遺産分割

複数の相続人で相続財産を分けることを「遺産分割」といいます。相続が発生した場合、相続人は皆で遺産分割協議と呼ばれる話し合いをおこない、誰がどの財産をどのくらい引き継ぐかを決定しなければなりません。

民法では「法定相続分」といって、相続人それぞれの相続割合が定められていますが、遺産分割協議をおこなえばこの割合と異なる分配をすることが可能。たとえば家屋や土地を複数人で共有することは不便で現実的でないため、実際は協議により遺産分割をおこなうことがほとんどです。

遺産分割の方法が決まったら、「遺産分割協議書」という書面を作成するのが一般的。相続手続きには協議書の提出を求められるものも多くあります。専門的な書類なので、司法書士や行政書士といったプロにまかせるケースもあります。

以下では、遺産分割について、手続き方法やスケジュール、遺産分割協議書の作り方やテンプレートなどについて解説しています。

  • 相続で揉めないために|公平な財産分与をするために知っておきたいこと

    親が亡くなったとき、それまで仲の良かった兄弟姉妹が遺産争いで絶縁してしまった、という話は、珍しいケースではありません。また、遺産争いというと、財産が多い場合に起こるようなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、家と少しの預貯金というケースでも起こる可能性があります。 これを避けるためには、いかにすべての相続人が不公平感を感じないように財産分与をするかが大切……

  • 遺産分割調停とは?|遺産分割調停までの流れと申立方法。調停がまとまらない場合の対応

    遺産分割調停とは、遺産を贈る人(被相続人)が遺言を残さずに亡くなり、遺産を受け取る人(相続人)の相続割合が遺産分割協議によって決まらなかった場合に発生する手続きのことをいいます。 遺産分割調停は、家庭裁判所の裁判官と調停委員の仲介によって相続人の主張を調整し、すべての相続人が納得できる相続の割合を導き出す方法です。 遺産分割調停をおこなう場合、相続争いに……

  • 遺産分割を弁護士に依頼するメリット|弁護士の選び方と費用の目安

    相続手続きにおいて避けて通れないのが遺産分割協議。スムーズに協議を進めるには、弁護士に遺産分割を依頼するのもひとつの方法です。 この記事では、遺産分割を弁護士に依頼するメリット、相続に強い弁護士の選び方、弁護士費用はいくらかかるのかなど、遺産分割を弁護士に依頼するにあたって気になるポイントを解説していきます。 弁護士に遺産分割を依頼するタイミングはいつが……

  • 遺産分割について|遺産分割のための手続きと注意点。トラブルを防ぐためのポイント

    遺産分割とは、遺産を贈る人(被相続人)が遺言を残さずに死亡した場合に、話し合いによって遺産を受け取る人(相続人)に分配していく方法です。 遺産分割にあたっては、被相続人の財産を一旦は相続人全員の共有財産として相続し、その後に協議によって誰が何を相続するか決定します。相続人同士で十分にコミニケーションをとりながら進めていかないと、相続によってはトラブルに発展……

  • 相続で寄与分を主張するには?|寄与分が認められる要件、計算方法、遺言との関係

    故人の介護をしていた、故人の事業を無償で手伝っていたなど、故人に生前何らかの貢献をしてきた人に対しては寄与分が認められることがあり、遺産を他の相続人よりも多くもらえる可能性があります。 この記事では、故人のために尽力してきた人が寄与分をきちんと主張できるよう、寄与分を主張できる人についてや、どういった行為が寄与とみなされるか、寄与分の計算はどのように行われ……

  • 遺産分割審判の流れと進め方|有利に進めるためのポイントをご紹介

    遺産分割審判とは、被相続人が遺言を残さずに死亡し、相続人が遺産の配分割合を話し合いによって決められない場合におこなわれる手続きです。 遺産分割審判では、裁判官が相続人の主張をもとに、誰にどれだけの遺産を分配するかを決定します。遺産分割審判によって相続割合が決定すると、法律ではその決定に従うことを義務付けられることになります。 この記事では、遺産分割審判の……

  • 遺産分割協議書の書き方を全解説|作成の目的から必要書類まで【行政書士監修】

    相続手続きを行う上では、遺産分割協議によってすべての相続人が合意した内容を文書にまとめた遺産分割協議書が必要となります。この記事では、遺産分割協議書の作り方について、その書式やテンプレート、書くべき内容、押印の仕方などについてまとめています。 この記事の監修者 ……