相続税

被相続人(故人)から引き継ぐ財産が一定金額を超える場合「相続税申告」が必要です。その計算方法は複雑。さまざまな特例の活用や、不動産の評価は専門知識がないと難しいものです。

相続税申告を正しくおこなわないと、後から税務署の調査が入り追徴課税が課されるリスクも。

相続税について少しでも心配がある場合は、実績のある税理士に相談し確実に手続きをおこないましょう。

「いい相続」ご希望の地域で、相続に強い専門家を無料でご紹介しています。お気軽にご相談ください。

「いい相続」Q&A特集ページはこちらをクリック!

  • 現預金だけの遺産が一番損⁉いざという時慌てないための相続財産ケース別チェックポイント

    親子の間柄でも、家の懐事情は聞きにくいもの。 特に、相続に備えたいとはなかなか言い出しづらいですよね。 そうこうしているうちに、親の突然の入院など不慮の事態で、ある日突然財産を知る機会がやって来るかもしれません。 この記事では、よくある相続財産のケース別の問題点を紹介します。相続財産がどのようなものがあるか見当が付いた時に慌てないために、また、こんなケ……

  • 農地の相続税には、納税猶予特例の 活用がおすすめ!

    この記事はこんな方におすすめ:親が農業を営んでいる方、農地を相続する可能性がある方 農地の評価方法は4種類の区分によって異なり、相続税評価額が高額になる場合もある 農業を継続する相続人は、要件を満たせば相続税の納税猶予の特例が受けられる 納税猶予特例の適用を受ける際には充分な検討が必要 農地を所有している人に相続が発生……

  • 相続税の修正申告が必要なケースとペナルティー、加算税と延滞税

    この記事はこんな方におすすめ: これから相続税の申告をする方・相続税申告後に新たに財産が見つかった方 申告内容間違いや申告漏れがあると税務署の実地調査の対象にされやすい 相続税の修正申告で追加納税した場合、過少申告加算税と延滞税などのペナルティーが課される 税務署からの指摘前に、自主的に修正申告をした場合、過少申告加算税は免除 ……

  • 多すぎる弔慰金は相続税の課税対象となることも!?知っておきたい弔慰金と死亡退職金のこと

    この記事はこんな方におすすめ: 企業からもらった弔慰金にかかる相続税について知りたい方 一定額までの弔慰金には相続税がかからない 相続税が非課税となる弔慰金の額は、死亡時の給与と死亡理由によって決まる 弔慰金と死亡退職金の違いは?両方受け取ったときの相続税計算は要注意 企業に勤務していた方が亡くなられたとき、企業か……

  • 相続税の計算で相続財産から控除できる葬式費用とは?

    この記事はこんな方におすすめ: 「葬儀費用を負担する人」「相続税計算の際の控除項目を知りたい人」 葬式の費用は相続税の計算上、相続財産からの控除が認められている 葬送、火葬代などの必要不可欠な葬式費用が控除の対象になる 葬式費用を相続財産から支払うときは、手続きが必要 近年では、参列者を招いた一般葬、家族のみの家族……

  • 2月23日は税理士記念日|記念日の由来と相続相談するときの注意点

    この記事はこんな方におすすめ: 税理士に相続相談したい方 税理士の主な3つの業務は税務代理、税務書類の作成、税務相談 税理士の業務を税理士以外の人がおこなうのは、法律によって原則禁止 すべての税理士が相続問題に詳しいわけではない 2月23日は税理士記念日です。1942年(昭和17年)2月23日に税務代理士制度ができ……

  • 相続税還付|納め過ぎた税金が戻ってくる?還付請求のポイントと手続きの流れ

    この記事はこんな方におすすめ: 相続税が還付される可能性があるか知りたい方 相続税の還付請求手続きは、相続の開始を知った日の翌日から5年10ヵ月以内に 相続税還付のポイントは土地の評価 相続税還付の手続きは相続税を専門とした税理士に依頼する 相続税を納め過ぎていても、税務署が納税者に対して自ら指摘して返金をしてくれ……

  • 相続税は電子申告が可能に!e-Taxで提出する際の注意点とは?

    この記事はこんな方におすすめ: 相続税の申告をインターネット上でおこないたい方 令和元年10月からe-Taxを利用した相続税申告が可能になった e-Taxを初めて利用する場合は利用者識別番号を取得する必要がある 相続発生時期によってはe-Taxによる相続税申告ができないこともある 先日、新型コロナウイルス感染拡大の……

  • 相続税、準確定申告の申告・納税期限を延長するには?|新型コロナウイルス感染症の影響がある場合

    この記事はこんな方におすすめ: 新型コロナウイルス感染症の影響で、相続・贈与に関連する税務手続きを期限内におこなうのが困難な方 (申請によって)感染者以外でも、相続税の申告・納税期限は延長できる (申請によって)死亡による準確定申告の期限も延長が可能 (申請によって)教育資金の一括贈与非課税の特例でも、領収書提出期限の延長は可能 ……

  • 相続税の障害者控除|障害者の税額控除に必要な要件と控除額

    相続人に障害のある方がいる場合は、相続税の申告の際に、障害者控除(障害者の税額控除)を受けることができます。 障害者控除は、障害者本人だけでは使いきれないほど高額になることもあります。その場合は、扶養義務者であるほかの相続人の相続税額から、控除しきれなかった分を差し引くことができます。 もし障害者手帳などを持っていない場合でも、一定の要件を満たしていれば……

129件中1】~【10件の表示

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス