新型コロナ対応
自宅にいながら相続手続き!

外出しにくい今だからこそ、相続手続きは専門家にお任せください。オンライン面談も選べます!

遺言

「遺言」とは、自分が亡くなった際に備えて自分の財産等に関する遺志を実現してもらうべく、書面に希望を書き残すものです。遺言書を書くと自身の意思を明確に伝えることができ、相続トラブルの未然防止につながります。主には公正証書遺言・自筆証書遺言・秘密証書遺言の3種類があり、一般的には公正証書または自筆証書で作成されることがほとんどです。中でも公正証書遺言は公証人が作成するため、のちの「争族」を防げる可能性が非常に高いとされています。

遺言というとどうしても「お金持ちにしか関係ないもの」「自分の家は財産が少ないから争いなど考えられず、遺言は必要ない」と考えがちですが、遺言の必要性は財産額とはまったく無関係です。むしろ、財産がなく各相続人が不満を持ちやすい家や、財産構成が偏っている(たとえば大部分が不動産)家ほど遺言の必要性は高いのです。

また、最近では自筆証書遺言の形式が緩和されたり、法務局での預かり制度がスタートしたりと遺言の効果への期待は非常に高まっています。以下では、そんな遺言書について書き方や費用、無効になってしまうケースなどを詳しく解説しています。

  • 漢字の成り立ちから読みとく、遺言の意味

    11月15日は「いい遺言(いごん)の日」です。 相続に関する意識を日ごろから高める目的で、2006年にりそな銀行が制定しました。同様の記念日は、4月15日の「遺言の日」(日本弁護士連合会)、1月5日の「遺言の日」(日本財団)などもありますが、それだけ相続や遺言に関心が高まっているということかもしれません。 今回は、「遺言」という言葉にはそもそもどのような……

  • 検認は遺言書の内容を証明する方法!制度の概要や手続き方法を解説【税理士監修】

    亡くなった方の遺言書(いごんしょ)が出てきた場合、どうすればいいかご存じですか?検認は遺言書に対して必要となる手続きのひとつ。裁判所に遺言書を提出して内容の確認をおこないます。大切なご家族が亡くなると悲しみに浸る間もなくさまざまな手続きが必要です。検認についてあらかじめ知っておき、万一の際に役立てましょう。 この記事では、検認の目的や手続き方法とあわせて遺……

  • 遺言で寄付をするなら知っておきたい!遺贈寄付で失敗しないための6つのポイント【行政書士監修】

    遺産は遺言を使って自由に寄付できます。 自分と志を同じくする人や応援したい団体に遺産を託したい。自分の遺産を誰かの役に立ててもらいたい。財産の持ち主であるあなたが望むなら、遺言による寄付を考えてみてはいかがでしょう。 この記事では、遺言による寄付の種類や寄付時の注意点など、遺言による寄付をする際に知っておきたい知識をご紹介します。 この……

  • 遺言がないことで相続争いが生じることも!?遺言に関するQ&A【行政書士執筆】

    「遺言」という言葉、この言葉を聞いたことがあるという方がほとんどではないでしょうか。しかし、なんとなくのイメージはあっても、「遺言」が何か?と聞かれると正確に答えられる方は少ないと思います。 「遺言」とは、一般的には残された遺族の方に向けたメッセージとしての意味合いで使われているかもしれません。しかし、遺言は、自分が生涯をかけて築き、かつ守ってきた大切な財……

  • 遺言の執行に関する手続き|遺言執行者の義務と権限、遺言執行の流れ【行政書士執筆】

    親族が亡くなった場合に、遺品の整理をしていると「遺言」が見つかることがあります。遺言が見つかった場合に、どういった流れで何をすればよいのでしょうか。 今回は遺言の執行に関する手続きについて、遺言執行人の選任から、遺言執行者の義務と権限、遺言執行の流れについてご説明します。 遺言とは まず、遺言とは何かを簡単に説明していきます。遺言とは、被相続人の最後の……

  • 遺言書が必要になる場面、個別の事情があるとき【行政書士執筆】

    民法では、相続人が開始した場合の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及……

  • 死後、何かを頼みたいときに必要な遺言書【行政書士執筆】

    民法では、相続人の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及び配偶者(妻)……

  • 特定の者に財産を残したいときに必要な遺言書【行政書士執筆】

    民法では、相続人の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及び配偶者(妻)……

  • 遺言書の撤回・取り消し・変更の方法と文例|撤回する際の注意点も解説【弁護士監修】

    状況の変化などで遺言書の撤回や取り消し、変更をしたいという場合もあるでしょう。後々トラブルにならないよう、確実な対処が重要です。 本記事では、遺言書の撤回・取り消し・変更の方法を解説した後、それぞれの文例について紹介します。また、遺言の撤回とみなされるケース、遺言が効力を発揮した後の取り消し方法、総合的な注意点についても調査しました。遺言書の撤回や変更方法……

  • 遺言書と遺留分どちらが優先|相続で揉めないための遺留分についての全知識【弁護士監修】

    遺産相続において、「自分の財産は自由に使うことができる」という大原則があります。したがって、遺言を書いておけば、死亡時に残っていた財産を、誰にどれだけ相続させるのかを自由に決めることができます。 一方で、遺言通りの相続をして、遺族の生活が困難になるなどの事態にならないよう、民法は相続人に対して「遺留分」という最低限保証される財産を請求する権利を認めています……

21件中1】~【10件の表示

お住いの地域の専門家を探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州