初回面談無料!相続手続き・遺言など相続のお悩みをプロが解決

大分県
相続に強い専門家
無料ご紹介

いい相続専門スタッフ 無料電話相談受け付け中

お電話での無料ご相談
phone_in_talk

0120-932-437

通話無料/平日9時~21時/土日祝9時~18時

かんたん入力1分
mail_outline

ネット無料相談

いい相続とは

keyboard_arrow_right

大分県で相続に強い専門家

相続を依頼できる大分県の専門家事務所をご案内。
「いい相続」では、相続でお悩みの方に、相談内容に応じた相続の専門家(税理士・司法書士・行政書士)を無料でご紹介します。

大分県の相続事情

遺産相続では、預貯金や不動産の名義変更、相続税申告といった手続きが発生しますが、必要となる手続きは家庭の状況によりまちまちです。また、地域によっても様々な傾向の違いが見られます。

そこでここでは、大分県の遺産相続の傾向や実態をまとめます。相続の豆知識もご紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

大分県の不動産事情

まずは熊本県の遺産相続の実態をご紹介します。相続財産の大きな割合を占める不動産事情から見ていきましょう。 国土交通省の都道府県地価調査(平成30年)によると、熊本県の住宅地の平均地価は24,600円/㎡。ただし、大分市は48,700円/㎡、別府市は38,600円/㎡など地域によっては高くなっています。

また、熊本県では持ち家率が約63.57%(2018年)とそれほど高くはありませんが、相続が発生した際には念のため故人の方名義の不動産がなかったか確認してみましょう。不動産の評価は相続税申告の必要性を見極める上でも重要になりますが、評価の仕方はかなり複雑です。一度税理士や不動産鑑定士などに相談すると良いでしょう。

大分県の預貯金事情

つづいて預貯金について見ていきましょう。 県庁所在地別に出された2018年の政府統計(家計調査 貯金・負債編)の結果によると、大分県大分市の二人以上世帯1世帯あたりの貯蓄額は1,555万円。全国47の県庁所在地のうち30位となっています。

大分県大分市の貯蓄の内訳を見ると、定期性預金が約40%、生命保険が約20%、通貨性預貯金が約26%とほぼ全国平均です。大分県の方は定期預金や生命保険、手元のすぐ使えるお金とバランスよく準備しておく傾向にあるのかもしれません。

一般の銀行口座の預金でも、相続の際には被相続人の出生から死亡までの戸籍や相続人全員の戸籍、遺産分割協議書などが必要になることも。「必要書類がわからない」「どこに財産があるかわからない」という場合には、行政書士や税理士などに書類収集・財産調査の代行を依頼しましょう。

大分県の相続税事情

大分県の相続税事情はどうでしょうか。

国税庁の発表によると、平成28年分の大分県全体での相続税課税割合は4.2%。全国平均の8.1%と比べるとかなり低めの割合で、都道府県別の順位で見ても全国36位という結果となっています。

大分県にお住まいの方は相続税の課税対象となる可能性はあまり高くありませんが、念のため被相続人名義の不動産や預貯金のある場所は把握しておきましょう。特に、故人の名義ではなくても故人のものとみなされる「名義資産」には注意が必要です。「被相続人が子ども名義の口座に自分のお金を貯めてあげていたが、子ども自身はそれを知らなかった」といったケースはよくあります。こうしたものも相続財産と扱われる場合がありますので、しっかりと被相続人の財産を調査するようにしましょう。

相続の相談は誰にすればいい?

「相続の手続きについて相談したいけれど、誰に聞けばいいかわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
相続に関する専門家としては、次のような士業が挙げられます。

  • 弁護士:主に相続トラブルがある場合に相談
  • 税理士:主に相続税申告が必要な場合に相談
  • 司法書士:主に相続登記/相続放棄が必要な場合に相談
  • 行政書士:書類の収集・作成や金融機関の名義変更などが必要な場合に相談

人によっては複数の種類の士業への相談が必要だったり、そもそもどの士業に相談していいかわからないということも多いかと思います。そうしたお悩みにお応えして、遺産相続なびでは、専門スタッフがご状況をお伺いして最適な士業の種類や必要な手続きをご案内しています。また、ご自宅やその付近で無料面談ができる専門家のご紹介も可能です。
まずはお気軽にお問い合わせください。

生命保険金にかかる税金

受け取った生命保険金には税金がかかります。生命保険金にかかる税金の種類は、契約者、被保険者、受取人の関係によって異なります。

契約者と被保険者が同じで受取人が異なる場合、生命保険金は相続税の課税対象です。たとえば、契約者と被保険者が夫で、受取人が妻や子の場合、夫が死亡した際に支払われる生命保険金は相続税の課税対象となります。

契約者と受取人が同じ場合、生命保険金は所得税の対象です。たとえば、契約者と受取人が妻で、被保険者が夫の場合、夫が死亡した際に支払われる生命保険金は妻の所得として扱われるため、所得税の課税対象となります。

契約者、被保険者、受取人が全て違う場合、生命保険金は贈与税の対象です。たとえば、契約者が妻、被保険者が夫、受取人が子の場合、夫が死亡した際に子へ支払われる生命保険金は贈与税の課税対象となります。

このように、契約者、被保険者、受取人の関係によって、生命保険金にかかる税金が異なります。特に贈与税は、相続税や所得税に比べると税金の額が大きくなってしまいます。生命保険の契約時には、死亡時の生命保険金にかかる税金を考慮した上でどのように契約するか検討しましょう。

大分県で相続手続きを行う方へ

遺産相続は一生に一度か二度ほどしか経験しないものであり、ほとんどの方が戸惑われます。しかも中には期限のある手続きもあるため、焦りや不安を感じる方も多いでしょう。

「どんな手続きがあるのかわからない」
「自分ではできないので誰かに依頼したいが、誰に頼めばいいかわからない」
「専門家のあてがなく、どこに相談していいかわからない」

といったお客様の声にお応えして、遺産相続なびではお電話での無料相談やお近くの専門家による無料面談をおこなっています。お一人おひとりのご状況をヒアリングさせていただき、必要なお手続きや対応可能な専門家の種類(司法書士・行政書士・税理士など)をご案内させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
監修:税理士法人ブライト相続 代表 竹下祐史

forum教えて!相続 ー人気ランキングー 一覧