相続手続き

家族等が亡くなると、保有財産の大小に関わらず「相続手続き」が必要となります。銀行に預金のある方は口座解約や名義変更の手続き、家や土地がある方は相続登記(不動産の名義変更)が必要ですし、基礎控除額を超える財産がある場合には相続税申告の手続きをしなければなりません。逆に借金などマイナスの財産がある場合には、相続放棄の手続きを早急におこなう必要があります。

こうした手続きには被相続人(故人)の出生から死亡までの戸籍や相続人の戸籍、実印や印鑑証明書、遺産分割協議書などが求められることが多々あります。また、中には期限があるものもあり、自分でやろうとすると時間も手間もかかりますので、お仕事をされている方や手続きの得意でない方は相続のプロに相談してみるのもおすすめです。

以下ではそんな煩雑な手続きについて、スケジュールや必要書類などをわかりやすく解説しています。

  • 亡くなった家族の口座が凍結|故人の預金の引き出し方、凍結口座の解除手続き

    家族が亡くなると、故人が生前使用していた金融機関の口座は凍結されます。 葬儀費用や当座の生活費を、故人の残した財産から支払う予定だった場合、口座からお金を引き出すことができず、困った事態になる可能性もあります。 この記事では、なぜ家族が亡くなった時に口座が凍結されてしまうのかや、口座が凍結されてしまうとどうなるのか、また、口座の凍結を解除するための手続き……

  • 相続人調査を徹底紹介!詳しい調査手順と注意点

    身近な人が亡くなると、亡くなったその日から相続が開始します。遺族がやらなければならないことはたくさんありますが、まず最初におこなうのが相続人調査です。 故人(被相続人)の出生から死亡までの戸籍をたどって、誰が相続人になるのか調べることを相続人調査といいます。相続人調査をしなければ、相続人が確定しないため、遺産分割も相続税の申告もできません。 この記事では……

  • 相続手続きにかかる費用|必要書類や相続登記の費用と専門家に依頼したときの相場

    相続の手続きをする機会は多くないので、実際にどのくらいの費用がかかるのか不安に思っている人も多いでしょう。また、できることなら専門家に任せたいと思っていても、相続する財産に対して見合うものなのかと気になっている人もいるのではないでしょうか。一般的に、相続にかかる費用には、相続に必要な書類を集める際に必要な費用、そして専門家に依頼する際に必要な費用があります。……

  • 相続した不動産の名義変更をしないと思わぬトラブルに!|相続登記に必要な書類や手続きの方法

    相続した財産の中に不動産が含まれているときには、相続登記をする必要があります。相続登記には期限がないため、手続きをしないまま放置しているようなケースもありますが、第三者に所有権を証明できないなどデメリットが少なくありません。 この記事では、相続登記をしなかったときのデメリット、相続登記に必要な書類、相続登記の仕方に加え、相続した不動産を売却したいときの注意……

  • 相続相談を司法書士に依頼するメリットや費用相場とは?弁護士や税理士・行政書士との違いを徹底解説

    相続の手続きは、生涯にそう何度も経験することではありません。このため、慣れていて自分で簡単にできるという方は少ないのではないでしょうか。特に不動産の名義変更が必要な場合は、専門家である「司法書士」に依頼するのがおすすめです。この記事では、司法書士が相続の手続きでできることや報酬の相場などをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。 司法書士に依頼できる相続……

  • 遺産分割協議書の作成と提出時に必要な書類とその入手方法

    遺言がないときや、遺言があっても割合だけが指定されているようなときには、遺産分割協議という話し合いを相続人全員でおこないます。遺産分割協議書は、その話し合いについてまとめたものです。遺産分割協議書を有効にするには、いくつかの書類の添付が必要になります。 この記事では、遺産分割協議のために必要な書類やあると遺産協議がスムーズになる書類、遺産分割協議書が必要な……

  • 預貯金を遺産分割協議で相続するには?|遺産分割協議書の書き方や銀行での手続き

    多くの場合、故人が残す相続財産の中には預貯金も含まれています。銀行などに預けられている預貯金は、現金と同じく遺産分割の対象となる財産です。そのため、遺産分割協議が終わるまでは基本的に、口座からお金を引き出すことはできません。 今回は、相続財産に預貯金があるときの遺産分割協議書の書き方、銀行での手続きに必要な書類、大手銀行での実際の手続きの方法などについてご……

  • 孫に遺産を相続をさせるには?遺言書、養子縁組、生前贈与の活用方法

    「孫はかわいい」「孫は目に入れても痛くない」とは、昔からよく言われる言葉です。ご自分の子育てを終え、精神的にも経済的にも余裕のある中で見るお孫さんの成長は、かけがえのないものと思われます。 少子高齢化が進んだことで、お孫さん一人ひとりとおじいちゃんおばあちゃんとの関係は、昔に比べより深いものになっているでしょう。また共働き世帯が増えていく中で、孫の面倒を見……

  • 兄弟姉妹の相続は揉めやすい!?兄弟姉妹の法定順位と相続分。遺留分の有無や2割加算、代襲相続の限度など第1、2順位との違い

    相続において親族間にトラブルが起こることは珍しくありません。中でも兄弟姉妹については、親の死後、遺産相続のために関係が悪化したり、また兄弟姉妹が相続人となる場合、配偶者や子が相続人となる場合と比べて一部取り扱いが異なるものもあったり、兄弟姉妹だからこそ起こりやすいトラブルもあります。 この記事では、兄弟姉妹にかかわる相続について、法定相続順位と法定相続分の……

  • 配偶者がいない場合の相続|親族構成のパターン別、法定相続人と法定相続割合

    配偶者や子供がいる人が亡くなった場合は、配偶者や子どもが遺産を相続するのはイメージがつきやすいですが、配偶者がいない人が亡くなった場合の相続はどうなるのでしょうか。 妻には既に先立たれていて子どもがいる場合や、元々単身で両親も他界している場合、異母兄弟がいる場合など、親族の構成によって、相続人になる人とその相続の割合は変わってきます。 相続の順位や相続の……

36件中1】~【10件の表示