手続き

  • 日本に住んでいる韓国人の方の相続税申告と相続手続の全て【税理士寄稿】

    このページでは、韓国籍を持ったまま日本にお住まいだった在日韓国人の方が亡くなられた場合の、日本と韓国双方の相続手続と相続税申告の仕組みについてご説明します。 相続は被相続人の国籍がある国の民法に基づきます 日本では、外国籍の方が亡くなられた場合には、被相続人の本国の相続法に基づいて相続手続をおこなうよう定められています。韓国の法律でも、被相続人の本国法に……

  • 相続放棄をすると生命保険はどうなるの?|相続放棄したときの生命保険の扱いや税金についてご紹介

    相続放棄を検討するときには、被相続人の財産を正しく把握することが大切です。土地や家のような財産は、価値がわかりにくいため計算するうえで注意が必要になります。これとは別に、取り扱いそのものがわかりにくいもののひとつが生命保険です。 この記事では、相続放棄をしたときの生命保険の取り扱い、被相続人の生命保険にかかる税金、相続放棄しても受け取れるお金、税金の控除な……

  • 遺言がないことで相続争いが生じることも!?遺言に関するQ&A【行政書士執筆】

    「遺言」という言葉、この言葉を聞いたことがあるという方がほとんどではないでしょうか。しかし、なんとなくのイメージはあっても、「遺言」が何か?と聞かれると正確に答えられる方は少ないと思います。 「遺言」とは、一般的には残された遺族の方に向けたメッセージとしての意味合いで使われているかもしれません。しかし、遺言は、自分が生涯をかけて築き、かつ守ってきた大切な財……

  • 遺言書が必要になる場面、個別の事情があるとき【行政書士執筆】

    民法では、相続人が開始した場合の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及……

  • 金融機関(ゆうちょ銀行)の相続手続きについて【行政書士執筆】

    財産調査を行う際や遺言書または遺産分割協議書の内容を反映させる際には金融機関での手続きが必要になります。金融機関には都市銀行やゆうちょ銀行、信用金庫など様々な手続き先が存在し、それぞれで異なる方式を採用していることも多いのです。 この記事では金融機関での相続手続について、特にゆうちょ銀行に重点を置いてその手続きについて解説します。メガバンクについての手続き……

  • 金融機関(メガバンク)の相続手続きについて【行政書士執筆】

    財産調査を行う際や遺言書または遺産分割協議書の内容を反映させる際には金融機関での手続きが必要になります。金融機関には都市銀行やゆうちょ銀行、信用金庫など様々な手続き先が存在し、それぞれで異なる方式を採用していることも多いのです。 この記事では相続手続きについて、特にメガバンクの手続について解説します。 金融機関への連絡 相続が発生した場合には、金融機関……

  • 相続発生時の税務「準確定申告」について【行政書士執筆】

    「準確定申告」とは、納税者が死亡したときに行う確定申告のことを言います。 この記事は、相続発生した際に起こりうるこちらの税務申告の概略についてご説明します。 「準確定申告」と「確定申告」 生きている方の所得税の申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について、翌年の2月16日から3月15日までの間に申告書の提出を行います。これが「確……

  • 相続税の基礎知識|申告・納税期限、基礎控除、相続税のかからない財産、みなし相続財産など【行政書士執筆】

    相続税は、相続や遺贈によって取得した財産及び相続時精算課税の適用を受けて贈与により取得した財産の価額の合計額(債務などの金額を控除し、相続開始前3年以内の贈与財産の価額を加算します)が基礎控除額を超える場合にその超える部分(課税遺産総額)に対して、課税されます。 こちらの記事では相続税に関する概略をご案内させていただきます。 相続税の申告と納税 相続税……

  • 相続登記が義務になるって本当?所有者不明土地・空き家問題、相続登記の現状と登記しないことのデメリット【行政書士執筆】

    不動産の相続登記を義務化するために政府は2020年の秋の臨時国会に法案を提出する予定です。相続登記が義務化された場合に相続手続きにどのような影響が出るのでしょうか。 この記事では現在検討されている情報をもとに相続登記の義務化について、相続登記の現状や相続登記が進まない理由、そして相続登記をおこなわないことのデメリットなどについて解説していきます。 相続登……

  • 不動産を相続するにはどうしたらいいの?相続登記について解説【行政書士執筆】

    相続登記とは、不動産の所有者が亡くなった場合に、その不動産の登記名義を被相続人(亡くなった方)から相続人へ名義の変更を行なうことをいいます。すなわち、被相続人名義から相続人名義へ登記申請することによって、所有者が変わるということです。 この記事では相続登記のために必要な調査や相続登記の流れ、登記をしない場合のデメリットなどについて、網羅的に説明していきます……

53件中1】~【10件の表示