新型コロナ対応
自宅にいながら相続手続き!

外出しにくい今だからこそ、相続手続きは専門家にお任せください。オンライン面談も選べます!

相続手続き

家族等が亡くなると、保有財産の大小に関わらず「相続手続き」が必要となります。銀行に預金のある方は口座解約や名義変更の手続き、家や土地がある方は相続登記(不動産の名義変更)が必要ですし、基礎控除額を超える財産がある場合には相続税申告の手続きをしなければなりません。逆に借金などマイナスの財産がある場合には、相続放棄の手続きを早急におこなう必要があります。

こうした手続きには被相続人(故人)の出生から死亡までの戸籍や相続人の戸籍、実印や印鑑証明書、遺産分割協議書などが求められることが多々あります。また、中には期限があるものもあり、自分でやろうとすると時間も手間もかかりますので、お仕事をされている方や手続きの得意でない方は相続のプロに相談してみるのもおすすめです。

以下ではそんな煩雑な手続きについて、スケジュールや必要書類などをわかりやすく解説しています。

  • 銀行預金の相続手続き|流れや必要書類

    私たち日本人のほとんどは銀行に預金口座を持っています。人が亡くなると、その人の預金は相続の対象になります。預金を相続する際には、勝手にお金を引き出すのではなく、口座の名義変更または解約の手続きをおこなわなくてはいけません。 この記事では、銀行預金の相続手続きについて、流れや必要書類を詳しく解説していきます。 預金の相続には手続きが必要 銀行の預金は……

  • 相続放棄の期間延長はできる?│新型コロナウイルス感染症の影響がある場合

    この記事はこんな方におすすめ: 新型コロナウイルス感染症の影響により、期限までに相続の承認や放棄ができない方 相続の承認・放棄の熟慮期間は延長できる 期間延長には家庭裁判所への申立てが必要(郵送でも可能) 熟慮期間延長の申立て、期間内の相続放棄・限定承認のいずれもせずに3か月経過した場合は単純承認とみなされる 定めら……

  • 相続の無料相談|行政書士が解説!無料の理由と上手な活用法

    この記事はこんな方におすすめ: 相続の無料相談をしてみたいけど、ためらわれている方。相談先を探している方。 ✔ 無料の理由は、気軽に相談してほしいから ✔ 戸籍謄本などを準備して相談すると、より適確なアドバイスがもらえる ✔ 実例、誰も知らなかった口座を発見、など 自分が相続の手続きをしなければならなくなった、そんな不慮の事……

  • 相続人が海外にいるとき|日本国内の財産を相続するには?手続きに必要な書類と注意すべき点

    この記事はこんな方におすすめ: 海外が絡む相続手続きをおこなう可能性がある方(例:子どもが海外在住中など) 被相続人が日本人の場合は日本の法律に従って相続手続きをおこなう 相続人が海外にいたり、外国籍をもつ場合は手続きに時間がかかる可能性がある 海外の相続人が日本国内の財産を取得した場合も、日本の相続税の課税対象になる ……

  • 相続分の譲渡|相続放棄との違い、メリットとデメリット

    相続が発生したときに、「自分の相続分を別の相続人に譲りたい」「遺産分割協議に参加したくない」というケースもあります。そのときに選択できる方法のひとつが相続分の譲渡です。 相続分の譲渡では譲りたい人と譲って欲しい人の合意だけでおこなえます。しかし、知らずに譲渡をすると後からトラブルになることも考えられます。 この記事では、相続分の譲渡の方法や譲渡できる相手……

  • 子供なしの夫婦、夫が亡くなったときにできる限り妻に財産を残すには?【行政書士監修】

    子供のいない夫婦の中には、どちらかが亡くなってしまったあとのことを考え、できるだけ財産を残しておきたいという方も多くいらっしゃるでしょう。 しかし、子供がいない場合には親や兄弟姉妹が相続人になることもあり、想定していたよりも配偶者が相続した財産が思ったよりも少なかった、というケースもあります。そういった事態を防ぐには、生前の相続対策が重要になってきます。 ……

  • 【寄稿】日本に住んでいる韓国人の方の相続税申告と相続手続の全て

    このページでは、韓国籍を持ったまま日本にお住まいだった在日韓国人の方が亡くなられた場合の、日本と韓国双方の相続手続と相続税申告の仕組みについてご説明します。 相続は被相続人の国籍がある国の民法に基づきます 日本では、外国籍の方が亡くなられた場合には、被相続人の本国の相続法に基づいて相続手続をおこなうよう定められています。韓国の法律でも、被相続人の本国法に……

  • 火葬や埋葬、改葬に必要な手続き【行政書士執筆】

    親族が亡くなった場合、まず始めに病院などが発行する死亡診断書や死体検案書と共に死亡届を提出します。そしてその次に行う手続きが火葬許可証を発行して行う火葬と埋葬許可証を発行して行う納骨です。また、お墓の場所が遠いという理由などでお墓の場所を変える場合には「改葬」という手続きが必要になります。この記事では、「火葬」「埋葬」「改葬」の手続きなどについて詳しく紹介し……

  • 単純承認|相続の方法【行政書士執筆】

    相続は、多くの煩雑な手続きがあります。 例えば、死亡届や葬式の準備、口座解約のための金融機関とのやり取り等細かいものまで挙げたら途方もなく感じてしまうかもしれません。しかし、相続は被相続人に関する手続きのみをすればよいわけではありません。 今回は、状況に応じて相続人がしなければならない、またはすべきではない相続の方法を見ていきます。 相続の方法 相続……

  • 限定承認|相続の方法【行政書士執筆】

    相続は、とても複雑で多くの手続きがあります。 例えば、死亡届や葬式の準備、口座解約のための金融機関とのやり取り等全てを挙げようとしたら気が遠くなってしまうかもしれません。 しかし、相続は被相続人に関する手続きだけをすればよいわけではありません。 今回は、状況に応じて相続人がしなければならない、またはすべきではない相続の方法を見ていきます。 相続の方法……

61件中1】~【10件の表示

お住いの地域の専門家を探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州