1分で診断!
あなたに必要な相続手続き

4つの質問に答えるだけで、あなたに必要な相続手続きがわかります。面倒な手続きも多いですが、まずはやるべきことをきちんと把握することが大事です。

遺言

「遺言」とは、自分が亡くなった際に備えて自分の財産等に関する遺志を実現してもらうべく、書面に希望を書き残すものです。遺言書を書くと自身の意思を明確に伝えることができ、相続トラブルの未然防止につながります。主には公正証書遺言・自筆証書遺言・秘密証書遺言の3種類があり、一般的には公正証書または自筆証書で作成されることがほとんどです。中でも公正証書遺言は公証人が作成するため、のちの「争族」を防げる可能性が非常に高いとされています。

遺言というとどうしても「お金持ちにしか関係ないもの」「自分の家は財産が少ないから争いなど考えられず、遺言は必要ない」と考えがちですが、遺言の必要性は財産額とはまったく無関係です。むしろ、財産がなく各相続人が不満を持ちやすい家や、財産構成が偏っている(たとえば大部分が不動産)家ほど遺言の必要性は高いのです。

また、最近では自筆証書遺言の形式が緩和されたり、法務局での預かり制度がスタートしたりと遺言の効果への期待は非常に高まっています。以下では、そんな遺言書について書き方や費用、無効になってしまうケースなどを詳しく解説しています。

相続はそれぞれのケースによって、対応方法は異なります。「いい相続」ではお住いのお近く、ご実家の近くなどご希望の地域で、相続に強い専門家を無料でご紹介しています。お気軽にご相談ください。

  • 遺言執行者と相続人は同一人物でもいい?注意点とは

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2021年5月14日に公開された記事を再編集したものです。 遺言執行者は相続人と同一人物でもよいのでしょうか? 遺言執行者に相続人をする場合は、どのような点に注意すべきでしょうか? 遺言執行者を相続人以外の人(専門家)に依頼すると、どのようなメリットがあるのでしょうか? この記事では、以上のような疑問……

  • 遺言執行者に司法書士など専門家を指定するメリット

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2021年5月7日に公開された記事を再編集したものです。 遺言執行者は、司法書士等の相続の専門家と推定相続人(相続開始後に相続人となる人)のどちらを指定すべきでしょうか? この記事では、遺言執行者に司法書士を指定するメリットと費用・報酬の相場について説明します。 また、遺言で執行者が指定されていない場合……

  • 遺言執行者の報酬の決め方

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2021年5月7日に公開された記事を再編集したものです。 遺言で遺言執行者を指定するときや、家庭裁判所に遺言執行者選任申立をするときに、気になるのが遺言執行者の報酬についてではないでしょうか? この記事では、遺言執行者の報酬についてわかりやすく説明します。 遺言執行者の報酬は誰が払う? ……

  • 自筆証書遺言と公正証書遺言の違いを比較!優先されるのはどちら?

    もしもの時に遺族たちが相続で混乱しないよう、遺言書を用意する方は近年増えています。しかし、遺言書にもいくつか種類があり、中でも自分で手軽に書くことができる自筆証書遺言と公証人に作成してもらう公正証書遺言のどちらを選ぶべきか、迷うケースもあるようです。この記事では、どちらの遺言書を選ぶべきか、判断の材料になるよう自筆証書遺言と公正証書遺言の違いを比較しています……

  • 遺言書作成を弁護士に依頼するメリットと流れ

    本記事は、いい相続の姉妹サイト「遺産相続ガイド」で2021年4月13日に公開された記事を再編集したものです。 遺言書作成の最も確実な方法は、専門家に相談・依頼することです。法律の専門家というと弁護士を思い浮かべる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、遺言書作成を弁護士に依頼するメリット等について説明します。 まず知っておきたい遺言書の基……

  • こんな自筆証書遺言は無効!NGな記入例でわかりやすく解説

    何を書くかじっくり考え、下書きをして、清書して……と、案外時間のかかる自筆証書遺言。この記事では、一見問題のなさそうに見えるのに無効になってしまう自筆証書遺言の記入例をご紹介します。また、記事の後半では、無効にはならないものの、トラブルになりがちな記入例もご紹介していますので、是非最後までお読みください。 この記事はこんな方におすすめ:「自筆証書遺言を書き……

  • 遺言に関するお悩み事例集「いい相続」へのご相談と専門家の回答まとめ

    遺言に関するご相談をまとめました。 気になる質問を見つけたら「→回答はこちら」をクリック!! Q:兄が勝手に母親の公正証書の遺言書を作りました。母親は認知症で、もはや遺言書の書き直しは不可能ですが母親の死後に遺言書の有効性を争うことは可能でしょうか? →回答はこちら Q:遺言書には決まった書式みたいなものがあるのでしょうか?証人が必要なのは知っていま……

  • パソコンで作成、代筆もできる!秘密証書遺言の作り方

    遺言書は、亡くなった人の意思を示す大切なものです。適当に紙に書いて残しても効力はなく、正式な手順や内容で作成し保存することで有効になります。ご自分の思いに沿った財産の残し方を実現するため、そしてご遺族が争わないため、遺言書を正式な方法で作成しておくことはとても重要なことです。 一般的に用いられている遺言書の形式は公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言の3……

  • 自筆証書遺言の開封前に必ず確認!検認が必要なケースと手続きの流れ

    自宅などで保管していた自筆証書遺言や秘密証書遺言を発見した場合、家庭裁判所で検認をおこなう必要があります。また遺言書に封印がある場合は、相続人が勝手に開封することも認められていません。この記事では検認について、ご説明します。 この記事はこんな方におすすめ:これから遺言書を書こうとしている方、遺言書を保管している、または発見した人 自筆証書遺言は、……

  • 【訂正例つき】自筆証書遺言の訂正・書き直し方法。財産目録の訂正の仕方も

    自筆証書遺言は誰でも手軽に作成することができる反面、全文を手書きで書かなければならないなど、さまざまなルールがあります。一度作成した自筆証書遺言を訂正する場合も、法律でその方法が定められています。この記事では、自筆証書遺言の加除訂正の仕方についてご説明します。 この記事はこんな方におすすめ:以前書いた自筆証書遺言を書き直したい方 遺言書は、いつで……

67件中1】~【10件の表示

ご希望の地域の専門家を探す

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス