注目のQ&A

兄から相続放棄しろと脅されました。これは脅迫と認められれば、兄を相続人から外すことは出来ますか。

質問者:N.N

よくドラマなどで、子供(相続人)が親(被相続人)を脅して自分に有利な遺言書を書かせるシーンがあります。
これは民法の「欠格事由」にあたり、子供は相続人から外されると聞きました。

このたび母が亡くなり、兄から「相続放棄しろ」と強迫されました。
この場合は、被相続人(兄)が被相続人(私)を脅したといことで、ドラマの例とは少し違いますが、兄を相続人から外すことはできるのでしょうか。

  • 回答:遺産相続なび

    相続人A(以下「A」)が相続人B(以下「B」)に相続放棄するよう強迫してもAは「欠格事由」とはなりません。
    強迫が欠格事由とされる場合としては、強迫によって被相続人に遺言を作成させた場合、強迫によって遺言の作成を妨害した場合等があります。

【カテゴリー】

  • 遺言書
  • 相続放棄
  • 紛争