京都府の相続事情

遺産相続では、預貯金や不動産の名義変更、相続税申告といった手続きが発生しますが、必要となる手続きは家庭の状況によりまちまちです。また、地域によっても様々な傾向の違いが見られます。

そこでここでは、京都府の遺産相続の傾向や実態をまとめます。相続の豆知識もご紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

京都府の不動産事情

まずは京都府の遺産相続の実態をご紹介します。相続財産の大きな割合を占める不動産事情から見ていきましょう。 国土交通省の都道府県地価調査(平成30年)によると、京都府の住宅地の平均地価は107,000円/㎡で全国5位。現預金がそれほど多くなくても、不動産をお持ちの場合は相続税申告の対象になるケースもあるでしょう。

京都府の持ち家率は約61.30%(2018年)とそこまで高くはありませんが、もし名義があった場合には高い価値になる可能性も。不動産の評価は相続税申告の必要性を見極める上でも重要になりますが、評価の仕方はかなり複雑。一度税理士や不動産鑑定士などに相談すると良いでしょう。

京都府の預貯金事情

つづいて預貯金について見ていきましょう。 県庁所在地別に出された2018年の政府統計(家計調査 貯金・負債編)の結果によると、京都府京都市の二人以上世帯1世帯あたりの貯蓄額は2,043万円。全国47の県庁所在地のうち8位と高くなっています。

京都府の方が使うことの多い金融機関としては、

  • 京都銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 京都中央信用金庫

などが挙げられます。被相続人の口座がどこにあるかわからないという場合は、まずこうした代表的な金融機関を探してみると良いでしょう。また、ネット銀行も口座がなかったか確認するのがおすすめです。

京都府の相続税事情

京都府の相続税事情を見ていきましょう。

国税庁の発表によると、平成28年分の京都府全体で相続税の課税割合は9.1%となっており、全国では7位となっています。全国平均は8.1%ですので、京都府の課税割合はかなり高めといえます。

京都府にお住まいの方は、なるべく時間に余裕のあるうちに相続財産の評価額を把握しておきましょう。すでに相続が発生している場合には、10ヶ月の期限に間に合うよう、相続に強い税理士に相談することがおすすめです。遺産相続なびではお近くの実績豊富な税理士との無料面談をご案内していますので、まずはお電話かメールでご相談ください。

京都府の専門家(士業)数

京都府は人口あたりの司法書士数・税理士数・弁護士数がいずれも全国で3番目に多い都道府県です。相続トラブルの際には複数の士業事務所に無料相談をしてみるのも良いでしょう。

「事務所が多すぎてどこに相談していいかわからない」「いきなり有料相談になってしまうところしか見つからない」という場合は、ぜひ遺産相続なびにご相談ください。初回無料相談の可能な専門家をご紹介いたします。

相続人間にトラブル・揉め事があるときは

遺産相続では、相続人間でトラブルや揉め事が生じてしまうことも少なくありません。

こうした紛争のために遺産分割協議がまとまらないときには、「遺産分割調停」を申し立てましょう。
遺産分割調停を申し立てれば、相続人は調停委員を介しつつ、専門的なアドバイスを交えて話し合うことができるため、解決に向かいやすくなります。
調停でも話し合いがまとまらないときには、「遺産分割審判」によって家庭裁判所に結論を出してもらうことになります。

こうした調停や審判は手続きが複雑で時間もかかるため、弁護士などの専門家に依頼するのがおすすめです。
第三者が入ることで冷静に協議ができるようになるケースも多いもの。トラブルや揉め事を早期に解決するために、まずは一度お近くの法律事務所などで相談してみると良いでしょう。

京都府で相続手続きを行う方へ

京都府の遺産相続事情をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

相続では、専門的な知識が必要になったり、仕事を休んで手続きをしなければならないこともあり、多くの方が苦労されます。特に相続税申告は最も複雑で専門的な手続きのひとつです。京都府は相続税の課税対象となる方の割合が高いので、専門家などに相談しながら期限内にしっかりと進めていくことが必要です。

遺産相続なびお客様センターでは、相続税申告をはじめ、相続に関する様々なご相談を受け付けています。「そもそもどんな手続きが必要なのかわからない」「不動産の名義を変えたい」「相続税申告を依頼する税理士を探したい」など、お悩みに応じて専門相談員がご対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

おすすめの相続の専門家

forum教えて!相続 ー人気ランキングー 一覧

都道府県コンテンツ置き場

京都府の相続事情

遺産相続では、預貯金や不動産の名義変更、相続税申告といった手続きが発生しますが、必要となる手続きは家庭の状況によりまちまちです。また、地域によっても様々な傾向の違いが見られます。

そこでここでは、京都府の遺産相続の傾向や実態をまとめます。相続の豆知識もご紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

京都府の不動産事情

まずは京都府の遺産相続の実態をご紹介します。相続財産の大きな割合を占める不動産事情から見ていきましょう。 国土交通省の都道府県地価調査(平成30年)によると、京都府の住宅地の平均地価は107,000円/㎡で全国5位。現預金がそれほど多くなくても、不動産をお持ちの場合は相続税申告の対象になるケースもあるでしょう。

京都府の持ち家率は約61.30%(2018年)とそこまで高くはありませんが、もし名義があった場合には高い価値になる可能性も。不動産の評価は相続税申告の必要性を見極める上でも重要になりますが、評価の仕方はかなり複雑。一度税理士や不動産鑑定士などに相談すると良いでしょう。

京都府の預貯金事情

つづいて預貯金について見ていきましょう。 県庁所在地別に出された2018年の政府統計(家計調査 貯金・負債編)の結果によると、京都府京都市の二人以上世帯1世帯あたりの貯蓄額は2,043万円。全国47の県庁所在地のうち8位と高くなっています。

京都府の方が使うことの多い金融機関としては、


などが挙げられます。被相続人の口座がどこにあるかわからないという場合は、まずこうした代表的な金融機関を探してみると良いでしょう。また、ネット銀行も口座がなかったか確認するのがおすすめです。

京都府の相続税事情

京都府の相続税事情を見ていきましょう。

国税庁の発表によると、平成28年分の京都府全体で相続税の課税割合は9.1%となっており、全国では7位となっています。全国平均は8.1%ですので、京都府の課税割合はかなり高めといえます。

京都府にお住まいの方は、なるべく時間に余裕のあるうちに相続財産の評価額を把握しておきましょう。すでに相続が発生している場合には、10ヶ月の期限に間に合うよう、相続に強い税理士に相談することがおすすめです。遺産相続なびではお近くの実績豊富な税理士との無料面談をご案内していますので、まずはお電話かメールでご相談ください。

京都府の専門家(士業)数

京都府は人口あたりの司法書士数・税理士数・弁護士数がいずれも全国で3番目に多い都道府県です。相続トラブルの際には複数の士業事務所に無料相談をしてみるのも良いでしょう。

「事務所が多すぎてどこに相談していいかわからない」「いきなり有料相談になってしまうところしか見つからない」という場合は、ぜひ遺産相続なびにご相談ください。初回無料相談の可能な専門家をご紹介いたします。

相続人間にトラブル・揉め事があるときは

遺産相続では、相続人間でトラブルや揉め事が生じてしまうことも少なくありません。

こうした紛争のために遺産分割協議がまとまらないときには、「遺産分割調停」を申し立てましょう。
遺産分割調停を申し立てれば、相続人は調停委員を介しつつ、専門的なアドバイスを交えて話し合うことができるため、解決に向かいやすくなります。
調停でも話し合いがまとまらないときには、「遺産分割審判」によって家庭裁判所に結論を出してもらうことになります。

こうした調停や審判は手続きが複雑で時間もかかるため、弁護士などの専門家に依頼するのがおすすめです。
第三者が入ることで冷静に協議ができるようになるケースも多いもの。トラブルや揉め事を早期に解決するために、まずは一度お近くの法律事務所などで相談してみると良いでしょう。

京都府で相続手続きを行う方へ

京都府の遺産相続事情をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

相続では、専門的な知識が必要になったり、仕事を休んで手続きをしなければならないこともあり、多くの方が苦労されます。特に相続税申告は最も複雑で専門的な手続きのひとつです。京都府は相続税の課税対象となる方の割合が高いので、専門家などに相談しながら期限内にしっかりと進めていくことが必要です。

遺産相続なびお客様センターでは、相続税申告をはじめ、相続に関する様々なご相談を受け付けています。「そもそもどんな手続きが必要なのかわからない」「不動産の名義を変えたい」「相続税申告を依頼する税理士を探したい」など、お悩みに応じて専門相談員がご対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

いい相続の士業紹介サービス

無料ご要望に合わせて適切な士業をご紹介

0120-932-437

平日

9:00〜18:00

土日祝

9:00〜17:00

無料相談をする