新型コロナ対応
自宅にいながら相続手続き!

外出しにくい今だからこそ、相続手続きは専門家にお任せください。オンライン面談も選べます!

相続登記

家の建物や土地等が相続財産に入っていることは多いもの。こうした不動産を相続したら、相続登記という名義変更の手続きを法務局でおこなう必要があります。相続登記には法律上の期限はありませんが、放置しておくとその後さまざまなトラブルやリスクの要因となりうるため、早めに手続きを済ませておくことが大切です。

相続登記には被相続人の戸籍や遺産分割協議書、相続関係説明図といったなじみのない書類が必要とされることも多く、ほとんどの方が戸惑われます。また、登記には登録免許税とよばれる税金もかかりますが、計算方法や納付方法がわからないという方も多いのではないでしょうか。

以下では、こうした相続登記(不動産名義変更)について、手続きの全体像や必要書類、かかる費用などを詳しく説明します。中には取得の面倒な書類もありますので、迷ったときには専門家の無料相談を利用するのもおすすめです。

  • 相続人が海外にいるとき|日本国内の財産を相続するには?手続きに必要な書類と注意すべき点

    この記事はこんな方におすすめ: 海外が絡む相続手続きをおこなう可能性がある方(例:子どもが海外在住中など) 被相続人が日本人の場合は日本の法律に従って相続手続きをおこなう 相続人が海外にいたり、外国籍をもつ場合は手続きに時間がかかる可能性がある 海外の相続人が日本国内の財産を取得した場合も、日本の相続税の課税対象になる ……

  • 相続登記が義務になるって本当?所有者不明土地・空き家問題、相続登記の現状と登記しないことのデメリット【行政書士執筆】

    不動産の相続登記を義務化するために政府は2020年の秋の臨時国会に法案を提出する予定です。相続登記が義務化された場合に相続手続きにどのような影響が出るのでしょうか。 この記事では現在検討されている情報をもとに相続登記の義務化について、相続登記の現状や相続登記が進まない理由、そして相続登記をおこなわないことのデメリットなどについて解説していきます。 相続登……

  • 相続登記と司法書士の役割|遺言執行人、検認手続、遺産分割協議書、相続放棄【行政書士執筆】

    親族が亡くなり不動産の相続登記をしたい時、司法書士に依頼すれば良いというイメージを持っている方は多いかもしれません。他方で、具体的に司法書士はどのようなことをどれくらいの予算でやってくれるのか、イメージできる方は少ないと思います。 この記事では、相続登記をする場合の司法書士の業務内容や予算について紹介します。 不動産の相続における司法書士の役割 相続が……

  • 不動産を相続するにはどうしたらいいの?相続登記について解説【行政書士執筆】

    相続登記とは、不動産の所有者が亡くなった場合に、その不動産の登記名義を被相続人(亡くなった方)から相続人へ名義の変更を行なうことをいいます。すなわち、被相続人名義から相続人名義へ登記申請することによって、所有者が変わるということです。 この記事では相続登記のために必要な調査や相続登記の流れ、登記をしない場合のデメリットなどについて、網羅的に説明していきます……

  • 相続登記に必要な遺産分割協議書の書き方

    不動産を相続する場合は、その不動産がある地域を管轄する法務局で、相続登記の手続きをする必要があります。登記申請では、登記が発生した理由や、誰にその不動産の権利が移ったのかを証明するために、登記原因証明情報を添付します。 売買などによる登記申請では、権利を取得する人と失う人が共同で手続きしますが、相続の場合は名義人は既に亡くなっているため、登記原因証明情報と……

  • 相続登記にかかる登録免許税とは?計算方法・免税条件から納付方法まで全解説

    相続財産に家や土地などの不動産が含まれているケースは多いもの。 こうした不動産の名義変更をするには登記が必要ですが、ここでかかってくるのが「登録免許税」という税金です。登録免許税には決まった計算方法があり、それに則って計算をしていきます。 また、平成30年度におこなわれた税制改正では、一定の条件を満たせば免税措置を受けられる制度が新設されました。自身のケ……

  • 土地を相続したら?土地の相続税評価額の計算方法【税理士監修】

    相続税は、相続財産の総額に対してかかります。このため、相続税を計算するには、預金や株式・土地・建物など1つ1つの財産の評価額を出す必要があります。 預金であれば残高がそのまま評価額となるため分かりやすいですが、土地はどのように評価したらいいのでしょうか?それでは、土地の相続税評価額の出し方を詳しく見ていきましょう。 この記事では、路線価図の見方や必要資料……

  • 相続登記の期限|法的な罰則はないものの、名義変更せずに放置するとリスクも【司法書士監修】

    不動産を相続したら、名義変更手続きに当たる相続登記が必要です。しかし現在のところ相続登記に期限はありません。しかし、相続登記せずにいた場合、相続人にとって不利益が起こる可能性がある上、今後、相続登記の期限について法整備も検討されているようです。 この記事では、相続登記の期限や相続登記せずに放置するデメリットの他、相続放棄や相続税申告などの期限のある相続手続……

  • 相続不動産の固定資産税|相続人が確定するまで故人の税金を負担するのは誰?

    土地など不動産を所有していた親族が亡くなると、相続が確定する前でも税務署から「固定資産税納税通知書」が送られてくることがあります。 所有者が決まっていない相続不動産や、故人(被相続人)の名義のままになっている相続不動産、共同名義にした相続不動産などがあった場合、固定資産税は誰が払うべきなのでしょうか。 この記事では、相続人が確定していない段階の相続不……

  • 【不動産相続】手続きの流れと節税方法をわかりやすく解説

    大切な家族が亡くなると、ご遺族は気持ちの整理もつかぬまま、葬儀の手配や相続手続きをこなさなくてはなりません。ただでさえ落ち着かない状態の中で、不慣れな手続きをすることになります。さらに、相続財産の中でも価値が高く、現物で分割することが難しい不動産を相続する場合、相続手続きや相続登記など、負担はより大きくなることが予想されます。 この記事では、不動産相続の手……

12件中1】~【10件の表示

お住いの地域の専門家を探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州