生前贈与

「生前贈与」とは、生きている間に財産を配偶者や子、孫などに贈与することです。生前贈与を行うと相続税の課税対象となる財産が減り、相続税を軽減できることから、相続税の節税対策として生前贈与を考える方もいらっしゃいます。

生前贈与を行うことで、贈与する人(贈与者)にとっては、自分が生きているうちに、あげたい財産をあげたい人に渡すことができ、さらに贈与者の死後、親族間でもめることを回避する効果も期待されます。また、贈与される人(受贈者)にとっては、早期に資産が手に入ることで、住宅の購入や教育費の負担が減るというメリットがあります。若い世代に資金が渡ると経済が活性化されるという、国としてのメリットにもつながります。

しかし、生前贈与をすると相続税の節税にはなりますが、贈与税は課税されます。したがって、節税のために生前贈与を考えている方は、贈与税と相続税を試算して、どちらがより収める税金が少なくなるか確認する必要があります。以下では、生前贈与について仕組みやメリット・デメリットなどについて詳しく解説しています。

  • 【2020年版】生前贈与とは?失敗しない!基本の知識をわかりやすく徹底解説【行政書士監修】

    相続税の対策のひとつに、生前贈与という方法があります。財産を贈与する際には、贈与税を納めなければなりませんが、非課税枠などを上手に活用することで、大きなメリットを得ることも可能です。 ここでは、生前贈与のメリット、贈与税の「暦年課税制度」と「相続時精算課税制度」贈与税の非課税特例などについて、ご紹介します。 この記事の監修者 ……

  • 孫への生前贈与|暦年課税制度と相続時精算課税制度。教育資金、結婚資金、住宅資金の非課税枠

    相続税の節税対策のひとつとして、生前に子や孫に財産の一部を贈与する生前贈与という方法があります。相続財産に課税される相続税と比較して、贈与した財産に課税される贈与税の方が税率は高く、闇雲に贈与をしてしまうとかえって高い税金を納めなければならなくなりますが、暦年贈与など非課税となる制度を利用することで節税効果が期待できます。 この原稿では生前贈与の中でも特に……

  • 生前贈与に生命保険を活用|相続対策から見たメリットとデメリット

    自分の意思で資産を子や孫などに譲ることができる生前贈与は、相続税対策の面でも効果が期待できる方法です。住宅取得資金や教育資金、結婚・子育て資金など、子供のライフイベントに合わせた生前贈与もありますが、もうひとつ考えたいのが、生命保険を活用した生前贈与です。 この記事では、生前贈与に生命保険を活用する場合のメリット、デメリットや注意点などについてご説明し……

  • 生前贈与の手続きは自分でできる?現金・不動産・株式など生前贈与のポイントや注意点【税理士監修】

    2015年の税制改正により相続税の課税対象者が大幅に増加したこともあり、生前贈与が注目を集めています。 相続税を減らせるケースがあるほか、自分が生きているうちに子どもや孫に資産を有効に使ってほしい、死後に遺族に揉めてほしくないといった希望を叶えるためにも役立つ生前贈与の手続きを解説します。 この記事では、生前贈与や暦年贈与に必要な手続き、現金や土地・家屋……

  • 【2020年版】生前贈与するなら要注意!改正された遺留分侵害額請求(減殺請求)について徹底解説!【税理士監修】

    生前贈与は、相続税対策のなかでも生きているうちに自分の意思で、財産の分配を調整したり、遺産(=相続財産)の総額を減らして相続税を減額させられる有効な手段です。贈与の基礎控除や非課税特例も多く、是非とも検討したい相続税対策のひとつです。 ただし生前贈与を考える際に確認しておきたいのが遺留分のことです。生前贈与や遺言書などによって相続財産の分割方法に著しい不公……

  • 【2020年版】土地・不動産の生前贈与と税金| 最新の節税・税金対策をわかりやすく

    相続税の課税対象を減らすことで節税対策が期待される生前贈与。この記事では、財産の中でも、特に土地・不動産を贈与する場合に必要な手続きや、考えられる税金、さらにその対策などについてまとめています。なお、贈与税と相続税では税率も異なり、生前贈与が必ずしも節税対策になるとは限りません。メリット、デメリットを踏まえて検討することをおすすめします。 土地・不動産を生……