初回面談無料!相続手続き・遺言など相続のお悩みをプロが解決

新潟県
相続に強い専門家
無料ご紹介

無料相談受け付け中

お電話での無料ご相談
phone_in_talk

0120-932-437

通話無料/平日9時~18時/土日祝9時~17時

かんたん入力1分
mail_outline

ネット無料相談

いい相続とは

keyboard_arrow_right

新潟県で相続に強い専門家

相続を依頼できる新潟県の専門家事務所をご案内。
「いい相続」では、相続でお悩みの方に、相談内容に応じた相続の専門家(税理士・司法書士・行政書士)を無料でご紹介します。

zoom_in 市区町村でさらに絞り込む

zoom_in 資格でさらに絞り込む

zoom_in 目的でさらに絞り込む

新潟県の相続事情

「葬儀が終わったけれど、このあとどんな手続きが必要なんだろう?」「新潟県の人のうちどの程度の割合が相続税申告や不動産の名義変更をしているんだろう?」などと疑問に思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

ここでは、新潟県の遺産相続の傾向や実態をまとめます。相続の役立つ知識もご紹介しますので、ぜひご参考ください。

新潟県の不動産事情

まずは新潟県の遺産相続の実態をご紹介します。相続財産の大きな割合を占める不動産事情から見ていきましょう。 国土交通省の都道府県地価調査(平成30年)によると、新潟県の住宅地の平均地価は25,900円/㎡で全国32位。ただし、新潟市は中央区が102,800円/㎡、東区が63,200円/㎡など高めです。

また、新潟県では持ち家率が約74.03%(2018年)で全国7位。相続の際にはかなりの確率で不動産の名義変更が必要になるでしょう。 不動産の評価は相続税申告の必要性を見極める上でも重要になりますが、評価の仕方はかなり複雑です。一度税理士や不動産鑑定士などに相談すると良いでしょう。

新潟県の預貯金事情

つづいて預貯金について見ていきましょう。 県庁所在地別に出された2018年の政府統計(家計調査 貯金・負債編)の結果によると、新潟県新潟市の二人以上世帯1世帯あたりの貯蓄額は1,676万円。全国47の県庁所在地のうち25位となっています。

新潟県新潟市の貯蓄の内訳を見ると、生命保険の割合が29.47%と全国平均よりかなり高くなっています。新潟県の方は将来に備えて保険を準備しておく意識が高い傾向にあるのかもしれません。

生命保険金は相続財産ではありませんが、「500万円×相続人の人数」を超えた分はみなし相続財産として相続税の計算に算入されます。あらかじめ注意しておきましょう。

新潟県の相続税事情

新潟県の相続税事情を見ていきましょう。

国税庁の発表によると、平成28年分の新潟県全体で相続税の課税割合は5.6%。都道府県別で比較すると全国30位と、水準としては低めです。

新潟県にお住まいの方は、相続税申告の対象となるケースは多くないかもしれません。ですが、前述の通り持ち家率が高い県でもありますので、新潟市内など地価の高いところに不動産をお持ちの方や、広大な土地の名義のある方などは注意が必要です。不動産の評価はかなり複雑ですので、心配な方は税理士などの専門家に相談をしてみましょう。

相続手続きをおこなう場所は?

相続手続きには様々なものがありますが、それぞれ手続きや申請を行う先は異なります。それぞれ見ていきましょう。

銀行口座・株券の相続手続き

銀行や証券の手続きは各金融機関に出向いて行います。
ただし、こうした金融機関は15時には閉まってしまうことも多く、仕事などで忙しい場合は行政書士などの専門家に手続きの代行を依頼するのもおすすめです。また、必要な書類も意外と多く、揃えるのも一苦労という方がほとんどです。

不動産の相続手続き

自宅の土地と建物などの不動産の名義変更は、所在地の管轄の法務局で申請を行います。
とはいえ、法務局は行き慣れていない方も多く、書類に間違いがあるとまた修正して出直さなければならなくなることも多いため、相続登記は多くの方がはじめから司法書士に依頼します。

相続放棄の手続き

相続放棄の申述は、被相続人の最後の住所地の家庭裁判所で行います。
この申述は「相続の開始および自分が相続人となったことを知ったときから3ヶ月以内」という期限があり、限られた時間内に必要書類を滞りなく用意しなければなりません。確実に手続きを行うために、司法書士や弁護士にサポートを依頼する方もいらっしゃいます。

相続税申告の手続き

相続税申告は相続手続きの中でも最も大変なものの一つだといえます。手続きは被相続人の住所地の管轄の税務署で行います。
相続税申告は非常に煩雑で、あとから税務署の税務調査を受けた人のうち、なんと8割もの人が何らかの申告漏れを指摘されています。こうした背景から、相続税申告の可能性がある方は税理士にあらかじめ相談する場合が多くなっています。

被相続人に負債があるときは

亡くなった方の財産は、何もしなければプラスの財産もマイナスの財産もすべて法定相続人が引き継ぐことになります。これを「単純承認」といいます。

ですが、亡くなった方に負債があり、それを相続したくないという場合もありますよね。この場合、「相続放棄」の手続きを取ることでプラス・マイナスすべての財産の相続権を放棄できます。
相続放棄の申述は、相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所でおこないます。司法書士や弁護士のサポートを受けると安心でしょう。

また、プラスの財産の金額を限度としてマイナスの財産を引き継ぐ「限定承認」という方法もあります。限定承認は手続きが複雑であるため、専門家に依頼するのが一般的。こちらも3ヶ月以内に手続きが必要です。

新潟県で相続手続きを行う方へ

相続手続きは意外と煩雑で期限の設けられているものもあり、多くの方が苦労されます。また、必要な手続きもケースによって様々で、「我が家の場合はどの手続きが必要なの?」と疑問に感じる方も多いでしょう。

遺産相続なびでは、「自分の場合に必要な手続きを知りたい」「相続税申告が必要か判断してほしい」「手続きの代行を依頼したい」といった様々なご要望にお応えしています。まずは遺産相続なび専門相談員がお電話でご状況のヒアリングをさせていただき、ケースに応じて適切な専門家との面談をご案内いたします。

初回面談およびお見積もりは無料。多くのお客様から「相談してよかった!」とのお声を頂戴しています。少しでも疑問のある方はお気軽にご相談ください。
監修:税理士法人ブライト相続 代表 竹下祐史

おすすめの相続の専門家

forum教えて!相続 ー人気ランキングー 一覧