相続手続き

  • 相続に金融機関の残高証明書は必要?|残高証明書の取得や口座の有無の確認方法

    遺産分割協議や相続税の申告をするときには、預貯金の正確な額を知る必要があります。預金通帳を確認することでもおおよその内容はわかりますが、より正確にわかるのが、残高証明書です。 相続のために被相続人の口座の残高証明書を取得するには手続きの方法以外にも注意しなければいけない点があります。 この記事では、残高証明書の取得の方法、相続で残高証明書がどのような……

  • 相続手続きで印鑑証明書が必要|印鑑の登録と印鑑証明の請求方法。届け出先別印鑑証明の有効期限

    印鑑証明書とは、その印鑑が、届け出られている印鑑であることを証明するものです。法人の場合は登記所が、個人の場合は市区町村長が証明します。個人が届け出た印鑑は一般には実印(じついん)とも呼ばれ、相続だけでなく、日常生活でも家の購入のような重要な契約などで使用します。 この記事では、主に個人が使用する印鑑の印鑑証明書について、印鑑証明書が必要な相続の手続き、印……

  • 相続に必要な戸籍謄本|戸籍の種類、戸籍謄本と戸籍抄本の違い、取り寄せの方

    相続の手続きでは必ずといっていいほど、戸籍に関する書類の提出を求められます。 具体的には、以下のような手続きのときです。 相続税の申告 不動産の相続登記 自動車の移転登録 預貯金や証券口座の名義変更/払い戻し 相続放棄 限定承認 戸籍は、本籍地の役所に請求することで取得できます。しかし、相続の手続きで必要になる「被相続人の……

  • 遺産相続の期限はいつまで?手続きの流れと完了までの期間

    故人の相続財産を継承する手続き、遺産相続では、いつまでに行わなければならないと定められたもの、明確な期限はないが、なるべく早めに手続きを済ませておいた方が良いものなど、手続きの種類によっても異なります。この記事では、遺産相続の流れと、各種手続きの内容、期限についてご説明しています。 遺産相続の手続きの流れ 亡くなられた方の財産(遺産)を引き継ぐ手続きが「……

  • 相続人がいないときの相続財産の行方|負債や不動産のリスクと対処法

    遺産相続において、相続人がひとりもいない状態を「相続人不存在」といいます。相続人不存在となるのは、被相続人の遺産を相続する相続人がいない場合や、また相続人はいるものの、被相続人のマイナスの財産が多く、全員が相続放棄をした場合などが考えられます。 いずれの場合も、「相続人不存在」になると、残された財産は「国庫に帰属する」と民法で定められていますが、国に納めら……

  • 【2020年最新版】遺産相続の流れと手続き・期限

    亡くなられた方(被相続人)の財産(遺産)を引き継ぐ手続きを「遺産相続」と言います。 だれが遺産を受け継ぐのか、その配分はどのようになっているのか、誰に手続きを頼めば良いのかなど、事前に知っておくべき基本的な事柄が多くあります。期限を過ぎた場合には大きな損失へとつながる手続きもあるため、まずはしっかりと遺産相続の大まかな流れを把握し、相続が発生した際には……

  • いとこ、甥、姪が相続人に|特別縁故者と代襲相続の仕組み

    亡くなった人の遺産は、配偶者や子が相続するケースが一般的ですが、最近では未婚のまま人生を終える人も多く、親や兄弟姉妹が相続するケースも増えています。高齢化が進んだ日本社会では、親も兄弟姉妹も存命でなく、血縁者がいとこしかいないというケースも増えていくでしょう。 しかし、いとこは法が定めている法定相続人ではないため、血縁者であっても自動的に遺産がもらえる仕組……

  • 相続に関わる時効|知らなかった!は許されない相続手続きの時効とその根拠

    被相続人が亡くなると、家族である相続人は通夜や葬儀で思った以上に忙しくなります。それに加え、相続に関するさまざまな手続きもしなければなりません。そして、これらの手続きには時効があり、期日を過ぎてしまうと取り返しのつかないものも多くあります。 この記事では、相続の手続きに関わる時効を詳細にご紹介します。法律の時効に知らなかった、は通じませんのでしっかり理解し……

  • 代襲相続|代襲相続の範囲、基礎控除の算出方法、遺留分制度や数次相続との違い

    被相続人が亡くなる前に相続人が亡くなった場合、本来受け取るべき相続の権利はどうなるのでしょうか?このような場合、亡くなった相続人の子がその権利を引き継ぐなど、そのルールを定めているのが代襲相続(だいしゅうそうぞく)の制度です。 この記事では、代襲相続はどのようなときに起こるのか、代襲相続の概要、代襲相続が起こった場合の相続税の基礎控除の計算方法や2割加算制……

  • 【完全解説】預金相続の手続き方法|引き出しの必要書類から改正相続法「一部払戻し制度」まで

    預金は最も身近な金融資産のひとつ。遺産相続の対象となる財産は様々ありますが、中でもほとんどの方がお持ちなのが銀行などの預金ではないでしょうか。 口座名義人が亡くなった場合、相続人は金融機関で、故人の預金口座に残された預金を払い戻ししたり、相続人の口座に移すなど、相続の手続きをおこなう必要があります。 この記事では、預金を相続する手続きの流れや、相続の際に……

20件中1】~【10件の表示