続財産として相続税の計算に算入されます。あらかじめ注意しておきましょう。

青森県の相続税事情

青森県の相続税事情はどうでしょうか。

国税庁の発表によると、平成28年分の青森県全体で相続税の課税割合は2.7%となっており、全国では46位となっています。全国平均は8.1%ですので、青森県の課税割合はかなり低めといえます。

青森県の方で相続税申告の必要性が生じる可能性は高くありませんが、相続では思わぬ財産が見つかることも。他人事と思わず、被相続人の財産がどこにどのくらいあるかをしっかりと確認するようにしましょう。

また、逆にマイナスの財産が大きく相続放棄が必要になることもあります。相続放棄は3ヶ月以内におこなわなければならない手続きですので、相続が発生したら負債がないか必ずチェックしましょう。

青森県の司法書士数

青森県は人口あたりの司法書士数が全国で最も少ない都道府県です。一方で持ち家率は70.35%と高いので、不動産の名義変更の際には依頼をする司法書士を見つけにくいかもしれません。

「相続に強い司法書士が見つからない」「どこに問い合わせていいかわからない」というときには、遺産相続なびまでお気軽にご相談ください。初回無料相談で相続の実績が豊富な司法書士をご紹介いたします。

金融機関の相続手続き

銀行や信用金庫などの口座に入っている財産は、相続人が勝手に引き出すのではなく所定の手続きを踏んで相続する必要があります。意外と煩雑な手続きであるため、実は多くの方がここでつまずかれます。
手続きに必要な書類を見ていきましょう。(以下は一般的な提出書類です。必要な書類は金融機関によって異なりますので、手続きの際には個別でご確認ください。)

遺言がない場合

被相続人の遺言がない場合には、金融機関に下記の書類を提出します。

遺言がある場合

被相続人の遺言があった場合には、金融機関に下記の書類を提出します。

中でも準備が大変なのが、戸籍と遺産分割協議書です。
被相続人(亡くなった方)の戸籍は最後の戸籍から出生までさかのぼって取得していく必要があるため、何度か本籍地を移していたり、複数回結婚していたりする場合には戸籍の収集だけで数ヶ月かかることもあります。
また、遺産分割協議書は個人での作成が難しく、専門家に依頼する方も多くいらっしゃいます。

金融機関の相続手続きは行政書士や司法書士がおこなうことができますので、やり方がわからない方やお仕事のため銀行の営業時間に手続きをしに行けない方は、一度こうした専門家に相談してみるのがおすすめです。

青森県で相続手続きを行う方へ

青森県の遺産相続事情をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

相続手続きには「金融機関の名義変更」「不動産登記」「相続税申告」など様々なものがあり、必要な書類も多岐に渡ります。一般の方がご自身で手続きをするには、平日に役所や金融機関に行ったり、わかりづらい戸籍を読み解いたりしなければならず、想像以上に時間や手間がかかってしまいます。

こうした複雑な部分を代行できるのが行政書士や司法書士、税理士といった専門家ですが、青森県は人口あたりの専門家の人数が少なく、依頼先を探すのに苦労される方も多いかもしれません。遺産相続なびではお客様のご状況を伺い、その地域の相続に強い専門家を無料でご紹介しています。ご相談および専門家との面談は無料ですので、相続に関してご不安や疑問がある方はお気軽にお問い合わせください。

いい相続の士業紹介サービス

無料ご要望に合わせて適切な士業をご紹介

0120-932-437

平日

9:00〜18:00

土日祝

9:00〜17:00

無料相談をする