新型コロナ対応
オンライン面談受付中!

新型コロナ対応のため、オンライン無料面談の体制を強化しております。ちょっとした心配ごとでもお気軽にご相談ください。

弁護士

  • 相続関連用語集

    相続に関連する用語を簡単にまとめています。 あ行 遺産分割(いさんぶんかつ) 相続が始まると、被相続人の財産は全相続人が共有する状態になります。この共有状態にある相続財産のうち、誰が何を相続するか決め、分割する手続きを遺産分割といいます。 被相続人が遺言書を残している場合には、被相続人が作成した遺言書に従っておこなわれるのが一般的ですが、相続人が複数……

  • 相続放棄の手続き方法。必要書類や期限、申述書の書き方などまとめて解説【司法書士・行政書士監修】

    亡くなった親に大きな借金があった場合など、そのまま相続してしまうと相続人の生活にも大きな負担がかかることもあり得ます。故人のマイナスの財産や相続人同士の争いなどから身を守る方法として、相続放棄があります。 この記事では手続きの仕方など相続放棄を検討する際に知っておきたいことをまとめています。 長文なので、お急ぎの方は目次から必要な個所を選んで読むことをお……

  • 記入例付!相続放棄申述書の書き方。必要書類一覧と提出方法【司法書士監修】

    相続放棄の手続きをするときに必要な書類のひとつが「相続放棄申述書」です。相続放棄申述書の作成には、戸籍謄本の取り寄せなど手続きが必要です。 この記事では、相続放棄の書類について、相続放棄申述書の入手方法と書き方、提出先や提出方法、添付書類などをご説明します。 この記事はこんな方におすすめ:相続放棄を検討している方、相続放棄申述書の書き方を探している方 ……

  • 弁護士に相談すべき相続問題とは?依頼費用の相場から司法書士・税理士との違いまで徹底解説!【弁護士監修】

    遺産相続の相談先といえば、多くの人が真っ先に思い浮かべるのが弁護士ではないでしょうか。とはいえ、相続相談の対応や手続きの代行は、弁護士以外にも司法書士や行政書士、税理士もおこなっています。弁護士に依頼するべきなのはどのような場合なのでしょうか。 この記事では、弁護士に依頼すべき相続の問題について、遺産分割が相続人同士でまとまらないなどの具体的なケースのほか……

  • 遺産分割を弁護士に依頼するメリット|弁護士の選び方と費用の目安【弁護士監修】

    相続手続きにおいて避けて通れないのが遺産分割協議。スムーズに協議を進めるには、弁護士に遺産分割を依頼するのもひとつの方法です。 この記事では、遺産分割を弁護士に依頼するメリット、相続に強い弁護士の選び方、弁護士費用はいくらかかるのかなど、遺産分割を弁護士に依頼するにあたって気になるポイントを解説していきます。 弁護士に遺産分割を依頼するタイミングはいつが……

  • 相続放棄にかかる費用。自分でする時と専門家に依頼する場合をケース別に【司法書士監修】

    相続放棄にかかる費用には、家庭裁判所に支払う手数料や書類の請求にかかる手数料などがあります。また、専門家に依頼する場合にはその費用も発生します。この記事では、相続放棄の手続きに共通してかかる手数料、ケースによっては必要な費用、さらに専門家に依頼する場合の費用相場など、相続放棄の手続きにかかる費用とその内訳をご説明します。 この記事はこんな方におすすめ:相続……

  • 遺留分減殺請求とは?遺留分侵害額請求との違いや期限・対象を詳しく解説【弁護士監修】

    相続は本来、被相続人の意思が尊重されるもの。ただし法定相続人は、遺言にその名が記されていなくても生活保障の意味合いから一定の遺産が配分される権利を認められており、一定の要件を満たす場合には遺留分として遺産の配分を受ける権利があります。 遺留分を請求する際の制度である遺留分減殺請求は、2019年7月の法律改正により遺留分侵害額請求と改称されました。新旧それぞ……

  • 相続の相談は誰に依頼すれば良い?弁護士・税理士・司法書士・行政書士・銀行をケース別に比較【行政書士監修】

    遺産相続には、状況によってさまざまな準備や法的な手続きが必要になります。そのすべてを自分自身の手で行うのは難しく、どうしても専門家に相談するケースも出てくるでしょう。弁護士、税理士、司法書士、行政書士、銀行など、各専門家の得意分野を把握しながら、時期や状況に応じて依頼をすることが非常に重要です。 この記事では、相続の相談相手について弁護士、税理士、司法書士……

  • 相続人が必ずもらえる遺留分|計算方法と侵害された時の対処法、遺言書での注意点【弁護士監修】

    相続税対策のために生前贈与を考えたり、遺言書を作成したり、相続の準備をしている方も増えています。しかし、相続のことを考えるなら、同時に遺留分についても考慮する必要があります。 遺留分とは、民法で定められた相続人が相続できる最低限の取り分のことです。法律で守られているので、相続の際に著しい不公平があった場合も、遺留分は取り返すことができます。また遺留分を請求……

  • 遺言書作成は誰に依頼する?税理士、行政書士、司法書士、弁護士の得意分野と費用の目安【行政書士監修】

    「遺言書を作ろう」と思い立ったとき、つねに念頭に置いておきたいのは「立つ鳥跡を濁さず」ということ。遺言には、「民法で定められた相続分(法定相続分)より優先される」という大原則があり、遺産相続において、遺言者本人の意思を遺族に伝える最良の手段と言えるでしょう。 ただし、民法で定められた方式に従っていないなどの不備があれば、法的効力を失うこともありますので……

お住いの地域の専門家を探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス