相続トラブル

  • 遺言がないことで相続争いが生じることも!?遺言に関するQ&A【行政書士執筆】

    「遺言」という言葉、この言葉を聞いたことがあるという方がほとんどではないでしょうか。しかし、なんとなくのイメージはあっても、「遺言」が何か?と聞かれると正確に答えられる方は少ないと思います。 「遺言」とは、一般的には残された遺族の方に向けたメッセージとしての意味合いで使われているかもしれません。しかし、遺言は、自分が生涯をかけて築き、かつ守ってきた大切な財……

  • 特定の者に財産を残したいときに必要な遺言書【行政書士執筆】

    民法では、相続人の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及び配偶者(妻)……

  • 遺産分割の特殊事例【行政書士執筆】

    相続人の全員が集まって開催する遺産分割協議では、様々な特殊なケースが発生します。特殊なケースといっても、実際にはよく起こることです。それは「誰が」相続人になるのかということ、「何が」相続財産に含まれるのかということが大きく関係してきます。 この記事では、そのような「人」と「財産」についての特殊な事例についてご紹介していきます。 相続人全員が集まれない場合……

  • 相続手続|戸籍と印鑑証明書が必要な理由と集め方【行政書士執筆】

    相続手続で必要な戸籍や印鑑証明書はどのように取得し、活用すればいいのでしょうか? 本記事では、相続人の戸籍や印鑑証明書を取得するための方法や注意点、その活用の仕方などについて説明していきます。 相続で必要な書類 前の記事にて、相続手続では戸籍が必要になるとお話しました。相続手続に必要な書類は、実は大きく3つに分けることができます。 亡くなった方……

  • 兄弟姉妹の相続は揉めやすい!?兄弟姉妹の法定順位と相続分。遺留分の有無や2割加算、代襲相続の限度など第1、2順位との違い【行政書士監修】

    相続において親族間にトラブルが起こることは珍しくありません。中でも兄弟姉妹については、親の死後、遺産相続のために関係が悪化したり、また兄弟姉妹が相続人となる場合、配偶者や子が相続人となる場合と比べて一部取り扱いが異なるものもあったり、兄弟姉妹だからこそ起こりやすいトラブルもあります。 この記事では、兄弟姉妹にかかわる相続について、法定相続順位と法定相続分の……

  • 遺産分割調停とは?|遺産分割調停までの流れと申立方法。調停がまとまらない場合の対応【弁護士監修】

    遺産分割調停とは、遺産を残す人(被相続人)が遺言を残さずに亡くなり、遺産を受け取る人(相続人)の協議によって相続内容が決まらなかった場合に発生する手続きのことをいいます。 遺産分割調停は、家庭裁判所の裁判官と調停委員の仲介によって相続人の主張を調整し、すべての相続人が納得できる相続内容を導き出す方法です。 遺産分割調停をおこなう場合、相続争いに発展する可……

  • 遺産分割を弁護士に依頼するメリット|弁護士の選び方と費用の目安

    相続手続きにおいて避けて通れないのが遺産分割協議。スムーズに協議を進めるには、弁護士に遺産分割を依頼するのもひとつの方法です。 この記事では、遺産分割を弁護士に依頼するメリット、相続に強い弁護士の選び方、弁護士費用はいくらかかるのかなど、遺産分割を弁護士に依頼するにあたって気になるポイントを解説していきます。 弁護士に遺産分割を依頼するタイミングはいつが……

  • 遺産分割審判の流れと進め方|有利に進めるためのポイントをご紹介

    遺産分割審判とは、被相続人が遺言を残さずに死亡し、相続人が遺産の配分割合を話し合いによって決められない場合におこなわれる手続きです。 遺産分割審判では、裁判官が相続人の主張をもとに、誰にどれだけの遺産を分配するかを決定します。遺産分割審判によって相続割合が決定すると、法律ではその決定に従うことを義務付けられることになります。 この記事では、遺産分割審判の……

  • 遺言書と遺留分どちらが優先|相続で揉めないための遺留分についての全知識

    遺産相続において、「自分の財産は自由に使うことができる」という大原則があります。したがって、遺言を書いておけば、死亡時に残っていた財産を、誰にどれだけ相続させるのかを自由に決めることができます。 一方、相続財産は「遺族の生活保障」や「被相続人(亡くなった人)への貢献に対する潜在的な持ち分」という面も持っています。 もし、遺言通りの相続をして、遺族の生活が……

  • 相続人が必ずもらえる遺留分|計算方法と侵害された時の対処法、遺言書での注意点【弁護士監修】

    相続税対策のために生前贈与を考えたり、遺言書を作成したり、相続の準備をしている方も増えています。しかし、相続のことを考えるなら、同時に遺留分についても考慮する必要があります。 遺留分とは、民法で定められた相続人が相続できる最低限の取り分のことです。法律で守られているので、相続の際に著しい不公平があった場合も、遺留分は取り返すことができます。また遺留分を請求……

13件中1】~【10件の表示