新型コロナ対応
オンライン面談受付中!

新型コロナ対応のため、オンライン無料面談の体制を強化しております。ちょっとした心配ごとでもお気軽にご相談ください。

遺言

「遺言」とは、自分が亡くなった際に備えて自分の財産等に関する遺志を実現してもらうべく、書面に希望を書き残すものです。遺言書を書くと自身の意思を明確に伝えることができ、相続トラブルの未然防止につながります。主には公正証書遺言・自筆証書遺言・秘密証書遺言の3種類があり、一般的には公正証書または自筆証書で作成されることがほとんどです。中でも公正証書遺言は公証人が作成するため、のちの「争族」を防げる可能性が非常に高いとされています。

遺言というとどうしても「お金持ちにしか関係ないもの」「自分の家は財産が少ないから争いなど考えられず、遺言は必要ない」と考えがちですが、遺言の必要性は財産額とはまったく無関係です。むしろ、財産がなく各相続人が不満を持ちやすい家や、財産構成が偏っている(たとえば大部分が不動産)家ほど遺言の必要性は高いのです。

また、最近では自筆証書遺言の形式が緩和されたり、法務局での預かり制度がスタートしたりと遺言の効果への期待は非常に高まっています。以下では、そんな遺言書について書き方や費用、無効になってしまうケースなどを詳しく解説しています。

  • 自筆証書遺言と公正証書遺言の違いを比較!優先されるのはどちら?

    もしもの時に遺族たちが相続で混乱しないよう、遺言書を用意する方は近年増えています。しかし、遺言書にもいくつか種類があり、中でも自分で手軽に書くことができる自筆証書遺言と公証人に作成してもらう公正証書遺言のどちらを選ぶべきか、迷うケースもあるようです。この記事では、どちらの遺言書を選ぶべきか、判断の材料になるよう自筆証書遺言と公正証書遺言の違いを比較しています……

  • こんな自筆証書遺言は無効!NGな記入例でわかりやすく解説

    何を書くかじっくり考え、下書きをして、清書して……と、案外時間のかかる自筆証書遺言。この記事では、一見問題のなさそうに見えるのに無効になってしまう自筆証書遺言の記入例をご紹介します。また、記事の後半では、無効にはならないものの、トラブルになりがちな記入例もご紹介していますので、是非最後までお読みください。 この記事はこんな方におすすめ:「自筆証書遺言を書き……

  • 遺言に関するお悩み事例集「いい相続」へのご相談と専門家の回答まとめ

    遺言に関するご相談をまとめました。 気になる質問を見つけたら「→回答はこちら」をクリック!! Q:兄が勝手に母親の公正証書の遺言書を作りました。母親は認知症で、もはや遺言書の書き直しは不可能ですが母親の死後に遺言書の有効性を争うことは可能でしょうか? →回答はこちら Q:遺言書には決まった書式みたいなものがあるのでしょうか?証人が必要なのは知っていま……

  • パソコンで作成、代筆もできる!秘密証書遺言の作り方

    遺言書は、亡くなった人の意思を示す大切なものです。適当に紙に書いて残しても効力はなく、正式な手順や内容で作成し保存することで有効になります。ご自分の思いに沿った財産の残し方を実現するため、そしてご遺族が争わないため、遺言書を正式な方法で作成しておくことはとても重要なことです。 一般的に用いられている遺言書の形式は公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言の3……

  • 自筆証書遺言の開封前に必ず確認!検認が必要なケースと手続きの流れ

    自宅などで保管していた自筆証書遺言や秘密証書遺言を発見した場合、家庭裁判所で検認をおこなう必要があります。また遺言書に封印がある場合は、相続人が勝手に開封することも認められていません。この記事では検認について、ご説明します。 この記事はこんな方におすすめ:これから遺言書を書こうとしている方、遺言書を保管している、または発見した人 自筆証書遺言は、……

  • 【訂正例つき】自筆証書遺言の訂正・書き直し方法。財産目録の訂正の仕方も

    自筆証書遺言は誰でも手軽に作成することができる反面、全文を手書きで書かなければならないなど、さまざまなルールがあります。一度作成した自筆証書遺言を訂正する場合も、法律でその方法が定められています。この記事では、自筆証書遺言の加除訂正の仕方についてご説明します。 この記事はこんな方におすすめ:以前書いた自筆証書遺言を書き直したい方 遺言書は、いつで……

  • ひとり世帯が甥や姪に財産を残したいと思ったら。相続と贈与どっちになるの?

    この記事はこんな方におすすめ: 「甥や姪に財産を残したい人」「おじやおばから相続を受ける人」 「甥・姪」一定条件がそろうと、相続人になれる可能性がある 「甥・姪」が相続人になったときの相続割合は、兄弟姉妹と同じ 遺贈や、生前贈与で財産を譲る方法 おひとりさまと言われているひとり世帯、人生アクティブに過ごしてきたけれ……

  • ペットのための遺言の書き方は?死因贈与契約や信託など、飼い主の相続準備

    この記事はこんな方におすすめ: 自分にもしものことがあった時に、ペットのことが心配な方 ペットに遺産は残せないが、ペットを世話してくれる人に財産を残すことは可能 ペットのために財産を残すには、遺言により負担付遺贈をおこなう方法もある ペットのために財産を残すには、負担付死因贈与契約や負担付生前契約、信託もある 自ら……

  • 遺言書と遺留分どちらが優先|相続で揉めないための遺留分についての全知識【弁護士監修】

    遺産相続において、「自分の財産は自由に使うことができる」という大原則があります。したがって、遺言を書いておけば、死亡時に残っていた財産を、誰にどれだけ相続させるのかを自由に決めることができます。 一方で、遺言通りの相続をして、遺族の生活が困難になるなどの事態にならないよう、民法は相続人に対して「遺留分」という最低限保証される財産を請求する権利を認めています……

  • 特定の者に財産を残したいときに必要な遺言書【行政書士執筆】

    民法では、相続人の相続分を定めていますので、原則、これに従って遺産を分けることになります。この民法で定められている相続分を法定相続分といいます。例えば、「子及び配偶者(妻)が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2分の1とする」というように定められています。被相続人(父親)の遺産が1,000万円だったとします。この場合には、子及び配偶者(妻)……

29件中1】~【10件の表示

お住いの地域の専門家を探す

北海道・東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州

あなたが最近閲覧した
記事・専門家・サービス