新型コロナ対応
オンライン面談受付中!

新型コロナ対応のため、オンライン無料面談の体制を強化しております。ちょっとした心配ごとでもお気軽にご相談ください。

生前贈与

「生前贈与」とは、生きている間に財産を配偶者や子、孫などに贈与することです。生前贈与を行うと相続税の課税対象となる財産が減り、相続税を軽減できることから、相続税の節税対策として生前贈与を考える方もいらっしゃいます。

生前贈与を行うことで、贈与する人(贈与者)にとっては、自分が生きているうちに、あげたい財産をあげたい人に渡すことができ、さらに贈与者の死後、親族間でもめることを回避する効果も期待されます。また、贈与される人(受贈者)にとっては、早期に資産が手に入ることで、住宅の購入や教育費の負担が減るというメリットがあります。若い世代に資金が渡ると経済が活性化されるという、国としてのメリットにもつながります。

しかし、生前贈与をすると相続税の節税にはなりますが、贈与税は課税されます。したがって、節税のために生前贈与を考えている方は、贈与税と相続税を試算して、どちらがより納める税金が少なくなるか確認する必要があります。以下では、生前贈与について仕組みやメリット・デメリットなどについて詳しく解説しています。

11件中1】~【10件の表示

お住いの地域の専門家を探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス