相続トラブル

  • 兄弟姉妹の相続は揉めやすい!?兄弟姉妹の法定順位と相続分。遺留分の有無や2割加算、代襲相続の限度など第1、2順位との違い

    相続において親族間にトラブルが起こることは珍しくありません。中でも兄弟姉妹については、親の死後、遺産相続のために関係が悪化したり、また兄弟姉妹が相続人となる場合、配偶者や子が相続人となる場合と比べて一部取り扱いが異なるものもあったり、兄弟姉妹だからこそ起こりやすいトラブルもあります。 この記事では、兄弟姉妹にかかわる相続について、法定相続順位と法定相続分の……

  • 遺産分割調停とは?|遺産分割調停までの流れと申立方法。調停がまとまらない場合の対応

    遺産分割調停とは、遺産を贈る人(被相続人)が遺言を残さずに亡くなり、遺産を受け取る人(相続人)の相続割合が遺産分割協議によって決まらなかった場合に発生する手続きのことをいいます。 遺産分割調停は、家庭裁判所の裁判官と調停委員の仲介によって相続人の主張を調整し、すべての相続人が納得できる相続の割合を導き出す方法です。 遺産分割調停をおこなう場合、相続争いに……

  • 遺産分割を弁護士に依頼するメリット|弁護士の選び方と費用の目安

    相続手続きにおいて避けて通れないのが遺産分割協議。スムーズに協議を進めるには、弁護士に遺産分割を依頼するのもひとつの方法です。 この記事では、遺産分割を弁護士に依頼するメリット、相続に強い弁護士の選び方、弁護士費用はいくらかかるのかなど、遺産分割を弁護士に依頼するにあたって気になるポイントを解説していきます。 弁護士に遺産分割を依頼するタイミングはいつが……

  • 遺産分割審判の流れと進め方|有利に進めるためのポイントをご紹介

    遺産分割審判とは、被相続人が遺言を残さずに死亡し、相続人が遺産の配分割合を話し合いによって決められない場合におこなわれる手続きです。 遺産分割審判では、裁判官が相続人の主張をもとに、誰にどれだけの遺産を分配するかを決定します。遺産分割審判によって相続割合が決定すると、法律ではその決定に従うことを義務付けられることになります。 この記事では、遺産分割審判の……

  • 遺言書と遺留分どちらが優先|相続で揉めないための遺留分についての全知識

    遺産相続において、「自分の財産は自由に使うことができる」という大原則があります。したがって、遺言を書いておけば、死亡時に残っていた財産を、誰にどれだけ相続させるのかを自由に決めることができます。 一方、相続財産は「遺族の生活保障」や「被相続人(亡くなった人)への貢献に対する潜在的な持ち分」という面も持っています。 もし、遺言通りの相続をして、遺族の生活が……

  • 遺言書が無効になるパターンとは?争族事例で見る、納得できない遺言書の対処法

    遺産相続では、「遺言は、法で定められた相続分(法定相続分)より優先される」という大原則があります。 しかし、遺言の内容が、特定の相続人だけが得をするものだったり、ほとんどの財産を第三者へ遺贈していたり、認知した隠し子に財産を渡していたりするものだったりすると、極めて高い確率で「争族」とも言える相続トラブルが発生します。 このような場合、遺言の無効を確……

  • 【2020年版】生前贈与するなら要注意!改正された遺留分侵害額請求(減殺請求)について徹底解説!【税理士監修】

    生前贈与は、相続税対策のなかでも生きているうちに自分の意思で、財産の分配を調整したり、遺産(=相続財産)の総額を減らして相続税を減額させられる有効な手段です。贈与の基礎控除や非課税特例も多く、是非とも検討したい相続税対策のひとつです。 ただし生前贈与を考える際に確認しておきたいのが遺留分のことです。生前贈与や遺言書などによって相続財産の分割方法に著しい不公……

  • 遺言書の種類と書き方、その効力。種類別作成方法と注意点【行政書士監修】

    終活ブームの流れを受けて、財産を整理したり、エンディング・ノートを書いたりする人が増えています。でも、遺言書の作成となると、「正しい書式で書かないと無効になるんでしょ?」「手間暇かかりそうで面倒そう」といった印象があるせいか、ハードルが高いようです。 この記事では、そもそも遺言書とはどういうものなのか?遺言書を作成することでどんなことができるのか?とい……